2020年度 南知多町政に対する日本共産党の要望書
タイトル2020年度 南知多町政に対する日本共産党の要望書
地区南知多町
発行その他

2020年1月20日
日本共産党南知多町支部
資料 その1
リンク

内容

2020年1月20日
南知多町長 石黒 和彦 様
2020年度 南知多町政に対する日本共産党の要望書
                        日本共産党南知多町支部
日本共産党南知多町議会議員 内田 保
国の悪政から町民の利益を守る町政を
日頃より町民のためにご努力いただきありがとうございます。
さて国政では、昨年7月の参議院選挙で、自民党は、得票率、議席ともに減らしたにもかかわらず、憲法改悪に執念をもやし、年金給付の引き下げ、福祉の改悪、日韓関係の悪化、アメリカ言いなりの武器爆買いなどを強行したうえ、10月からは消費税増税を強行しました。これらは単に国政の問題にとどまらず、町民生活と家計を破壊する政治となっています。一方で大企業優遇の政治のもとで、内部留保は空前の規模で過去最高額を更新しています。また、「桜を見る会」に見られるように安倍政治の腐敗はとどまるところがありません。
 こうした中で、「住民が主人公」であるべき地方自治体の役割がいよいよ問われています。もとより、「住民自治の及ぶ範囲」は限られていますが、少なくとも国の悪政の下請けとなって、困窮する住民を追い詰めるような町政であってはなりません。さらに日本国憲法が保障するさまざまな人権を制限したり、侵したりすることがあってもなりません。南知多町政が、町民目線に立って住民の暮らしと営業をまもり、住民の人権保護のため適切な対応をとられることを要望します。
 以上の立場から、2020年度の日本共産党の要望書を取りまとめましたので、真摯に受け止められ、実現していただきますよう要望いたします。
また、重点要望について文書でご回答くださるようお願い申し上げます。
 
 
《重点要望》
1.「非核平和都市宣言」を早期に実現し、現在行なっているパネル展示の他、習字の展示、原爆記録映画の上映、被爆者の講演、児童生徒の広島への派遣など、被爆の実相を伝え体験させて、平和行政を推進するとともに、いっそう有意義な企画をしてください
2.南知多町の遅れた民主主議を前進させるために、まず、町長・町議会選挙時の「選挙公報発行条例」の整備を積極的に進めてください。
3. 聞こえにくい防災無線による緊急通報体制の整備をしてください。特に防災ラジオを今より低価格での普及を進めてください。 
4.各種審議会等の構成メンバーは、当て職でなく、専門家と同時に広く公募し、広範な意見が反映されるようにしてください。当面、介護保険の運営協議会規則から議員枠を削除すると同時に、国民健康保険の運営協議会の公益委員の議員依嘱は見直してください。 
5. 低所得者に重くかかっている国民健康保険税の引き上げは実施せず、「均等割」「平等割」
を見直し、減税を図ってください。また、国民健康保険の資格証明書の発行は原則せず、
無保険にならない措置をとってください。 
6. 障害者の雇用をひろげ、まず南知多役場が法定雇用率を守るようにしてください。
7. 本年度フルタイムで働いている臨時職員を一方的に、ハーフの会計年度任用職員に任用替えしないようにしてください。また、会計年度任用職員制度導入にあたって、本年度からの引き続きの臨時職員については、現行の1時間あたりの賃金額が下がらないような俸給表の格付けをしてください。 
8. 学校給食・幼児給食費は保護者負担を軽減するために当面据え置くとともに、さらに1食あたり10円の補助や第3子からの無償化実現等、無償化に向けて様々な施策を工夫してください。 
9. 学校統廃合(学校適正化規模)の計画策定・推進は、住民合意を貫き、山海小学校のような公約違反の統合、豊丘小学校のような住民無視の統合に絶対にしないように話し合いを慎重にすすめ、情報公開を徹底してください。
10. 総合型地域スポーツクラブの設置を推進し、小学校部活動の縮小・廃止と中学校部活動での教職員への負担を軽減させてください。 
11. 町立図書館を計画してください。当面、各地域の図書館の蔵書・設備の改善を図ってください。また、資料館の充実・整備を進めてください。
12. 知多バス・海っ子バスと名鉄との乗り継ぎをスムーズにできる見直しをしてください。また、バス停には雨宿りできるベンチを設置してください。
13.障害者差別解消法等に基づき、精神障害者へのJR・名鉄バス・乗船料等の半額補助の差別をなくすように関係業者・当局へ強く要請し改善してください。
14.第8期介護保険料を引き下げるとともに、いっそう負担能力に応じた保険料負担段階にしてください。
15.漁業者の生活の生業の基本である、伊勢湾の海を守るために,今必要性のないセントレア空港沖の海を埋め立てる計画に反対してください。
16.農業者の生活を守るために、国連総会が採択した「農民の権利宣言」は、種子の自家増殖や販売、利用などは農民の権利と明確に定めています。それに反する種子法には反対してください。また、国連が推進する家族農業の支援についても町としての支援を具体化してください。
 
