他市町、子ども医療費 中学卒業まで無料にドンドン広がる
タイトル他市町、子ども医療費 中学卒業まで無料にドンドン広がる
地区東海市
発行東海読者ニュース
No.131
2010年10月17日
日本共産党東海市委員会
資料 その1
リンク

内容

他市町、子ども医療費
中学卒業まで無料にドンドン広がる

 

知多半島の市町でも子ども医療費の中学卒業までの無料化が進んでいます。東海市は愛知県でも先進をきって医療費の無料化に取り組んできましたが、通院は小学校卒業までで足踏み状態です。共産党の質問に市長は、「通院の無料化の拡大をする代わりに、中学校の沖縄体験学習を実施した」と答えましたが、全く性質が違い、代わりにすべき事ではありません。引き続き議会で取り上げていきたいと思っています。

 

税金の使い方間違ってませんか?
連合愛知知多地域協議会に税金(補助金)105万円!

 

連合愛知とは、愛知県下50万人を超える労働者で組織する労働組合です。

 

その地域組織である知多協議会に、東海市は毎年105万円の補助金を出しています。その連合愛知から東海市の鈴木市長は推薦を受け、東海市会議員選挙においては、加盟組合が組織内の特定の候補を推薦し、多くの議員を東海市議会に送りだしています。

 

補助金が会員の知識・教養の向上に関する事業補助の建前をとっていても、たとえその事業活動が公共性を持つとしても、労働組合と推薦候補、支持政党との関係を考えた場合、多くの面で政治的要素が含まれることは避けられません。

 

「市長や特定候補者を応援している労働組合に市民の税金を出すな」と、市民から批判の声が上がるのは当然で、中止すべきです。

 

日本共産党議員団は早くから、連合愛知知多協議会への補助金はやめるべきだと主張してきました。平成21年度一般会計決算の反対理由の一つにも掲げました。税金の使い方が間違っています。

 

お知らせコーナー

 

信号機
新たに開通した名半バイパスの加木屋地区の道路に信号機が付きます。事故が続いており、住民から設置の要求があり、共産党議員団が市に要請していたものが実現しました。

 

新消防署南出張所
新しい南主張所・地域防災センターが10月1日に開庁しました。南出張所は職員の食堂もないなど、古くて狭くて移転を求めてきましたが、やっと実現しました。防災センターも出来、地震体験など出来ます。活用して下さい。

 

自治体キャラバン
「愛知自治体キャラバン」が10月27日(水)、しあわせ村 午後1時半~あります。自治体キャラバンとは愛知保険医協会が県内のすべての自治体を訪問し、各市町に対し、医療・福祉・介護など社会保障の充実と、国や県に意見書の提出を求めて要請する行動です。