環境問題のページ メニュー・新着情報へ戻る戻る

【08・7・7】
伊勢湾、三河湾 水質調査 3分の1の地点でCOD基準未達成 2007年度

 愛知県環境部は、2007年度の川、湖、海といった公共用水域の水質調査結果を発表しました。
 カドミウムや鉛など26の「健康項目」について河川や湖沼など125地点で調査し、すべての地点で環境基準を達成しました。
 「生活環境項目」は38河川49水域で調査。有機汚濁の代表的指標BOD(生物化学的酸素要求量)でみると庄内川中流、境川上流が環境基準を上回っています。
 碧南市内にある県内唯一の自然湖沼・油ケ渕も有機汚濁の指標COD(化学的酸素要求量)が3年連続で基準を達成していません。
 伊勢湾、衣浦湾、三河湾11水域のうち、CODで4水域(36%)が環境基準未達成でした。
 県環境部は「伊勢湾、三河湾は横ばいで推移している」といいますが、COD環境基準の適合状況を長期的にみると、1990年代以降、顕著に悪化しています。
(以上、「愛知民報」08年7月6日号より転載)

【08・7・7】
環境問題に関する政策を、日本共産党中央委員会と愛知県委員会がそれぞれ発表
 「地球温暖化の抑止に、日本はどのようにして国際的責任を果たすべきか」
    (2008年6月25日、日本共産党中央委員会発表) PDFファイル 1・09Mb
 「地球温暖化抑止、生物多様性の保全のために、愛知の環境を守り、次世代に引き継ぎましょう」
    (2008年7月4日、日本共産党愛知県委員会発表) PDFファイル 55・6Kb

【08・7・1】
知多南部ゴミ処理広域化計画が市民・町民への説明なしで進行!
 知多半島南部(半田市、常滑市、武豊町、美浜町、南知多町)の広域ゴミ処理計画がすすめられています。
 現在、クリーンセンター常武、知多南部クリーンセンターで処理しているゴミを、半田市クリーンセンターに新しい大型ゴミ焼却処理施設を建設してそこにすべて持ち込む計画であり、さらに中部空港の一般ゴミも持ち込まれるものです。
 大型ゴミ焼却炉は、全国で事故やトラブルを引き起こしている「ガス化溶融炉」という声もあり、焼却施設の安全性も問われます。
 この問題について、半田市と武豊町の各6月議会で日本共産党議員団が質問していますので、紹介します。
 半田市6月議会での松本ことみ議員の一般質問
  ◎半田民報 08年7月号 一面  二面 PDFファイル
  ◎松本議員の質疑の詳報 ふれあい通信08・7・6号 一面 二面
 武豊町6月議会での梶田進議員の一般質問の質疑の内容 PDFファイル


