読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1495
2020年1月26日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 
 
 2020年1月26日       第1495号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724
 
困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767
 
生活保護  誤解していませんか   
 
  新婦人しんぶん報道   (12月19日付)
 
 昨年12月19日付、新婦人しんぶんは「生活保護 誤解していませんか」という特集記事を掲載しました。(写真)
 生活保護は、憲法第25条、社会保障を国の義務として定めています。
 「国民の生存権、国の社会保障的義務」
 第25条 すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
②国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
 としています。
 生活保護法の目的は
 憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対して、困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、最低限度の生活を保障し自立を助長する。
 第3条では法律により保障される最低限度とは、健康で文化的な生活を維持できるもの。と規定されています。
 
 生活保護は生活が苦しいときはだれでも申請でき、要件を満たせば、差別なく平等に受けることができます。
 しかし、収入が生活保護基準より低いにもかかわらず生活保護を受けている割合は、日本は世界でとても低い水準となっています。
 この原因は、生活保護申請時に、「なぜ、働けないのか」「親類から、一定の援助を受けられないのか」など、申請者に問うことなどを行うことから、実態として申請を妨げる結果になっているといわれています。
 
武豊町の実態   
 
●平成30年度実績
 平成30年度(平成29年度比)
 区分   世帯数   人数 
 母子   0(△1) 0(△5)
 障がい者 16(+1) 24(△1)
 高齢者  72(+3)  78(+2)
 傷病者  22(+1) 24(+1)
 その他  16(+1) 32(+7)
 総数   126(+5) 158(+4)
 (平成31年3月31日現在  主要施策報告書より)
 
 
 道路隅の急傾斜の改善を求める
 
 国道247号線掘割交差点の押ボタン設置場所が急傾斜となっており、
滑って転倒する事故がありました。土木課を通じて、県道管理者に改善を求めました。
 
日本共産党第28回党大会閉会   
 
  221人の新中央委員会を選出   
 
新しく選出された三役:左から浜野副委員長、倉林副委員長、市田副委員長、小池書記局長、志位委員長、山下副委員長(筆頭)、田村副委員長、緒方副委員長  18日、熱海市にて
 
 14日から開かれていた第28回党大会は 18日、221人の新中央委員会を選出し、第1回中央委員会を開催、幹部会委員長に志位和夫、書記局長に小池晃、幹部会副委員長に山下芳生(筆頭)、市田忠義、緒方靖夫、倉林章子、田村智子、浜野忠雄氏を決定しました。
 
 読者のみなさん 
 
 新聞に折り込みましたはがき(切手不要)にて、率直なご意見・ご要望をお寄せください。今後の議会活動に反映させていきたいと思います。
 どのようなことでもかまいませんので、ご記入の上、投函してください。