1 市民の暮らしと営業、観光・漁業・農業を守る積極的条件整備を
《総務・企画部関係》
1.幹部職員、町職員に全体の奉仕者としての倫理規範を徹底してください。また、採用されるにあたっての宣誓書の精神が発揮できるよう 指導してください。
2.町民には、笑顔で対応し、町民のニーズをいち早くキャッチするよう町職員の意識改革に努めてください。 
3.役場で働く臨時職員の待遇改善と、会計年度任用職員ではなく、正規雇用への採用を図ってください。
4.男女共同参画社会実現の立場から、各種審議会・協議会に女性の登用を積極的に図り推進してください。 
5.リニア中央エクスプレス建設促進県期成同盟会への負担金支出をやめてください。 
6.消防団の構成人員を適正に見直し、処遇を改善し、地元寄付のないようにしてください。 
7.生活困窮者、低所得者に対する住民税の減免措置を実施してください。町税条例第49条1項(2)を適切に適用してください。 
8.18歳未満の子どものインフルエンザ予防接種費用を無料としてください。
9.防犯灯の設置・維持管理を町に移管し、町民の安全を図ってください。 
10.重大災害発生時に対応できるよう、緊急避難場所への案内板設置 を促進してください。 
11.路線バスの利用者を増やすため、通学定期の割引率を50%にするよう知多乗合株式会社に要請してください。また、海っ子バスの小型化も検討してください。
12.高金利の政府債・地方債・縁故債等について、低金利への借り換え、繰り上げ償還を円滑に進めてください。
13.各種公共料金を据え置き、住民の負担増大を防いでください。
14.地域間、自治体間格差を解消するため、地方交付税の増額を国に要求してください。
15.高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいることを受け、アクセルとブレーキを踏み間違えた際に急発進を防ぐ装置の取り付け費用を補助する自治体が増えています。他市町の状況を調査研究し、実施してください。
16.職場労働者の適正な労働時間管理のために、南知多役場は、半田市のようにICカード・タイムカード等客観的な労働時間管理の仕組みを導入してください。
 
《建設経済部関係》
1.市街地に隣接する田畑の埋め立てについては、排水対策を含め適切に指導してください。 
2.地元商工業者への官公需の発注を高めてください。 
3.委託を含め諸事業の入札を厳正に行い、清潔・公正な行政に徹してください。 
4.耐震診断に基づく、住宅改修助成制度を充実し、地元業者の活性化を図ってください。 
5.町の花「すいせん」などのアピールや、農家や観光業者とタイアップして計画的に 普及し、観光活性化に努めてください。 
6.観光地にふさわしい美化事業を推進してください。 
7.食料の自給率向上と農家の経営安定のため農作物の価格保障を国に要請してください。
8.町道の草刈りを定期化するとともに、県道の草刈りを年2回実施するよう県に要請してください。 
9.県道高浜―大井に至る、かるも保育園までの避難経路入口の河川の暗渠化を実施してください。また、内海・山海間の国道247号線に、通学の安全のための歩道を設置してください。 
10.誰もが安心して通行できるように、町道の路面整備をすすめてください。
11.南知多町独自の観光事業をめざし、さらに宣伝力を高めてください。町独自の施策を住民参加で創り、実施してください。
12.観光や知多四国霊場めぐりなどの来町者への、おもてなし事業や町営掲示板(案内・地図)を増設すること。遊歩道や休憩所、自転車の休憩所等を設けてください。
13.高齢者や障害者など交通弱者のために、名鉄内海駅にエレベーターを設置するよう、名古屋鉄道(株)へ要請して下さい。そのために、国・県へ助成を要請するとともに、町として必要な予算措置を講じてください。
 
