南知多民報
タイトル南知多民報
地区南知多町
発行南知多民報
号外
2019年11月
日本共産党南知多町委員会
資料 その1その2
リンク

内容

南知多民報号外<内田たもつだより100号突破記念特別号> 2019年11月

南知多民報

発行: 日本共産党
南知多町委員会
連絡先: 町議会議員内田保
南知多町内海内塩田77-3
(TEL・FAX : 0569-62-1816)
http//uchida-tamo
tsu.jimdo.com
ホーム
ページ

住民に寄り添う民主的な町政に
日本共産党の内田保議員が2年前に議員になって以来、町政や議会のことをお知らせする「内田たもつだより」を、週に1回発行してきて、10月に100号になりました。また、町民の皆さんの願いを、議会での一般質問で質問をしたり、直接町長や町の担当課に繰り返し要請したりして、皆さんと共に多くのことを実現してきました。これからも住み良い町になるように、町民の皆さんのご要望やご意見をお寄せください。その実現のために努力していきたいと思います。

皆さんの声を届け、
皆さんと共に実現
①介護保険料の100円の引き下げ(基準月額5100円から5000円へ)
②介護保険による福祉用具購入費の前払い不要
③国保税特別会計への一般会計からの補助増額
④就学援助金の入学準備金を入学前に支給
⑤65才以上の肺炎球菌ワクチン接種についての65才の人への個別通知実現
⑥300万円の災害支援金の対象枠拡大(一世帯でも)
⑦町内の住居付近の道路の危険な岩石の撤去
⑧ブロック塀撤去補助金の創設
⑨師崎ビラマリン下の防犯灯設置
⑩内海の道路の白砂堆積の撤去
⑪内海の浜田川住居付近の堤防の早期工事
⑫小中学校の教室にエアコン設置
⑬師崎中の外トイレの改修
⑭太陽光・風力発電のガイドラインの設置
⑮篠島の港に安全対策のタラップの設置
⑯内海樫木交差点の太陽光発電の柵と看板の設置
⑰国政・県政の選挙公報の全世帯配布
⑱新給食センターの設計にカメラを増設
⑲海っ子バスのバス停の変更・追加
⑳高齢者の配食サービス、希望者は週7回できることを確認
投票所をLGBTに配慮し、男女別にしないことの確認
家具類転倒防止金具の無料支給の一部復活
職員の健康確保のための産業医予算の増額
小中学校キャンプ公費負担、半額から全額へ
運転免許自主返納者へのバス無料券の配布
学校の夏期休業中の閉庁期間の設定など
あなたの声を町政に!

読者の皆さまの声
ご感想やご意見、お寄せください。
内田たもつまで

主権者意識を呼び覚ましてくれる
高齢者、子育て世代、障がい者、だれでもが暮らしやすい町づくりにはこういう視点が必要なんだ。「たもつだより」に教えられます。
議会や委員会の報告等、私にとっては正直、すらーっと読み進められない記事もあります。しかし、きちんと数字を挙げ資料も添えて説明してあるので、じっくり読めばよく理解できます。「確かに南知多町の水道代が知多半島で一番高い!」等。
ボーっと生きている私に主権者意識を呼び覚ましてくれるお薬。期待しています。 60 代女性)

暮らせる年金に
私の周りにも毎月の年金受給額が4 5 万円の方は多い。これをさらに減らしていこうというのが、今の政治だ。
また、財政審は7 5 歳以上の後期高齢者の自己負担を原則 2 割とすべきと建議。経済同友会はビッグデーテの活用目的に )2022 年以降に、これに同意しない患者の自己負担割合を、 3 .5 割にせよと提言。このような財界主義のでたらめな政治が少しでも是正する方向になってほしいと心より願う。 60 代男性)

「やる気」のある議員に期待
いつも「たより」ありがとうございます。内田さんのおかげで、南知多町の町政を他の地域と比較して知ることができ、とても参考になります。私たち住民も記事をヒントに、町をよくするため考えてやっていこうと思います。内田さんのような「やる気」のある議員さんがもっと増えたらいいですね。私たちもそういうやる気のある人を選び、応援して住みよい町にしていきたいと思います。 60 代女性)

非核・平和宣言の町 に
或る日、町長に聞きました。何故この町は非核・平和の町を宣言しないのですかと。すると町長曰く「町民の同意が得られてないからです。」とのことでした。不思議ですね。町長は未だ私の処に「あなたは宣言に賛成ですか、反対ですか」と聞きに来ていませんのに。
役場の入り口に『非核・平和宣言の町 』の大きな看板を立てましょう。 80 代男性)

予算を軍事費より医療費へ
たもつだより100号突破おめでとうございます。
色々な人の意見を聞いてお知らせする事の大切さを身をもって 感じています。
家族が数年前から認知症になり、細々と年金生活で介護サービスの お世話になっていますが、まだまだ医療費など高額な部分がたくさんあります。
年金生活者が生きて行けるよう軍事費を少し医療費に回すよう安倍さんにお願いしたいです。 70 代男性)

もとむら伸子
衆議院議員
南知多民報「内田たもつだより」第100号、本当におめでとうございます。
支えていただいている皆様への御恩をお返しするために、共に全力を尽くしてまいりましょう。
消費税は増税ではなく、5%への減税を!STOP基礎年金3割削減!長生きするほど、若い人ほど減る「マクロ経済スライド」は廃止し、最低保障年金制度を確立させていきましょう。
あいちトリエンナーレ補助金「全額不交付」では、議事録も残さない異常な事態です。暴力に支配され、表 現の自由がなかった戦争の時代に引きもどさせるわけにはいきません。
参議院選挙で改憲勢力3分の2を阻止した市民+野党の本気の共闘をいっそう強固なものにし、安倍政権を退陣に追い込み、のびのび安心して暮らせる希望をつくっていく決意です!
日本共産党 衆議院議員
もとむら伸子

毎週「内田たもつだより」を発行しています。南知多町の様々な問題を取り上げ、お知らせします。しんぶん 赤旗 とともにお届けしています 。
ぜひ赤旗をご購読ください。