内田たもつだより
タイトル内田たもつだより
地区南知多町
発行南知多読者ニュース
116
2020年3月8日
日本共産党南知多支部
資料 その1
リンク

内容

内田たもつだより
 
内田たもつホームページ
http//uchida-tamotsu.jimdo.com
第116号あなたの声をお寄せください。2020年3月8日
連絡先
〒470-3321 南知多町
内海内塩田77-3
(南知多町議会議員)
内田保
電話0569-62-1816
携帯090-2776-7529
 
発行
日本共産党南知多支部
 
「ゴミ有料化だけでいいの?」
 
資源リサイクル率日本一の町
鹿児島県大崎町の取り組みから考える
 
南知多町では、2020年度予算で、
45
㍑袋500円のゴミ処理有
料化のための条例改正案が提出されています。ゴミ問題は、町民の共通
の問題です。資源リサイクルの進んだ鹿児島県大崎町に聞きました。
焼却場のない大崎町では、町民・企業・行政の連携により、「混ぜれ
ばゴミ、分ければ資源」を合言葉に、
27
品目の分別に取り組んでいま
す。資源リサイクル率
12
年連続日本一の町から、南知多町も有料化の
前に学ぶべきことがあるのではないでしょうか。
 
知多南部衛生組合(内海)
 
混ぜればゴミ、分ければ資源
 
大崎町は「豊かな自然が宝物,みんなで紡ぐ結い
のまち」を目指し,町の特性を最大限に生かしなが
ら、環境に優しい安全で住みよい町づくりを進めて
います。快適で人にやさしい町づくりのためには、
大量生産,大量消費及び大量廃棄に支えられた社会
経済のライフスタイルを見直し、資源循環型のゴミ
ゼロ社会を形成していく必要があるとして、そのた
めに社会を構成する全ての主体がそれぞれの立場で
その役割を認識し,履行していくことが重要である
と宣言しています。
大崎町では、一般廃棄物の管理
型処分場を一部事務組合で運営し
ています。平成
10
年度から埋立処
分からリサイクルを主としたゴミ
処理への転換を進め,埋立処分量
84
%の削減ゴミのリサイクル率
82
%を達成しています。容器包装
に係る分別収集及び再商品化で、
一般廃棄物の大半を占める容器包
装廃棄物を分別収集しているのです。最終処分場
の埋立処分量のさらなる削減を図る目的で、町民、
事業者及び行政それぞれの役割を明確にし、具体
的な推進方策を明らかにし、関係者が一体となっ
て取り組むべき方針を示し、廃棄物循環型社会の
形成を図ろうとしています。
 
焼却場のない町、大崎町
 
環境省によると、日本のリサイクル率(排出料
に対するリサイクル量の割合)は
20
・2%(20
17年度)です。大崎町は
12
年連続リサイクル率
日本一の自治体です。なんと、同年度の記録で
82
%です。人口1万3千人ほどの町には、「ゴミ」
になるものがほとんどありません。さらに、日本
のゴミ処理の主流である焼却炉がありません。住
民自らが「
27
品目」のゴミ分別を徹底して行って
いるからです。
 
生ゴミは週3回収集し、有機肥料にします。一
般ゴミは週一回、資源ゴミは月一回ずつ収集され
ます。ただし単に分別すればよいわけではありま
せん。一つ一つ「汚れのない」状態にして分別し
ます。町の155ある自治体を母体とした「衛生
自治会」という住民組織が徹底しているのです。
 
南知多町の現状は?
 
南知多町の家庭系ごみの排出量は、平成
14
年に
指定ゴミ袋制度を導入したことにより、大きく減
少しましたが、その後の減少量は緩やかで、平成
29
年度の1人1日当たりの排出量は695gであ
り、県内平均の517gと比較して178g多い
状況です。これは、県下
54
市町村でワースト2で
す。ゴミが多くなる理由としては、魚や野菜がそ
のままの姿で家庭に持ち込まれ調理する過程で、
魚のアラや野菜くずなどが生ゴミとして排出され
ることがありますが、他にも再生利用可能な資源
として回収されるべき紙類やプラスチック類など
を可燃ゴミとして焼却処理しており、これらの分
別が進んでいないことも大きな理由です。平成
29
10
月からはミックスペーパーの分別回収を実施
していますが、平成
30
年度は111tの回収であ
り、目標180tの6割程度となっており、さら
なる分別が必要となっています。
 
令和4年度、半田市、常滑市、武豊町、美浜町
及び南知多町の2市3町での共用開始を目指し、
新しいゴミ処理施設を武
豊町内に建設中です。令
和4年度に向けての南知
多町の減量計画が遅れて
いるために、今回の急激
な有料化計画が進められ
ようとしているのです。
 
南知多町もお金で解決しようとするのではなく、
大崎町に学び、環境保護等の啓発ときめ細かい施
策こそ大事ではないでしょうか。
 
◆ゴミ分別で夢ある町に変身を◆