2 福祉の向上、暮らしと健康を守る優しいまちに
《厚生部関係》
1.国民健康保険の国庫負担の増額を国に要請してください。累進課税による、応能負担の税制を徹底し、消費税の引き下げを国に求めてください。 
2.国民健康保険法第44条にもとづく、医療費一部負担金の減免を実施してください。
3.国民健康保険の資格証明書の発行は、命にかかわることなので原則として発行しないでください。 
4.療養病床を確保して、地域医療を守ってください。 
5.離島を抱える南知多町において、医師を目指す子弟に町独自の奨励金制度をもっと充実して地域医療を守ってください。 
6.学童保育を小学校区ごとに実施してください。 
7.低所得者に対する介護保険料、利用料の減免制度を設けてください。 
8.介護保険利用者の居住費・食費の全額自己負担等の負担増に対し、独自の軽減制度を設けてください。 
9.住民検診の受診率向上に努め、早期発見、早期治療で医療費の軽減を図ってください。
10.働く親のため、病児(病後児)保育をすすめてください。 
11.妊婦健診の医療券無料配布のさらなる拡大を行ってください。 
12.ゴミの減量のため、家庭系、事業系ともに数値目標を定め、減量化を推進してください。 
13.合併処理浄化槽の設置者に、全量引き抜きは浄化能力を低下することなど浄化機能について周知徹底を図ってください。 
14.段階を踏まない、家庭ゴミ処理の有料化はすすめないでください。 
15.知多南部広域ゴミ処理場の建設は、徹底した情報公開と住民合意を前提に進めてください。 
16.赤い羽根共同募金など、割り当て・強制的にお金を集めることを やめるよう上部団体へ申し入れ、「区」などにも指導してください。
17.武豊町のような介護保険利用料の低所得者軽減制度をつくってください。
18. 高齢者世帯の希望者に配食サービス制度がつかえるようにその制度の周知を広く徹底し価格・内容・回数の改善・充実をしてください。 
19.子どものインフルエンザ・おたふくかぜ・ロタウイルスの予防接種を無料でできるようにしてください。 
20.子ども医療費無料化を東海市のように大学卒業まで拡大してください。
21.師崎・大井地区でも学童保育を始めてください。
 
《水道関係》
1.加入者分担金は、3条の収益的収支勘定に入れてください。 
2.有収率を高めるためのきめ細かな対策をとってください。 
3.現行10トンを基本料金としているが、高齢者世帯が増えているもとで、従量制への切り替えを行い、料金のひき下げを実施してください。 
4.上水の水源を長良川河口堰から木曽川上流に戻すよう関係機関に要請してください
5.県営水道の「責任受水制」による「カラ料金」を解消するための方策を、県企業庁に求めてください。 
 
