新たけとよ
タイトル新たけとよ
地区武豊町
発行新たけとよ
221
2019年10月
日本共産党武豊町委員会
資料 その1その2
リンク

内容

新たけとよ

2019年10月発行№221

日本共産党武豊町委員会
発行
日本共産党武豊町委員会
電話・FAX
77
‐37

国民の立場で真実伝える
赤旗しん
ぶん
日刊月3497円
日曜版月930円

生活相談としんぶん「赤旗」購読のお申し込みは
武豊町会議員梶田進
字白山3
6‐3 電話・FAX 73‐8908 携帯電話090‐9903‐7854
武豊町会議員野田佳延
字上山3‐3‐105 電話・FAX 73‐5031 携帯電話090‐6097‐7767

9月定例町議会が閉会しました
9月2日より開かれていました9月定例町議会は24日、議案に対する「討論・採決を行い閉会しました。
9月議会にて審議された議案は、報告2件、同意1件、承認1件、補正予算3件、条例制定改正15件、財産の取得2件、その他3件、平成30年度決算認定7件、意見書1件でした。主な議案の内容と採決の結果を報告いたします。
議会に対するみなさんのご意見等をお寄せ下さい。

☆令和元年度補正予算
◆一般会計補正予算
1億878万1千円の追加補正
主な追加事業
◍地域交通事業費
350万8千円
70歳以上の高齢者、65歳以上の運転免許証
自主返納者の運賃無料化など
◍武豊駅東地区整備工事費2260万7千円
インフラ整備費
◍中央公民館費
2763万5千円講堂舞台修繕費等
☆主な条例制定改正
◆パートタイム会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例制定
◆フルタイム会計年度任用職員の給与に関する条例制定
◆特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例制定
以上、3条例制定は、法改正による、非常勤職員の勤務・待遇変更のための条例制定
(以上、3条例について、討論して反対しました。)
◆印鑑条例改正
旧氏の印鑑登録が可能となりました
☆財産の購入
◆移動式バスケットゴールの購入
購入価格
1538万2400円総合体育館のバスケットゴールを購入
☆工事請負契約
◆屋内温水プール施設整
備・管理業務事業契約金額
38億7213万9百円
契約先
武豊町ウェルネスパートナーズ(株)
履行期間
契約締結日から令和19年3月31日まで

平成3 0 年度決算認定(千円)

会計名 収入 支出 差し引き額
一般会計 13,005,495 12,765,340 297,575
国保特別会計 4,063,482 3,967,987 95,495
後期高齢者特別会計 499,837 498,116 1,721
介護保険特別会計 2,640,817 2,547,137 93,680
集落排水特別会計 64,253 64,253 0
下水道特別会計 1,329,362 1,329,362 0
水道収益事業収支 887,337 713,789 159,924
水道資本的収支 93,469 334,664 △241,195

赤字4会計について討論・反対

一般質問を行いました
9月4・5日一般質問を行いました。梶田進議員が4日、会派代表質問を。野田佳延議員が5日、個人質問を行いました。(山車まつり法被を着用して、一般質問しました。)
一般質問の概要をお知らせします。ご意見・ご感想をお寄せ下さい

◎梶田進議員の会派
代表質問
梶田進議員は、農業集落排水利用者の、家庭敷地内で発生したマンホール蓋破損事故について、発生原因、敷設工事時の取り扱い説明、今後どのように対応しますか、と質問。
当局は、発生原因として考えられるのは、蓋に何らかの大きな荷重がかかり、ひび割れが生じた結果と考えられる。
敷設時の説明は、蓋をあけての掃除、つまりの原因となる排水を流さないなどの、使用方法については説明したが、蓋の維持管理については周知していない。
今回、事故が起きた蓋と同じ蓋を使用している家庭には維持管理について説明し、安全に使用されるよう各家庭を訪問して、周知しました、と答弁。

「日本語教育推進法」が施行され、町内に在住する外国人等に対する日本語教育をどのように進め、どのように日本語を習得して頂くのか、その対応をどのように進めるのか、と質問。
当局は、国の基本方針などが明確でないので、今後、国や県の動向を注視しながら、本町の「基本方針」について検討していく必要があると考えています、と答弁

