2003議会令和2年度美浜町一般会計予算反対討論
タイトル2003議会令和2年度美浜町一般会計予算反対討論
地区美浜町
発行議会質問

2020年3月17日
日本共産党議員団 山本辰見
資料 その1
リンク

内容

2020.03.17
2003議会 令和2年度美浜町一般会計
 
予算 反対討論(原稿)
日本共産党議員団 山本辰見
 
私は、ただいま議題となっています、議案
 
第24号 「令和2年度美浜町一般会計予
 
算」について、日本共産党議員団として反
 
対の立場から討論致します。
3月定例議会では一部の条例改正などもあ
 
りましたが、中心課題は町民の皆さんが苦
 
心して納めていただいている限られた税金
 
が、適正に予算化されているのか、無駄を
 
削り不要・不急な負担金などは大胆に見直
 
しているのか、本当に必要なところにお金
 
を回すようになっているのか、しっかり分
 
析できるかが問われる議会であります。
昨年10月から増税となった消費税の影響額
 
は半年分負担増しただけでも、令和元年度
 
は特別会計も含んで1670万円にもなりまし
 
た。令和2年度は4月からそっくり10%にな
 
りますのでさらに膨らみます。今年は消費
 
税率増の影響に加えて、年明け早々から新
 
型コロナウイルスによる影響が、町内の中
 
小企業だけでなく多くの関係者に対して働
 
き場所がなくなって収入が途絶えるとか、
 
利用客減少による売り上げ減収がまともに
 
影響してきています。経済界全体の問題と
 
なっています。
もちろん国で決められたことではあります
 
が、私たち議員からも意見書等で発言して
 
いきますが、地方自治体としてはどうにも
 
ならないということではなく、県を通じて
 
、さらに国の関係機関に対して、最低でも
 
安倍内閣が2回引き上げる前の5%に戻して
 
いくように申し述べるようにしていくべき
 
であります。
負担金の中でどうしても見過ごすことがで
 
きない課題が多すぎます。リニア中央新幹
 
線建設促進期成同盟会の負担金です。リニ
 
ア工事は未解決の問題を先送りして、国費
 
・県の負担金をつぎ込む強引な計画であり
 
ます。様々な未解決の課題はここでは省き
 
ますが、当初、JR 東海は民間の事業であ
 
り自分たちだけでこの事業を進め、国の世
 
話にならないと豪語していましたが、9兆
 
円ともいわれる工事費に対し、国から財政
 
投融資3兆円をつぎ込んでもらうようにな
 
っています。しかも30年間据え置きで、30
 
年間支払免除であります。
このように民間企業の事業と言いながら、
 
大型公共工事に匹敵する課題、これまでも
 
繰り返し指摘してきましたが、美浜町がこ
 
の期成同盟から外れても町民が村八分にな
 
るわけがありません。負担金の金額の大き
 
さではありません。町民の皆さんに理解し
 
ていただくような説明がされていません。
その他にも、中部国際空港知多地域振興協
 
議会負担金5万円をはじめとした、道路関
 
係、港湾関係、その他の協議会・期成同盟
 
会等の負担金があります。これらの負担金
 
の必要性・金額も含めて精査し、切るとこ
 
ろはバッサリ切ることが必要だと思います
 
。多すぎる負担金は引き下げる要請をする
 
べきであります。 
次に知多地方税滞納整理機構の負担金が30
 
万円から50万円に引き上げられました。
 
平成31年度(令和元年度)で終了の予定
 
でしたが、知多地方の5市5町だけがさら
 
に3年間、引き続き整理機構を残すことに
 
なりました。
これまでに美浜町職員のスキルアップ、徴
 
収技能の会得は済んでいると思います。町
 
職員が独自で徴収事務にあたっていた時で
 
も、町民に寄り添い、大変な方には分割納
 
入など相談にのってきたところです。町民
 
目線で心の通った温かい姿勢での徴収事務
 
に努めていただきたいです。
奥田駅前・美浜町運動公園整備事業につい
 
て、昨年春の町長選挙の際掲げていた、運
 
動公園整備の中止公約は、町民の意思を覆
 
す形で継続に切り替えました。一定の説明
 
会はされましたが、多くの町民の皆さんか
 
らは公約違反に対して鋭い指摘がなされま
 
した。新たな決断をしたのに、そのことに
 
対して町民全体の意向を確認することは避
 
けてきています。さらに、議会答弁等では
 
、12月に建設中止を取りやめの際に発言
 
していた、公園規模の見直しや、維持管理
 
費を縮減していくといいながら、何らその
 
方向が示されていません。むしろ説明会の
 
後半ではトーンが一気に下がってしまい、
 
町長自ら「会場ごとで、質問への受け答え
 
にニュアンスの違いがあったかもしれない
 
」と説明が変わっていったことを認めてい
 
ます。
また、担当課長からは現在の計画内容を容
 
易に削減することは効果の縮減にもつなが
 
るため、慎重に検討する必要があります。
 
無駄なものは除き、修正するところは修正
 
します。5年ごとの更新費用は、施設維持
 
のために必要な経費ととらえております。
 
と答えています。
日本共産党議員団に寄せられている、町民
 
からの意見の多くが、町民の皆さんの利用
 
率が当局の説明のようにあるのだろうか、
 
維持管理費まだ示されていない中で、将来
 
の財政負担、町民負担は大丈夫だろうか。
 
運動公園整備事業では都市計画税が財源の
 
中心です。多くの皆さんから、この税金を
 
だれが払っているか、そしてこの事業で出
 
来上がる陸上競技場を、その方々が利用す
 
ることはあるのだろうか、どこの方々が使
 
うのだろうかと心配されています。
この都市計画税の本来の趣旨である、今、
 
実際に住んでいるところの住環境整備にこ
 
そ使っていただきたいというのが、多くの
 
町民の皆さんの声、本心ではないでしょう
 
か。
総合公園グランド拡大事業ですが、土壌の
 
問題が明らかになり工事が中断して、第2
 
グランドの代替え地としての野球場建設計
 
画はめどが立っていないのに、事業だけは
 
続けるということであります。
私たちは、もともとこの拡張事業は無駄遣
 
いであると指摘し反対してきましたが、た
 
とえ事業展開するにしても、まだ購入して
 
いないとお聞きしている土壌に問題のある
 
一角の土地を、わざわざ購入せずに、全体
 
計画で面積が必要ならば、問題のないとこ
 
ろに移動すべきと考えます。
ごみ袋の有料化に関係する課題は、条例改
 
正のところで内容について指摘しています
 
ので繰り返しません。有料化の方向は反対
 
であることだけ表明いたします。
以上、いくつかの課題を指摘して、令和2
 
年度一般会計予算に対して、日本共産党の
 
反対討論とさせていただきます。