読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1483
2019年10月27日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース
 
 2019年10月27日      第1483号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724

困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767

 避難所に避難して   

 台風19号の接近に伴い開設された避難所に避難した方から、避難所での対応について意見が寄せられましたのでご紹介します。意見を伺ったのは、高齢の女性の方からです。

☆避難所利用者からの意見

1.少し早めに行ったら、来てほしくな いと取れる対応をされた。
  早く行った理由
   雨が降ってきたら、風も強く歩い  て行かれなくなるから。
2.バスで来られれば、といわれた。
   当日は、コミュバスは運休してい  た。
3.毛布を貸してもらえなかった。
4.避難所を閉める段階で、帰宅を促さ れた。
   風が強く残っており、帰宅する   が怖かった。
5.飲料水を支給してほしかった。
 等の意見をお聞きしました。

☆担当課に事情を話した結果

1.担当者の思い違い等もあり、ご迷惑 をおかけした点があった。
2.早めに来られたことについては、担 当者の理解不足であった。
  メール、同報無線等で開設を知らせ た後に、受け入れるとの認識であった。
  本人はメール登録はしていなかった。 (制度を知らなかった。)
  同報無線は聞こえない。
3.毛布を使用する(させる)認識がなかっ た。
4.避難所を退所する時期について、本 人の危険意識とのずれがあったため、 帰宅を促すことになった。
5.飲料水、食料は、風水害のための避 難所には準備しないことになっている が、周知されていなかった。

☆今後の課題と思われた点

1.避難所所開設などを周知す方法。
 ・メール登録などを進めているが、高 齢者には取り扱いができない。(不得手)
 ・同報無線受信機がない(屋外機では聞 こえない)
2.となり組に入っていいない高齢者等 への対応をどのようにするのか。
3、独居高齢者等への対応については、 避難所を閉める場合、安全を第一に考 える対応が必要ではないか。
4.避難所利用方法の周知が必要ではな いか。(利用者に案内を配るなど)
5.避難所運営方法について、職員の熟 知が大切と思われる。

(ご意見をお聞かせください)
☆対応した梶田進町議の話

 避難所を利用するのは、風水害、地震等から、各自が身の安全を確保する行動
ですので、その点を理解して受け入れることが求められます。そのためには、状況によって、臨機応変に対応できる人員配置が必要では無いでしょうか。

武豊町戦没者追悼式 
      が行われました

 10月19日、武豊中央公民館講堂にて「武豊町戦没者追悼式」が行われました。
 戦争で亡くなられた方々への追悼と、再び戦争のない世界平和への思いを新たにしました。
 太平洋戦争で亡くなられた方は、武豊地区で280人
  富貴地区で106人
  合 計  386人です。  昭和15年の武豊町の人口が1万790人ですので、いかに多くの方が戦争の犠牲になられたかが分かります。(町史より)
 平和の尊さを後世に伝えることが、私たちの使命ではないでしょうか。

パブリックコメント意見募集  
  武豊町太陽光発電施設の設置に関するガイドライン(案)
◆意見募集案件
 「武豊町太陽光発電施設の設置に関する ガイドライン(案)」
◆募集期間
 令和元年10月15日(火曜日)~令和元年 11月15日(金曜日)
◆提出先
  役場 生活経済部 環境課
◆意見の提出方法
 住所、氏名(または名称)、
 電話番号、応募資格を記入
 ・E-mail
   kankyo@town.taketoyo.lg.jp
 ・FAX 0569-72-1326
 ・郵送
   〒470-2392 字長尾山2 環境課
 ・直接提出
   役場 生活経済部 環境課(北館1  階)
  ※環境課窓口に提出の場合は役場開庁  時のみ
◆応募資格
 ・町内に住所がある人
 ・町内に事務所・事業所がある人・法   人、その他団体
 ・町内の事務所・事業所に勤めている人
 ・町内の学校に在学している人
 ・武豊町に納税義務のある人・法人・そ  の他団体
 ・意見募集する事案について利害関係の  ある人・法人・その他団体

◆問合せ先 役場 環境課 72-1111
 武豊町ホームページで確認してください。