【07・10・23】半田市のPCB処理施設の問題は、すべて「PCB処理施設のコーナーへ」移動しました
         そちらの方を開いてご覧下さい。

【05・11・25】
市民に見せな〜い!
「PCB施設試運転計画」情報公開に、日本車輌が拒否文書
 全国で唯一、PCB廃棄物処理の営利事業化に向けて、目本車輛は処理施設の使用前検査をすすめ、PCB油の入っていない電気機器、そしてPCB油を含む機器処理の試運転・処理へとすすむと思われます。
 こうした状況の元で、10月13日に愛知県に対し「PCB廃棄物処理施設の試運転計画書」の公開を求める情報公開請求を、松本議員が行いました。愛知県は「第三者に関する情報が記録されている」旨とし、条例に基づき「第三者に意見を求める必要があるので、公開は11月25日以降」とのことでした。情報公開請求に対する開示期間を定めている、今の県条例ではリアルタイムで情報が受けられず、この問題と改善そのものが必要ですが、何しろ初めての実機運転する設備であり、その関心があるのは当然です。
半田市も、愛知県も「情報公開の対象」・・・、にも関わらず?!
 愛知県に公開を求める一方で、半田市では環境審議会とPCB処理監視委員会は9月に入って頻繁に開催されており、日本車両から半田市に提出されているだろう「試運転計画概要書」を、同様に半田市に対しても10月24日情報公開請求しました。市は条例規定に従い、「試運転計画概要書」が開示されました。
 愛知県への「情報公開請求」の情報開示期日が迫った22日、愛知県知多事務所から「日本車両から情報開示に反対する文書が出されたので、県条例に従いさらに開示が遅れる」旨の連絡でした。機器が正常に動くか等の使用前検査や試運転が行われ、処理事業化がどんどん進められていく下で、申請時にも早急な開示を求めていたものですが、県は「対象の第三者(日本車両)から開示反対の文書が、県としては個人名を除いて、条例に従い2週間後に開示する」とのことです。
日本車両の「情報公開、情報の共有」 とは、どんなもの?
 試運転計画書が半田市に提出され審議が行われている状況の元で、日本車両は市民レベルの情報公開請求に、なぜ反対をするのでしょうか。住民説明会が不足として行われた2003年10月のパネルディスカッションの発言録は、施設建設を強引に押しすすめるための市民をごまかす方便だったのでしょうか。会場で説明した日本車両は「愛知県へ提出した計画書、様々な説明書などの情報はすべて、また私どものノウハウに関することまで、すべてを皆様方に縦覧していただけるよう公開しているつもりです。今後も、日本車両、市民、半田市・愛知県、この三者で情報を共有して、安心できる設備を建設し、運転していきたい」と語っていたのです。施設を作り、処理業を目前にして、理由にもならない反対理由をつけて、「さらに2週間」非開示を示す企業姿勢こそ、改めて問われるのではないでしょうか。
豊田市でPCB事故、区域外にPCBが拡散!
 PCB廃棄物の処理をすすめている国の特殊会社である日本環境安全事業豊田事業所で、「21日午前2時ごろにPCBが混入している洗浄液が200gが漏れた事故が起きる」との新聞記事がありました。
 新聞報道によると、「PCB洗浄液蒸留塔の底にあるポンプの圧力ゲージの取り付け部が破損し洗浄液が漏れた。また、換気口から排出基準の2倍の濃度のPCB排気が確認され、4時間にわたってPCBが排出された可能性がある」というものです。とりわけ、市に連絡があったのは午前9時とあり、事故発生から7時間を経過して連絡をしている現状は見逃せません。徹底した原因究明と再発防止策が求められます。
 この事故から考えることは、国の特殊会社でこの程度ですから、ましてや万が一の事故で操業停止を受ける営利事業では、企業自らが課す厳しい企業姿勢が求められます。

【05・9・20】
武豊町・衣浦港3号地廃棄物処理場建設
共産党武豊町委員会がシンポジウム開く

 愛知県が知多郡武豊町に建設を計画している衣浦港3号地廃棄物処分場について、9月10日午後、日本共産党武豊町委員会は同町中央公民館でシンポジウムを開きました。これには、50人が集まりました。パネリストは、中川武夫中京大学教授、林信敏日本共産党前愛知県議、愛知県廃棄物対策課村松孝太朗主幹、坂口久巳愛知海区漁業調整委員。
 愛知県は6月2日、武豊町議会全員協議会で、衣浦港3号地を廃棄物の埋立処分場にしたいとの意向を示しました。同地は、愛知県企業庁が同港のしゅんせつ土砂を使い臨海工業用地を埋立造成する計画でした。これを廃棄物の埋立処分場に切り替える計画です。
 面積は47f、廃棄物埋立容量は汚泥、ダスト、鉱滓、一般廃棄物が対象。事業主体は、愛知県が出資する第三セクター。知多市の新舞子で廃棄物処分場を経営する(財)愛知臨海環境整備センター(アセック)を想定しています。いわゆる公共関与の廃棄物処分場です。
 村松主幹は、県内の最終処分場の残りの容量が「ひっ迫した状況」にあるとして、同計画に理解を求めました。
 中川教授は、アセックの埋立処分場で遮水シートが破損した事例を挙げ、「公共関与だから安全とは言えない」と指摘。市民の反対運動が名古屋港藤前干潟の埋立処分場計画を中止に追い込んだことが、名古屋市をゴミ減量に踏み切らせる契機になったと強調しました。
 林氏は、安易な公共関与の処分場建設は排出事業者責任原則を形骸化させると警告。廃棄物を出さないシステムを製造段階からつくることが大切だと訴えました。県内の産廃埋立量は減っているが、他県から県内にぼう大な量の埋立産廃が入ってきているのは問題だとのべました。
 坂口氏は、戦前には全国2位の漁業生産性を誇った三河湾は、相次ぐ埋立で干潟や浅場が消え、海の自浄能力が低下し、赤潮や貧酸素水塊が頻発し「危うい海」になっていると語りました。埋立処分場建設は、潮汐が小さくなり、海水交換が低下するなど、三河湾の環境をさらに悪化させると批判しました。
 出席した町民からの「決まった計画か」との問いに、村松主幹は、「決定した計画ではない。今後、住民への説明を重ね理解を得たい」とのべました。


