内田たもつだより
タイトル内田たもつだより
地区南知多町
発行南知多読者ニュース
125
2020年5月24日
日本共産党南知多支部
資料 その1
リンク

内容

内田たもつだより
 
内田たもつホームページ
http//uchida-tamotsu.jimdo.com
第125号あなたの声をお寄せください2020年5月24日
 
連絡先
〒470-3321 南知多町
内海内塩田77-3
(南知多町議会議員)
内田保
電話0569-62-1816
携帯090-2776-7529
発行
日本共産党南知多支部
 
6月町議会一般質問議員一人ひとりの権利の保障を
コロナ禍の今こそ、町民の声に寄り添った審議が大切
5月
12
日、緊急の南知多町議会議員の全員協議会が開かれました。
6月の議会に向けて、役場職員のコロナ対策の職務軽減等から、議長
より一般質問の質問者数の縮小の提案があり、傍聴のあり方と合わせ
て議論されました。その内容を報告します。
 
常任委員長二人のみの代表質問に
議長提案は、役場職員のコロナ対策の軽減等
から、一般質問は文教厚生・総務建設の委員長
の代表質問のみにするというものでした。個々
の議員が重要であるとする、質問内容をそれぞ
れの委員長に届け、その中から1人1問を選択
して、石垣委員長と鈴木委員長の2人が代表で
質問するという提案でした。
 
一人ひとりの議員の質問権の
保障は、地方自治の基本
内田議員は、地方自治の二元代表制の役割か
らも、一人ひとりの質問権を保障することが基
本であり、3月議会で実施されたように、時間
の縮小をしても、個々の議員が質問することが
必要であるとして、口頭で対案を出しました。
議会は、住民から選ばれた地方議員が住民の
代表として、その権限を行使し地方自治体の意
思決定を、合議によって
行う機関です。その中で
の議員の質問権とは、第
一に住民の代表者として
地域住民の意思を住民に
代わって伝える行為です。
第二に行政執行機関を監視し、行財政の運営の
公正で民主的、効率的な行政が行われるよう批
判・チェックする行為です。地方議会が正当な
理由なく、休会にしたり、議事機関の主たる機
能である一般質問を中止したりすることは憲法
が定めた地方自治を損なうものとなります。
3月議会は、一人当たりの質問時間を
60
分か
30
分に縮小して、質問者5人が行いましたが、
今回の議長提案は、質問者を2人に縮小する提
案でした。審議の結果、議長提案が賛成多数で
可決されました。
今後、常任委員長に対して、各議員がコロナ
対策を中心にした町当局への質問を、5月
20
までに提出し、それを事務局がまとめ、石垣文
教厚生委員長と鈴木総務建設委員長が代表で質
問する予定となっています。
 
両委員長の質問時間は
1時間の確保を
藤井議長に質問時間について、確認すると、
それは今後の5月
29
日の議会運営委員会での話
し合いになるとのことでした。今後議会運営委
員会が開かれますが、人数を減らして実施する
わけですから、中身の濃い真摯な討論が期待さ
れます。普段の1時間の質問時間を確保してい
ただきたいと思います。今後、質問内容をしっ
かり届けると同時に議会運営委員にも質問時間
の確保を要請していきます。
 
別室で音声のみの傍聴
6月議会の傍聴のあり方についても、審議さ
れました。議長提案は、3月議会と同じ、別室
での音声のみの傍聴でした。内田議員は、3密
にならないように、5人ぐらいに人数制限をし
て本会議場の傍聴を認め、それ以外の方は別室
傍聴を主張しました。残念ながら人数制限をし
た本会議傍聴は認められませんでした。武豊町
では、本会議場での傍聴を6席に制限し、認め
ます。また、テレビ中継し、別室での傍聴の権
利も確保しています。南知多町の傍聴者への配
慮施策の遅れが目立ちます。
 
武豊町質問者数の制限はせず
それぞれの地域の実情で、議会の日程の縮小
や一般質問の縮小、傍聴の縮小はありますが、
議会の機能を放棄してはなりません。武豊町で
は、全議員の話し合いを2度実施して、議員の
質問権を取り上げるような決議は出さないこと
も明らかになりました。つまり各議員一人ひと
りの判断にまかせ、その上で、必要な一般質問
も受け付けるとのことでした。武豊町では進ん
だ民主主議の議会運営がされています。
 
危ないぞアベロボットの検事長
<川柳コーナー>
安倍政権は、このコロナで大変な時に、自らの
保身のために、検察庁法を変えようとしました
が、広がる反対世論に押され、、見送られました。
市民の声が政治を動かしたのです。