3 ゆき届いた教育、文化の振興で子どもが輝く南知多に
《教育委員会・建設経済部・企画部関係》
1.児童生徒の個性と互いの人格を尊重する民主的な道徳を身につけさせ、教育の場からいじめや暴力を一掃してください。 
2.国旗・国歌法の制定時の政府答弁のとおり、学校を始めとする公の場の君が代(国歌)斉唱・日の丸(国旗)掲揚を強要せず、内心の自由が保障されるようにしてください。 
3.どの子にもわかる行き届いた教育を進めるため、国の責任において30人以下学級を実現するよう国・県に要請してください。当面、南知多での30人以下学級を独自に実施してください。
4.学校司書の配置の計画を立てて下さい。当面、図書事務パートを拡充し、子どもたちの読書環境を充実させてください。 
5.学校給食に、地元の農畜水産物のいっそうの活用を図ってください。 
6.当面、学校給食費は据え置くとともに、第3子からの無償化等を実施し、給食費無償化に向けて積極的な施策をしてください。
7.学校は地域の宝であり、住民合意のない統廃合計画の策定・推進はしないでください。 
8.特別支援教育の教員は、資格をもった教員を配置するなどいっそう充実させてください。 
9.教職員、パート職員の労働安全衛生法に基づく健康管理体制の積極的整備と働きやすい職場づくりを推進してください。 
10.教育公務員特例法に基づき、職場のすべての教職員に研修の機会 を保障し、特に県外研修の機会を平等にしてください。 
11.学校用務員、給食調理員を正式採用で配置してください。 
12.通学路の総点検を行い、児童・生徒の安全確保のために整備の要請をしてください。 
13.学習支援員配置は個々の状況に応じて増員してください。 
14.特別教室にもエアコンの整備を早急に行ってください。 
15.学校・地域序列化ための学力テストは、参加しないようにしてください。 
16.就学援助制度の項目で、クラブ活動・生徒会費・PTA会費も対象とするようにしてください。
17.スポーツ・音楽・芸術等の社会教育の実現に向けて、計画的な指導者・施設の条件整備を進めてください。
18.南知多町PTA連絡協議会が具体的に要望した「令和2年度要望書(別紙)」に基づき
「1通学路安全確保について」、「2通学路以外の安全確保について」の内容を県へ要望するとともに、町でできることは、実現できるよう工夫してください。 
19. 南知多町校長会が要望した「令和2年度教育予算に関する要望について」に基づき、必要な予算を確保し教育条件の整備をしてください。
 
4 公平・公正で民主的な町政のために
≪議会関係等≫ 
1.議員の調査・研究を促進するため、政務調査費を設けるよう検討してください。 
2.議員報酬の常任委員長への加配(1万円)は、業務の内容からみて必要度が低いものであり、廃止してください。 
3.他市町で実施している、町長による各地区の町政懇談会実施、議会による各地区の町政懇談会の実施で、住民に町政が分かりやすい町にしてください。 
4.傍聴席へ車椅子で入場できるように改造してください。当分の間は、モニターテレビ を充実して、他の場所でも傍聴できるようにしてください。
5.議会図書数、閲覧場所設置など拡充をしてください。 
6.すべての委員会で、町民の傍聴が自由にできるようにしてください
7.住民に開かれた議会とするため、日曜議会、夜間議会開催などを推進してください。
8.議会のCATV放映の生中継について、検討してください。
 
≪総務部関係等≫
1.「公契約条例」を制定し、地元業者への支援並びにそこで働く労働者の労働条件の改善につなげてください。
2.男女平等参画推進条例を策定し、各分野で推進すると同時に、政策決定の場への女性参画をいっそう進めてください。
3.町政運営の公正性の確保、透明性の向上、町民生活の安定を図るために公益通報に関する条例を制定してください。
4.町役場内におけるパワハラ、セクハラなどをなくし、職員の労働環境を改善するため第三者機関の相談窓口を設置してください。
5.  町政に関わる様々な各種審議会の開催予定を町民に分かるように情宣・周知し、傍聴等で、町民がしっかり町政に参画できるような条件整備をしてください。
6.入札の透明性・公平性を確保する上で必要なさらなる見直しを行ってください。
 