PCB処理施設建設の許可無効求め提訴
【2004年10月29日】
 日本車輌製造のPCB処理施設の建設を県が許可したことに対して、「半田市でのPCB処理を考える市民会議」が県を相手に、廃棄物処理法にもとづく設置許可の無効確認を求める訴訟を名古屋地裁に起こしました。
 同市民会議が調べたところ、日本車輌は2004年8月に県から廃棄物処理法にもとづく施設の設置許可を受けましたが、緑地帯の幅が都市計画法の規定を満たしておらず、また、別に許可を受けた建築基準法にもとづく図面と施設の位置が異なっています。こうしたもとでの設置許可は無効であると主張しているものです。
  <訴状の内容> 

04年1月17日の説明会で、日本車輌が「住民説明会は打ち切り」を表明
      半田市議団「ふれあい通信」の記事を参照

半田市のPCB処理施設建設に反対する署名

 署名運動にぜひご協力を。下の写真をクリックするとPDFファイルが開きます。プリントしてお使いください。
PCB署名

半田市11号地に日本車輌(株)がPCB処理施設の設置を計画
■日本車輌による市民説明会(半田市内4会場)が終わり、半田市でのPCB処理施設を考える市民会議が市に対して申し入れ
    以下に全文を紹介します。
半田市長 榊原伊三様
2003年6月19日
PCB処理を考える市民会議
  
PCB処理施設計画に関する申入書
 日本車両によるPCB廃棄物の処理施設計画の住民説明会は、昨日までに4回開催されました。しかし、各会場とも一般市民の参加者は100名前後、あるいは少し上回る程度でした。日本車両側の1時間ほどの説明の後、市民からの質疑では、各会場とも「終了の時間が迫っている」等として、質疑が打ち切られてきたところです。
 さらに、今日までの民間企業の信用失墜、例えば雪印乳業による食中毒事件・三菱自動車・日本ハム・東京電力・三井物産・等々の不祥事などから、市民の間では企業活動の信用回復には、ほど遠いことが示されました。ましてや、PCB廃棄物の取り扱いを民間企業が営利目的で行う事に対して、一層の不安や疑問が出されたのは当然であり、今回の住民説明会では「充分に市民に説明し切った」等とは、到底言えるものではありません。
 こうした状況のもと、半田市におかれましてはPCB廃棄物の処理施設計画については市民の暮らしの視点から、下記の事項をすすめていただくよう申し入れるものです。併せて、半田市としての考え方をお示し下さいますよう、よろしくお願い致します。
                    記
1、PCB廃棄物の処理施設計画について、半田市は情報開示等を積極的にはかるととも に、市域の生活環境保全の立場で市民の声に真摯に耳を傾け、市の意見を付す際には市 民の安全や健康を守る立場にたって対処していただくこと。
2.日本車両による住民説明会の内容は、いずれの会場も不充分であり、きめ細かな住民 説明会を改めて開催するよう日本車両に求め、実現していただくこと。
3.建設予定地での10mに及ぶ地盤改良や杭打ちまで施して、半田市域でPCB廃棄物処 理施設を建設しなければならない必然性を明らかにしていただくこと。
4.住民説明会で出された施設建設に関する市民の声を、市の責任で全市民に知らせてい ただくこと。
5. PCB廃棄物処理施設設置許可申請書に対して、愛知県環境部長名で8項目362点に わたる疑義事項が示されましたが、その疑義事項と日本車両の回答について、半田市は どのように受け止めているか、その考えを示していただくこと。   以  上

