2020年度(令和2年度)美浜町予算編成に当たっての要望書
タイトル2020年度(令和2年度)美浜町予算編成に当たっての要望書
地区美浜町
発行その他

2019年10月16日
日本共産党議員団 山本  辰見 鈴木 美代子
資料 その1
リンク

内容

2019年10月16日
美浜町長 齋藤宏一 様

2020年度(令和2年度)美浜町予算編成に当たっての要望書
日本共産党議員団
山本  辰見
鈴木 美代子

はじめに

安倍晋三首相は10月1日から消費税10%大増税を強行しました。安倍政権になってから2回も引き上げて、大企業と富裕層への減税を繰り返し、消費税増税による経済の低迷で税収を減らし続けてきました。消費税を10%に引き上げたことにより、私たちの家計や暮らし、日本経済・地方経済は、破壊的ダメージを受けます。
1997年から2017年の20年間、欧米諸国の多くは、GDP(国内総生産)が2倍前後に伸びましたが、日本は1.02倍。OECD(経済協力開発機構)36か国の中で最低です。日本は世界でも異常な「経済成長できない国」となってしまっています。
消費税は所得の少ない人に重くのしかかる逆進性を宿命とする弱い者いじめの税金です。これまで「社会保障のため」「財政再建のため」と繰り返してきましたが、実態は全く違います。年金は減らされ、サラリーマンの医療費窓口負担は3倍(1割~3割)に、2000年度から始まった介護保険は「負担あって介護なし」と社会保障の切り下げが続いています。国と地方の借金は246兆円から1069兆円と4倍以上に膨れあがっています。政府の言い分はどちらもウソでした。

4月の一斉地方選挙により齋藤町長が誕生しました。陸上競技場建設問題が大きな争点となったことは確かですが、半年たっても具体的な方向が示されていません。7月には中止した場合のリスクについても資料が示されましたが、職員も議会議員も、まして一般町民には何も知らされないまま時間だけが経過しています。美浜町の財政は近隣市町に比べて自主財源に乏しく、厳しい財政運営を強いられています。来年度の予算編成するにあたり、しっかりとこの課題についての方向性を町民・議会・町職員に示し、住民意見を反映した事業展開を求めます。
国が進めている、リニア中央新幹線応援を中心とした国民・住民を横に置いた大型公共事業、また愛知県が進めているリニア中央新幹線を利用した名古屋中心部の開発、カジノを中心に据えた常滑空港島への大型施設の建設など、大型公共事業の相も変わらずの推進と、航空機産業やトヨタ自動車をはじめとした大企業ばかりを応援する大企業優先の政策が推進されています。
美浜町はその流れに乗っかり、住民からの要望ではない大型事業を推進することは、住民に対して長年にわたり大規模の負担を強いるものであり、立ち止まって考え直すことが求められます。

日本共産党議員団は、2020年度(令和2年度)の予算編成にあたり、多額な借金を抱える奥田駅前総合公園整備発事業、総合公園グランド拡張事業は、このまま進めるのではなく、事業を大胆に見直し、住民生活の安心と安全を支える温かい諸施策の推進、とりわけ美浜町で急激に進んでいる人口減少・少子高齢化社会に対応することを優先し、子育て支援策・社会保障政策・福祉施策をいっそう充実すること、災害に強い町づくりを基本に据えることを求めます。
各部門ごとの要望について整理しました。十分ご検討いただき、実現していただくように要望いたします。

次の5点を重点要求として求めます。

重点要求
1 奥田駅前運動公園整備事業は、住民説明会で意見を再確認し、財政負担軽減策も含めて、大幅見直し等住民意見を反映させること。
2 高台が近くにない地域で、民間施設活用による「避難ビル」を確保すること。
3 小中学校の再編整備計画は、住民の意向をよくくみ取り、地域の発展・コミュニティ-を中心に据えて検討すること。
4  生活道路・災害時の避難道路の拡幅・改修を進めること。
5 学校給食費を半額補助すること。

