読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1946
2020年2月2日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 
 
 2020年2月2日        第1946号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724
 
困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767
 
衆議院予算委員会  
 
 「長年の慣行」「招待基準があいまい」安倍
首相
 
  「桜」招待増は安倍政権の慣行   宮本徹議員 
 
 1月28日の衆院予算委員会で、日本共産党宮本徹議員は、「桜を見る会」の招待者数が膨れ上がったのは「長年の慣行」「招待基準が曖昧だった」からではないと批判。
首相は同行事の趣旨を逸脱して、後援会員をはじめとする参加者を「幅広く募った。募集という認識ではなかった」などと、支離滅裂な答弁に終始しました。
 「桜を見る会」参加者は1万8000人と第2次安倍政権前の約2倍に膨張。「総理大臣枠等」による招待者数は全体の半数以上となっていることを指摘。
 
「功績・功労者」以外もOK
 
 安倍首相の地元事務所の参加申込書には、家族や知人・友人を誘う場合は「用紙をコピーしてください」と記してあり、「安倍首相の後援会員が紹介者になれば、知人・友人がどんどん参加できるようになていた」と宮本議員は述べました。
麻生財務大臣はなかった
 
 その上で、麻生太郎財務大臣に対し「首相在任時、地元事務所がこういう形で『幅広く募る』ことをしていたか」と質問。
 麻生大臣は「ありません」と明言しました。
 
ノ-チェックで招待
 
 各会で「功績・功労」のあった人を招くのが「桜を見る会」の趣旨なのに、安倍事務所の申込書には「功績・功労」を書く欄がな  く、事実上ノーチェックで招待されていると  指摘しました。
 このような公的事業の私物化は許されませ  ん。
 
桜を見る会参加者数 左端2005年
 
参加者
総数
 
首相枠等による招待者数
 
「ご飯論法」
 
 201回通常国会の論戦で、「ご飯論法」による「桜」答弁について、一般紙で報道されるようになりました。そもそも「ご飯論法」とは、意図的に論点をずらす答弁手法を分析してきた上西充子法政大学教授が、今国会の安倍晋三首相の正面から答えない姿勢を続けた内容の分析を一般紙が報道しています。
 立憲民主枝野幸男代表の代表質問で、首相答弁が「桜」説明ごまかしだらけ、と切り捨てた。(1月23日付 毎日朝刊)
 「桜」の首相答弁「ご飯論法」
 共産党・宮本徹議員の質問 安倍事務所が幅広く参加者を募るやり方について首相はいつから知っていたか。
 首相 内閣官房、内閣府から幅広く推薦を依頼されている中において、幅広く
 
希望者を募ってきた。
 上中さんは「内閣府に責任を押し付けようとしている」と嘆いた(1月29日付、朝日朝刊)
 しんぶん赤旗日刊紙は、昨年の国会で審議された「働き方改革」法案をめぐる加藤厚労相の答弁を問題とした中で、「ご飯論法」を指摘していました。
 
「ご難論法」
「朝ごはん食べなかったんですか」
「ご飯は食べませんでした」(パンは食べましたが、それは黙っておきます)
「何も食べなかったんですね?」
「何もと聞かれましたも、どこまでを食事の範囲に入れるかは、必ずしも明確ではありませんので」
 論点のすり替えや、はぐらかし。不誠実な政府答弁の手法を例えたのが“ご飯論法”です。
 
水道管13mmでは、建て替えできない?
 
 住民の方から、耐震診断の結果、自宅を建て替えることになりました。
 工事ということになり、工務店の方と役場へ行き、年寄りの二人暮らしでいままで何の不都合も感じたことはない旨説明。細い口径をお願いし、太いのに変更しないと言ったら、建築許可が出ないとの答しかしてもらえず、引き下がってきました。
 選択の余地はないですか。との問い合
わせがありました。
 役場上下水道課に問い合わせたところ、
 水道メーターの設置(口径)基準として、蛇口数に応じて決めているが、絶対ではない。 蛇口数にて決めるのは、流量計に最大水量を超えて使用続けると、流量計に支障が出る可能性があることによる。
 口径を変えないと、建築許可が出ないということはない。 
 家族構成などにより、現状のままの口径で使用したい場合は、住民の方との話し合いにてよって決めている。とのことであり、もう一度、話し合いたいとの回答がありました。