読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1497
2020年2月9日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 
 
 2020年2月9日        第1497号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724
 
困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767
 
  公共施設の使用料改定(案)示される     
 
 4日に開かれた行政報告会で、2020年度公共施設の使用料改定案が報告されました。料金改定が示されたのは町民会館、中央公民館、老人憩の家の3施設です。
 今回使用料改定が行われるのは、3年ごとに見直しをすると定められた指針にのっとり行われるものです。
 指針の主な内容は、それぞれの施設の必要経費の3年間の平均を、施設面積、時間ごとの使用頻度、近隣市町の同様施設等々を比較して決めるこになっています。この指針に基づいて3年が経過したことから、見直しがされたものです。
 3月議会に改定議案が提出、成立しますと、周知期間を置き10月1日より改定使用料となる予定です。
 
●改定施設と主な改定内容 
 
◆町民会館(平日)
◍輝きホール  設定額   差額
 平日午前   16,100  +1,400
 平日午後   22,100  +2,000
 平日夜間   26,400  +2,400
 平日一日   58,100  +5,200
◍響きホール
 平日午後   10,300   +200
 平日一日   27,000  +2,200
◍ギャラリー
 平日一日    5,300   -200
◍創作工房・情報工房
 平日一日    5,700   -400
◍練習室
 平日一日    6,900   -300
◍スタジオ
 平日一日    4,100   -500
◍ミーティングルーム3
 平日夜間     500   +100
 平日一日    1,000   -100
◍和室     設定額   差額
 平日午後   2,000   +100
 平日夜間   2,300   +100
 平日一日   5,300   -100
◆町民会館(土日祝日)
◍輝きホール    設定額   差額
 土日祝日午前  19,500  +1,700
 土日祝日午後  26,500  +2,400
 土日祝日夜間  31,100  +2,800
 土日祝日一日  69,300  +6,100
◍響きホール
 土日祝日一日  30,900  +2,400
◍ギャラリー
 土日祝日一日   5,300  -200
◍創作工房・情報工房
 土日祝日一日   5,700  -400
◍練習室
 土日祝日一日   6,900  -300
◍スタジオ
 土日祝日一日   4,100  -500
◍ミーティングルーム3
 土日祝日夜間    500  +100
 
           設定額  差額
 土日祝日一日   1,000  -100
◍和室
 土日祝日午後   2,000  +100
 土日祝日夜間   2,300  +100
 土日祝日一日   5,300  -100
 
◆中央公民館
◍講堂・ステージ
 午前  8,500 +500
 午後 11,300 +700 
  夜間  8,500  +500
 終日 28,300 +1,700
 使用区分ごとに延長・繰上加算に対して+100~200円の改定もあります。
 中央公民館関係ではその他、午前、午後、夜間、終日で多くの施設が引き上げの対象となっています。
 
普天間基地  
 
 外来機離着陸2.5倍 19年沖縄の負担激増
 
 沖縄県宜野湾市の米海兵隊普天間基地で、2019年の外来機(国内外の他の基地に所属する米軍機)の離着陸回数が、前年から約2・5倍になったことが防衛省沖縄防衛局の調査で分かりました。沖縄の負担が激増している実態が浮き彫りになりました。
 
 防衛局調査によると、19年の外来機離着陸回数は2902回。18年の1166回から、1736回増と大幅に伸びました。 常駐機との合計の離着陸回数は、19年が1万7397回。18年の1万5270回から2127回増え、14%増でした。
 
 政府は普天間基地の返還について、辺野古新基地(同県名護市)建設を前提にしています。しかし、政府の計画でも完成は2030年代以降。軟弱地盤の問題も抱え、先の見通しがない状況です。辺野古に固執する限り、政府は普天間の危険と沖縄の負担増を押し付け続けることになります。