おおぶかわら版
タイトルおおぶかわら版
地区大府市
発行大府かわら版
1330
2019年12月29日
日本共産党大府市議団
資料 その1
リンク

内容

おおぶ
かわら版
発行/ 日本共産党大府市議団
    ☎0562-48-0194
2019 年12 月29 日㊐
2020 年 1 月 5 日㊐
       合併号
No.1330

大府市議久永かずえの市政報告

半年で再改正へ運行 体制
100件超す市民の
要望・署名運動が力に
停留所を復活し新設も

 市民のくらしを支えて
いる「ふれあいバス」は、
この9月から前後駅や
東海市への乗り入れなど
を含む運行体制の改正が
行われました。
 しかしこの結果、実際
に利用されていたバス停

25
か所も廃止されて
しまい、市民からは「不
便になった」「利用でき
なくなった」などの声が
日本共産党や久永議員
にも多く寄せられ、9月
議会の久永市議一般質問
でも取り上げてきました。〈
2020 年


市民の声が
 市を動かした
バスの増便を!
停留所9ヵ所復活
  新設も3カ所に

 市の利用者アンケート〈1
0月〉

10の











も出席する地域懇談会で、高校
生からも「便数を増やしてほし
い」との声が上がっていました。
また、自治区からの要望書や地
域・団体からの署名も市に寄せ
られ、市長への手紙や、電話、
メールなど個々の要望は100
件を超えています。こうした市
民の声が、運行再改正へと市を
動かす力になりました。

 再改正の中身は停留所の、復活
9ヵ所、移設1ヵ所、新設3ヵ所で
新年3月1日実施。応急的な措置
であり、改正後わずか半年での再
改正を余儀なくされたのはバスの
台数を変えずに利便性を高めよう
としたため。改正によってバスの
時刻表も変わるため、利用者が
混乱することも考えられます。

 根付いてきたバスの運行を大き
く変えずに利便性を高めるには、
増便しかありません。誰もが自由
に移動できるよう、引き続き声を
上げていきましょう。

パブリックコメント
活用して市民の声を市政へ

 パブリックコメントとは、
「市民との協働」という目的で市
の基本的な政策等の案又は概要
を市民に公表し意見や要望等を
求めるとするもの。政策案など
はHPや公民館などで閲覧でき、
コメントに特定の様式はなく手紙
やメールでも受け付けられ、意見
についての市の考え方も公表さ
れるなど一連の手続きのことです。
<現在、以下を実施中>
◆令和元年12/1 ~ 31
①大府市手話言語条例の制定に
ついて
◆令和元年12/20 ~令和2 年1/20
②大府市文化芸術振興指針2024
(案)の策定について
③「健康都市おおぶ」みんなの健
康づくり推進プラン2020-2030
(案)の策定について
④大府市包括ケア推進ビジョン
(案)の策定について
⑤第2 期大府市子ども・子育て
支援事業計画(子・フレ!)の
策定について
◆令和2 年1 月6 日~ 2 月6 日
⑥第2 次大府市まち・ひと・し
ごと創生総合戦略(案)の策定
について

日本共産党は、
住みよい日本、
住みよい大府市
になるために、
新しい年も、引
き続きみなさん
と一緒に、がん
ばってまいりま
す。



弁護士が対応します
1 月15 日㊌午後6 時~
 ご予約が必要ですが、お急ぎの方
は別途対応いたします。まずはお気
軽にお電話ください。
●久永かずえ  
  090-1758-3521
●長坂よしのり 
   0562-48-0194