総務関係
1 南海トラフ巨大地震の被害想定・東日本大震災の教訓に学び、防災計画を充実させ、安全なまちづくりに取り組んでください。
2 高台が近くにない地域での公共施設の改築・改修・利用、また、コンクリート造りのマンション・学生アパートの通し廊下など、民間施設との特別契約も研究し、緊急避難場所を確保してください。
3 同報無線設備の現況の再点検・見直し、さらなる充実と、海水浴客・潮干狩り客など海岸利用者への対応も含めた運用の改善、戸別受信機の全世帯への徹底などにより、防災情報伝達難民が出ないようにしてください。
4 リニア中央新幹線、名浜道路など民間の事業、無駄な大型公共事業に対する外郭団体への負担金は英断を持って廃止してください。
5 都市計画税の税率を引き下げてください。
6 幹部職員、公職者等に広く女性の登用を図ってください。
7 防犯対策を強化し、パトカーの巡回を頻繁に実施するように、半田警察署に要請してください。
8 不審者等に対する緊急通報装置を設置してください。
9 カーブミラー、防犯灯、交通安全灯、路面標示等の整備拡充を進めてください。
10 フルタイムで長期間勤務している、臨時職員(フルタイム会計年度再任用職員)の正規職員化を図ってください。
11 避難所に指定されている小中学校の体育館(を優先)に、防災設備に関する国の補助金を活用し、空調設備を設置してください。

厚生・衛生関係
1 特別養護老人ホームの入所希望者が安心して利用できるように、ベッド数を確保してください。
2 障がい者が気軽に集える施設(グループホーム等)を確保し、ヘルパーを配置してください。
3 妊産婦を対象にした無料歯科検診を、産前・産後各1回助成してください。
4 病児(病後児)保育を進めるために、知多厚生病院と連携を取って準備してください。
5 身近に高齢者が集える「宅老所」や「サロン」を継続的に運営できるように支援してください。
6 ゴミの搬出困難な高齢者のゴミ収集を支援してください。
7 ちびっ子広場等に、手洗い並びにトイレを設置してください。
8 高齢者が気軽に利用できるかんぽの宿利用券を、対象年齢引き下げ、利用枚数の見直しをして下さい。
9 介護保険料・利用料に対して減免制度を拡充し、人間らしい生活を支える介護サービスの水準を引き上げてください。
10 介護保険の要支援1・2は、町の総合事業として充分配慮して進めてください。
11 子どもの医療費無料化制度を18歳まで拡大してください。
12 「一般廃棄物処理業」・「浄化槽清掃業」の許可業者を複数化してください。
13  環境基本計画に関連する条例を策定し、埋め立てや産業廃棄物の不法投棄や野焼き等に対する監視員(環境Gメン)を配置し、監視を強化してください
14  空き地などの環境整備に努め、罰則も含めたいわゆる「草刈条例」を制定してください。
15 加藤化学・トウチュウ・アイナン養鶏などの騒音・悪臭・ばい塵・粉塵・糞尿等の公害発生源に対する監視、野犬対策ならびに行政指導を強めてください。