5 安心・安全な地震・災害対策のために
≪総務部・建設経済部関係等≫
1. 内海川の拡張工事を早急にすすめるよう県に要請してください。内海川の堤防の補強工事が行われていないので、防災対策として早急に実施するよう河川管理者に求めてください。
2. 災害時の避難行動要支援者への支援体制の構築が進められているが、地域によっては、支援の困難地域が出ている。そのような地域への必要な援助策を講じてください。また、安否確認と情報把握、移動等の支援の模擬訓練の実施を支援関係者に要請してください。
3. 発災時を想定した実践的な訓練や、避難所の運営訓練となるよう、避難訓練の内容掌握と検証をして、必要な援助支援をしてください。また、避難所運営マニュアルを適宜見直し、地域の住民しか利用できないような運営でなく、観光客や外国人労働者なども利用できる避難所となるよう工夫してください。
4. 災害発生時に、テント泊や車中泊ができるスペース確保のため、事業所との支援協定が進められているが、予測される必要なスペースが確保されているか検証すると同時に、協定締結事業所を増やしてください。また、災害ごみの搬出場所の確保を進めてください。
5. 防災用個別受信機は、携帯電話がない方や防災行政無線の聞こえない地域、特に被災者には情報伝達に有効な手段です。個別受信機で受信が可能となるようにシステムをさらに検討し、必要な配備者への具体的方策を示してください。また、個別受信機の配布・購入補助制度を検討してください。
6. 急傾斜地崩落対策事業の整備が遅れており県の対策事業も遅々として進まないでいます。県に対して、予算の確保と整備のテンポアップを強く求めてください。
7. 民間木造住宅の耐震対策で、未耐震化住宅は耐震化の遅れの原因を調査して、抜本対策を講じてください。
8. 家具転倒防止器具の購入費と設置費補助についてさらに充実させてください。
9. 防災対策として、災害時には既存の井戸がすぐに使えるように住民への協力を求め、町として点検整備の支援をしてください。
10. 「広報南知多」の配布については、全戸への配布が実施できるようにしてください。
11. 防犯灯設置費補助は、町内要望に対してすべて対応できるように予算を増額してください。また、設置費、維持管理費とも全額町の負担としてください。早期に、町内全域の防犯灯LED照明化を計画・実施してください。
12. 側溝甲蓋がなくて危険な箇所について、町が積極的に設置を進めるべき基準を設け、その基準を町内会等に伝えて、設置が必要な整備箇所の報告を求め、必要性の判断とともに、甲蓋設置を計画的にすすめてください。
13. 町民一人当たり公園面積が少なく、公園整備に努力してください。公園面積の不足する地域や公園要望の多い地域で利用される借地公園制度は借地者への優遇措置を充実し促進してください。
14. 浸水常習地域の解消に、早期の河川改修やポンプ場改修など抜本対策を国・県に強く働きかけてください。ため池等、雨水調整池等の浸水対策を計画し整備すること。用水路や側溝の水はけが悪いとの声もあり、早急に改善を進めてください。
15. 名鉄は、大規模地震による被害を最小限に抑えるため、高架橋柱などの耐震補強を実施しているといいます。内海駅での進捗や、高架・橋脚の耐震の状況の報告をきちんと町に報告させてください。
16. 樹木が大きくなり茂って道を塞いでいる場所もある。計画的に伐採処理するよう、管理者に求めてください。
17. 町内の野犬・野良猫の頭数などの状況を調査し、野犬・野良猫対策を進めてください。
18. 避難所施設や公共施設で和式トイレしかないところは、洋式トイレを設置してください。多目的トイレ・障害者用トイレも整備してください。
19. 各防災センターの機能拡充と整備を以下の視点で進めてください。
 ① ホール・会議室等、町民が日常的に利用できるよう活用を検討してください。
 ② 小中学生や町民の防災教育を計画的に進めるために、定期的な広報・学習活動をすすめてください。
 ③ 防災と避難所の機能を高めるために、調理や炊き出し施設を充実し、日常的に町民が利用できるようにしてください。
 ④ 緊急避難の際、駐車場スペース・防災テント設置スペースも予め計画してください。
                                      以上