◎野田佳延議員の個
人質問
野田佳延議員は、高齢化社会が進むなか、孤独死が報道されることが多くなってきています。高齢者・高齢者世帯の安否確認をどのように行っていますか。
また、高齢者の見守り制度の取り組みは、どのようになっていますか、と質問。
当局は、武豊町の見守り制度としては、①シルバーカードの高齢者台帳への登録、緊急通報装置、福祉電話の貸与、②認知症迷い人SOS情報ネットワーク(登録が必要)、③毎日の生活にかかわりのある事業者協定を結び、孤独死や徘徊の防止活動を行う事業などを実施しています、と答弁。

直接高齢者にお届けする「配食サービス」について、ボランティアの方が直接家庭を訪問、食事を届けることで、確実に安否確認ができると同時に、声をかけることでいっそう安心感を持たれることが可能となります。現在、実施している配食サービスの内容はどのようになっていますか、と質問。
当局は、食事つくりが困難な一人暮らしの高齢者・高齢者世帯、障がい者に対し、食事を提供することで、食生活の改善と健康維持を図るとともに、安否確認を行い、福祉の増進を図っています、と答弁。

消費税10%を許さない!
家計応援
景気回復へ5%に緊急減税を
導入から31年目
害悪ハッキリ
天下の悪税
消費税は
廃止しかありません

害悪1
正体は弱い者イジメ
庶民から吸い上げて
大企業・富裕層を潤す
導入からの消費税収は計397兆円
・けれど社会保障は連続切り下げ。サラリーマンの医療費負担3倍加、75歳以上も1~3割負担に。国と地方の借金も4倍以上に。
法人3税の税収は計298兆円も減少
・消費税は社会保障や財政再建のためでなく大企業の法人減税の穴埋めに。さらに低所得者ほど負担の重い消費増税がくらしを直撃。
所得・住民税収は275兆円減少に

害悪2
くらしも景気も壊す
日本は世界でも異常な
「成長できない国」に
8%増税(2014年4月)から5年半で
・1世帯あたり実質消費支出は年20万円の落ち込み。いまも回復せず。
・働く人の実質賃金も年15万円落ち込み。
・内閣府の景気動向指数は下方修正で「悪化」に(10月7日発表)
5%増税からの20年(1997~2017年)で
・日本のGDP(国内総生産)の伸び…1.02倍。アメリカ2.3倍、フランス1.8倍、などの半分でOECD(経済協力開発機構)36カ国中の最下位に。

安倍政権の二大失政をただす
希望のもてるくらし応援策こそ
▼8%増税の痛みが続いているのに10%へまた増税。失政につぐ失政をただすには、2度の大増税を元にもどす5%への緊急減税が必要です。
消費税率5%への
引き下げ求める請願署名
ぜひご協力を。詳しくは日本共産党ホームページをご覧ください。署名用紙のダウンロードもできます。
日本共産党
検索

財源はこうします
日本共産党の提案
●持てるものからキチンと税金を取る
▼法人税負担率は、中小企業18.6%なのに大企業は10.9%。不公平ただして6~7兆円。
▼所得1億円超で下がる最高税率の是正、富裕税創設など応分の負担で5~6兆円。
●ムダ遣いを一掃する
▼「イージス・アショア」に6600億円超など米国製兵器の゛爆買い゛で膨らむ軍事費やムダな大型開発を削り3兆円。
●くらし応援に政策転換して税収を増やす
▼賃上げ、公費投入で国保料負担軽減、「減らない年金」実現など家計をあたためる政策実行で10兆円規模の税収増を。
たたかいはこれから。市民+野党の共闘で
「消費税増税ありき」の政治をやめさせましょう
日本共産党

9月議会
報告
町政報告会のご案内
と き 10月26日(土)午後1時30分~
ところ 玉貫老人憩の家 和室
武豊町字楠4-24-1 電話0569-73-4010
お話する人
梶田すすむ町議
野田よしのぶ町議
~お誘い合わせて、ぜひ、お出かけください~