読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1509
2020年5月10日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 
 
 2020年5月10日       第1
 
509号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-
 
3724
 
困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  
 
下記へ
    梶田 進 TEL 73-8908 武豊町字
 
白山36-3
    野田佳延 TEL 73-5031 武豊町上
 
山3-3-105
 
  第1回町議会臨時議会が開かれました  
 
   
 第1回臨時町議会が28日開かれ、令和
 
2年度一般会計補正予算、専決処分された
 
税条例改正、都市計画税改正の2件の条例
 
改正の承認の3議案について審議しました
 
 審議された議案は3議案とも可決、承認
 
されました。議案の主な内容についてご報
 
告いたします。
 
1.令和2年度一般会計補正 予算(第1
 
号)
 1億1877万円を追加補正ました
◆補正の主な内容 
 新型コロナウィルス感染症の影響に伴う
 
町独自の支援策
 
★町遺児手当受給対象者特別給付 金
 1,5000万円の追加補正
 収入減による生活への影響が特に大きい
 
と考えられる、ひとり親世帯などに対し、
 
緊急に支給することで生活の安定を図るこ
 
とを目的とする。
 対象は、町遺児手当の受給認定を受けた
 
者で、対象児童数約500人、対象世帯数
 
約300世帯。
 基準日4月末日
 
★新型コロナ感染症拡大に伴う看 護職復
 
職支援金
 100万円の追加補正
 愛知県ナースセンターに登録し、塾食さ
 
れた看護職の方で、一定以上の勤務条件を
 
満たした方に対し、申請により1人10万
 
円を1回限りで支援を行う。
 一定時間以上勤務された方に支給
 
★新型コロナウィルス感染症対策 協力金
 1億254万9千円の追加補正
 
◆武豊町新型コロナウィルス感染症対策 
 
協力金 2,500万円
 県の休業要請の対象でありながら、休業
 
開始に間に合わず、50万円の協力金を受
 
け取れなくなった町内事業者及び対象から
 
除外されていた飲食店等の事業者が4月2
 
9日までに休業等を開始し、5月6日まで
 
継続した場合、協力金として20万円を独
 
自に支給に支給されます。
 
◆愛知県新型コロナウィルス感染症対策 
 
協力金 7,100万円
 愛知県の休業要請事業 遊興施設、運動
 
施設、劇場、集会場、ホテル等々が県が示
 
した休業開始時に合わせ休業した事業所に
 
支給されます。
 
◆緊急保障制度保証料補助金
 590万円追加補正
 愛知県信用保証協会の「信用保証制度」
 
を利用する場合の保証金を、町が補助する
 
制度で、制度利用にあたっては、町税など
 
の滞納がないことが補助の条件となってい
 
るため、梶田進議員は議案質疑を行いまし
 
た。
 
 主な質疑内容は、国の中小企業に対する
 
コロナ対策事業支援では、日本政策金融公
 
庫の無利子・無担保融資制度では、直近の
 
売上高化が減少した場合の金利の引き下げ
 
、金利の国による金利負担の実施。都道府
 
県などの制度融資を活用した場合、実質無
 
利子融資、返済不能の場合は信用保証協会
 
が借金を肩代わりする「信用保証」が付く
 
。金融機関に支払う利子や信用保証料は国
 
が負担する。ことが実施されることなどを
 
新聞記事を紹介しなながら、武豊町が信用
 
保証協会への「信用保証料補助金」を税等
 
を滞納していると利用させいないことに対
 
して、コロナ対策は特別であり、対象とす
 
るよう求めました。
 当局は、説明された制度は国の内容であ
 
り、いま臨時であげた  信用保証料の補助
 
制度は、愛知県の保証協会が行う事業の保
 
証料を町が持つということで、県のルール
 
が滞納がないということであり、
ご理解いただきたい。と答えました。
 
 梶田議員は、県の行うコロナ対策、支援
 
制度などは国の交付金1兆円を利用して行
 
うものであることを指摘して実現を求めま
 
した。
 
 籾山芳輝町長が招集あいさつの中でコロ
 
ナウィルス感染症対策につて基本的考え方
 
を述べられましたので紹介します。
 
 新型コロナウィルスが猛威を振るい、世
 
界中に蔓延しており、感染者数、死亡者数
 
とも鈍化してきていているものの増加傾向
 
にあります。
 感染防止に向け、町として何ができるか
 
、バランス感覚をもって、極力公平性とい
 
う視点を大切に各種施策の決断をしました
 
 基本的には、新型コロナウィルス感染症
 
の影響を受けていると推察されます、町民
 
及び町内事業者というに対し、町単独事業
 
として、大きく3つの施策、すなわち遺児
 
手当受給者を対象とした特別給付金、地域
 
経済対策協力金、そして看護職復職支援金
 
を3本の柱として、補正予算を提案するも
 
のです。
 基本的には、スピード感をもって、すべ
 
ての町民が安心、安定した生活を送ること
 
ができるよう、配慮させていただいたつも
 
りです。
 武豊町独自の3つの施策につきましては
 
「いざというときの」「財政調整基金」が
 
あります。厳しい財政財政状況の中での予
 
算編成となっていますが、いまが「いざと
 
いうとき」だと思います。
 協力金等は基本的に毎年、継続するもの
 
ではないことなどを勘案し、決断させてい
 
ただきました。