PCB処理施設の問題で、日本共産党半田市委員会が市民に危険性をお知らせする「半田民報」号外を発行

半田民報

半田民報:6月号外 サムネイル写真です。左のビラの上でクリックを。
戻るには、ブラウザの戻るボタンで。 



◇「半田市でのPCB処理施設を考える市民集会」開催
    
主催:半田市でのPCB処理施設を考える市民会議

  2003年6月11日(水)午後7時より
  半田勤労福祉会館 講堂

   講師:中京大学教授 中川武夫氏
 集会には約200名の市民が参加。中川武夫中京大学教授の講演で、PCBの危険な内容などを学習したあとパネラーの発言と会場からの質問、発言で活発に論議されました。
 この中で、PCBがいかにpg(ピコグラム=1兆分の1グラム)という量で人体と環境に重大な影響を与えるかを、中川教授は「サリン、青酸カリなど問題にならないほどの、人間が作り出した最高の毒性を持つもの」と強調。この重大な問題を、日本車輌が処理の委託をうけて「営利」でおこなうことに重大な疑念が出されました。
 また、県が日本車輌の建設許可申請に対して362項目の疑義事項に対する回答を依頼し、その回答が今年5月21日に県に提出されているが、この内容が、県も日本車輌も、そしてその写しを手にしている半田市も、市民に示すという努力をなんらおこなっていないことも問題とされました。この点について6月市議会で質問した山本博信市議会議員(清風クラブ)は、この県の示した疑義事項に対する日本車輌の回答は、「この点については問題なし」と抽象的に回答するだけで、まともな回答になっていないと紹介しました。
 会場からは、「半田市は『調整役』というが、町内の回覧板でも日本車輌の『安全です』という資料しかまわってこないし、4回やる説明会も結局日本車輌の側の安全宣言をするセレモニーの場、『一応説明した』というアリバイづくりの場でしかない。半田市は、市民の不安の立場に立って問題を解明する姿勢があるのか」という批判もだされました。これにたいしては、松本如美市議会議員(日本共産党)が、「豊田の環境事業団でおこなうものでも操業開始は2006年12月。室蘭の環境事業団の施設は話が出てから2年かけて操業開始の予定、北九州の事業団の場合、100回を越える説明会をおこなう。ところが、半田では、話が出てからわずか1年、今年11月には操業を開始するという計画。しかも説明会はたった4回。私が6月議会で質問したが、『4回の説明会に出てみて、市民の意見や雰囲気をみて必要なら市としてもおこなうことを考えてもいい。』という答弁でした。」と市の姿勢を批判しました。


■日本車両(株)がおこなうPCB処理施設についての『住民説明会』  

地区 説明会日時 説明会場
成岩地区 6月13日(金)
午後6:30〜8:00
中央公民館(雁宿ホール)
半田市雁宿町22−1
乙川地区 6月16日(月)
午後6:30〜8:00
半田市民ホール
半田市浜田町3−8
半田地区 6月17日(火)
午後6:30〜8:00
半田勤労福祉会館
半田市東洋町1−8
亀崎地区 6月18日(水)
午後7:00〜8:30
日本福祉大学(半田キャンパス)
半田市東生見町26

PCP処理施設問題の学習会を開催し、不安と反対の声続出
   2003年5月25日(日) 夜7時半から 
  半田勤労福祉会館 第三会議室

○この「市民懇談会」で「半田市でのPCB処理施設に反対する市民会議」が結成されました。
○世話人は、参加したすべての人がなることで確認されました。
○6月11日に、「市民会議」主催で、中川武夫教授を再びまねき、大きな規模で市民運動にしていくことが話し合われました。
 特に、日本車輌(株)がおこなう「説明会」で不安や疑問を大いに出しあうことが大事だという話になりました。
○同市民会議の次回の日程は、5月30日、午後7時から、半田勤労福祉会館にて。