産業経済・建設関係
1 旧市街地をはじめ住民が実際に生活している街並みを再点検し、危険空き家対策を強化して下さい。
2 消費税の10%への引き上げに抗議し、美浜町商工会・中小業者と共同し、国に強く要望するとともに消費者保護に努めて下さい。
3 若い人が住んでみたいと思える街並みを構築して下さい。
4 誰もが安心して通行できるように、町道の総点検を実施し、特に高齢者、障がい者、車椅子利用者、通学児童生徒が安心して通行できるように、歩道の確保・路面整備に努めてください。
5 町道の側溝に蓋をしてください。
・町道3056号、3058号、3059号。
・町道3061号海岸~国道247号までの排水路。(海苔業者の作業道路につき、数ケ所待避場を設けてください。)
6 準用河川の改修・川床の浚渫を促進してください。2級河川の大川の中州にある雑木については、枝払いではなく除去してください。(県に強く要求してください。)
7 町道の草刈りを定期化し、年2回実施して下さい。カーブなど見通しの悪いところは草刈り・樹木の枝払いをして下さい。
8 都市計画事業の見通しが明確でない区画整理事業などは、調整区域として見直して下さい。
9 「小規模工事等希望者登録制度」は全国で多くの自治体に拡がっています。町の発注する事業で、入札に該当しない小規模工事・修繕等に幅広く中小業者を登録し、受注機会を増やす制度を創設してください。
10 バリアフリ一に対する「道路・公園・住宅建設・住宅リフォーム」の専門職を配置し、美浜町商工会とも協力しながら、大手企業に負けない商工業活動の促進を図ってください。
11 町内事業者に大きな仕事量を確保することができ、地域経済に大きな経済波及効果をもたらす住宅リフォーム助成制度を創設してください。
12 地元商工業者への官公需の発注率を更に高めてください。
13 家庭菜園などに堆肥の利用促進拡大に努め、畜産農家を育成・支援してください。
14 中高年・障がい者の雇用促進に努め、各企業に障がい者の雇用基準を守るように指
導してください。
15 住宅建設に関する確認申請について、手遅れにならないよう、町内巡視並びに、家屋調査士等に依頼し建築基準法違反防止を図ってください。
16 「公共事業における賃金等確保条例」(公契約条例)を制定し、公共工事が下請け業者や労働者の適正な作業報酬を保証する契約になるようにしてください。
17 名鉄各駅周辺の草刈り・枝払い等、環境整備を名鉄に要求してください。
18 遊休農地の有効活用のため、大豆・麦・飼料・景観作物等の栽培など奨励してください。

教育関係
1 本町独自に35人以下学級の実施をしてください。
2 通級学級教員を小学校各校に配置してください。
3 登下校時のヘルメット着用は親の判断にまかせてください。(通達を出して下さい。)
4 給食センターを民間委託検討の対象からはずし、給食費を半額補助し、安全な食材の確保、地元産の農産物類の積極的活用を図ってください。
5 通学路の総点検を行い、児童・生徒の安全を確保するために整備してください。特に野間中学校生徒の通学路である、国道247号野間漁協入口北側、美浜西交番北側については、町として路側帯の土地を確保し、県に自転車通学路の安全対策を申し入れてください。また、布土町道2081号は通学路からはずし、コースを変更してください。
6 学校校舎・施設は、教育委員会が独自に調査体制を組み通年点検を行い、整備・改
修を図ってください。
7 私立高校生・私立幼稚園児への私学助成の拡充、要保護、準要保護家庭への援助を一層拡充・強化してください。
8 各学校における消耗品については、どの学校も不足を訴えており、要望に合わせて増額してください。'
9 簡易な修繕ができるように、小・中学校の修繕費の増額を行ってください。
10 教員の過重労働・サービス残業を防ぐため、勤務態様をタイムレコーダー・ICカードなどにより、明確に管理してください。
11 小・中学校のプール設備内、及び屋外のトイレも洋式に更新してください。

水道関係
1 「実質受水制」に改めるよう、関係市町と協同し県企業庁に求めてください。
2 「美味しい水」の確保が求められています。飲料水の水源を長良川河口堰から木曽川上流に戻すよう、他市町と共に県に強く求めてください。
3 東海・東南海・南海地震、南海トラフ巨大地震、風水害、台風災害等におけるライフラインの復旧計画を策定し、非常時の対応策を確立してください。

議会関係
1 常任委員長への議員報酬の加配(1万円)は廃止してください。
2 議員控え室に町のHP、他の市町の資料が閲覧できるようにパソコンを設置してください。
3 町民が気軽に議員に相談できるように、会派別の控え室を設けてください。
4 常任委員会・特別委員会の行政視察は廃止してください。
5 町議会でのCATV放映について、以下の点を検討しください.
・一般質問者席、議員自席からの発言者の正面映像をできるようにしてください。
・オンデマンド放送を確立してください。
・傍聴者控え室にモニターTVを設置してください。

