読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1484
2019年11月3日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 

 2019年11月3日       第1484号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724

困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767

 町政報告会を行いました   

 10月26日午後、玉貫老人憩の家にて「町政報告会」を行いました。

 野田佳延議員が9月議会の一般質問で取り上げた「高齢者の安否確認」の内容を報告しました。
 現在の町内高齢者比率、災害時等に支援を必要とする方などを把握するための登録制度、緊急時の通報手段などの貸し出し状況、安否確認とバランスのとれた食事を提供する「配食サービス」の現状と改善点などを報告しました。
 2回の一般質問を経て、議員6ヶ月を経た心境も報告されました。

 梶田進議員は、一般質問の報告と主な議案の内容を報告しました。
 一般質問は、農業集落排水のマンホール蓋の破損事故への対応と外国人等への日本語教育推進について報告しました。
 審議された主な議案報告は、コミュニティバス料金が、10月1日より70歳以上の高齢者、65歳以上の運転免許自主返納者が無料になったこととその申請方法を報告。
 屋内温水プールの契約議案が可決されたことにより、今後建設が進められます。
 しかし、建設の内容に住民要望がはっきりと実現するかどうかの疑問があり、今後、議会でとりあげていくことなどを報告しました。
 梶田稔元議員は、「消費税5%減税」で、国民の生活と日本経済を立て直す内容について、9月30日に日本共産党が発表した政策の概要を説明。消費税が当初、目的とした「財政再建と社会保障の充実」につかわれず、大企業や富裕層への減税財源になっており、国民生活を苦しめている実態を明らかにしました。
 安倍首相が進めようとしている憲法改定について、国民の多くが反対しており、憲法改定を阻止するため、市民と野党が協力する野党共闘の成功のため、日本共産党がその中心的役割をしていることなどを報告しました。

 参加者者から、新聞折り込み、配布などによっていろいろな情報が届けられているが、共産党が何を主張しており、どのような態度をとったかなどの内容をもう少し具体的にしたらどうか。
 いま社会的な問題となってきている、80・50問題、高齢者家庭の子どものひきこもりの実態調査を進めること必要ではないか。
 高齢となり歩行が困難となってきたのでシルバーカーを借りに行ったが、貸してもらえなかった。コミュバス停留所まで距離があり、生活に支障ができ中古車を購入したが、もう少しきめ細かな対応をして頂きたかった。などの意見が出されました。

 街頭宣伝を行いました     

 梶田進町議と野田佳延町議は協力して 10月29日、街頭宣伝を行いました。
 久しぶりに取り組んだ街頭宣伝、あいにくの雨となりましたが、あまりにもひどい安倍改造内閣への怒りを訴えました。

 梶田・野田町議は台風19号が東北、関東、甲信越などに甚大な被害を引き起こし、そのため、犠牲になられた方々へのお悔やみと被災された方々にお見舞いを申し上げました。
 いま政治求められている3つの運動を進める日本共産党の方針を訴えました。
 その一つが、10月1日よ り10%に増税された消費    税、31年間に納税された消費税の8割が大企業や富裕層の減税に使われてきたことを明らかにしたうえで、いま、政治が行うことは暮らし応援の政治を実現することであり、その中心は消費税増税ストップ、減税を実現し、廃止をめざすことです。
 二つ目が、数々の腐敗と強権政治を徹底的に追及することです。
 関西電力の「原発マネー」還流疑惑、「あいちトリエンナーレ」補助金の「全額不交付」決定問題、就任1ヶ月で辞任に追い込まれた、選挙違反の贈答品、香典支払い。
 英語検定試験に「身の丈に合った受験をと」事実上の受験制限を明言した文部科学大臣(この大臣は、加計学園問題にかかわった議員)
 このように安倍首相のもとで起きている腐敗、強権政治。腐敗した政治家を大臣任命下安倍首相の責任を国会として徹底的に追及しいていきます。
 三つ目は、安倍首相による憲法9条改定を許さないことです。参議院選挙では、
自民・公明・維新の会等改  憲勢力の3分の2ををる審判が下りました。「性急な改憲を望まない」という国民の審判を実行させるため、強固な野党共闘実現しましょう。と訴えまました。

お知らせ
 9月議会で梶田進議員が一般質問した、マンホ-ル蓋の事故にあわないための注意事項が、10月18日付、武豊町ホームページ、トピックスに記載されました。一度ご確認ください。