日本の政治・経済・外交を「国民が主人公」の立場から行うために、国に対し以下の点を強く要望してください。

1 原発からの撤退を速やかに決断し、再生可能エネルギーへの転換、低エネルギー社会に向かって、国を挙げて取り組んでください。
2 10月からの税10%への引き上げをやめ、大企業並びに富裕層への優遇税制ではなく、相応の負担を求め、安倍政権以前の5%に戻してください。
3 日米FTA交渉を中止し、経済主権・食料主権を守ってください。
4 憲法改悪に反対し、国民が世界に誇る「平和の宝」である現行憲法を守ってください。
5 社会保障を予算の主役にすえ、医療・介護・年金など、国民が安心できる制度を確立してください。
・後期高齢者医療制度を中止・撤回し、差別のない医療制度に見直してください。
・高すぎる介護保険料・利用料など、欠陥だらけの介護保険制度を根底から見直し、安心できる制度へ改善してください。
・障害者自立支援法を見直し、障がい者の生活と権利を守ってください。
・年金受給条件を保険料の25年以上納入から10年以上に引き下げてください。
・無年金者、低年金者をなくすために、国の責任で最低年金保障制度を作ってください。
6 長時間労働、派遣労働に代表される不安定雇用を無くし、格差社会の解消、国民のくらし、権利を守る「ルールある経済社会」への転換を図ってください。
・労働者派遣法を、原則自由化を決めた1999年の大改悪前に戻し、派遣社員や有期雇用者の正社員化をすすめてください。
・最低賃金を至急に全国一律に時給1000円以上、1500円にしてください。
7 安心して子どもを生み育てられ、仕事と子育てが両立できるように条件づくりをすすめてください。
・子どもの医療費無料化制度を、国の制度として中学卒業まで引き上げ、整備してください。
・高校の学費を公立と同様に、私立も無料化してください。
8 農林漁業を再生し、食料自給率の向上、安全な食料の安定供給、地域経済の振興を図ってください。そのための施策として価格保障と所得保障を組み合わせて、再生産が可能な農業収入を保障してください。

以下の項目については、愛知県に対し強く要望してください。

1 南海トラフ巨大地震の被害想定見直し、並びに東日本大震災の教訓に学び、マグニチュードM9.0を想定した「愛知県地域防災計画」、「あいち地震対策アクションプラン」を抜本的に見直してください。
2 台風時の高潮対策、大型地震時の津波対策に万全を期し、老朽化護岸の整備改修を早急に進めてください。
3 県道小鈴谷・河和線は現状では非常に危険であり、早急に歩道を整備してください。・
4 県道野間・河和線、野間駅~杉谷池までのバイパス開通を早急に進めてください。
5 県道上野間・布土線、布土小学校北側から国道247号までの早期開通を進めてください。
6 県道奥田・河和線(国道247号~農協駐車場交差点から東側)を拡幅してください。
7 知多東部線(特に河和台北側及び柿谷から北側)の延伸工事を早期に実施し、河和駅前の渋滞の解消を図ってください。
8 次の個所に信号機などの安全対策を県公安委員会に要望してください。
・奥田駅高架下横断道路に歩行者信号機(音響式)を設置してください。
・奥田・河和線南奥田より福祉大学に通じる、町道3199号線から3107号線に渡る横断歩道に歩行者信号機(音響式)を設置してください。
・奥田交番前および中奥田交差点の信号機に、音響式の歩行者用信号機を増設してください。
・国道247号線河和天神社前横断歩道に、信号機を設置してください。
・    〃     古布ローソン前横断歩道に、信号機を設置してください。
・県道奥田河和線と知多東部線のT字路交差点(知多厚生病院西)に、信号機を設置してください。
9 県道、奥田・内福寺・南知多線の広域農道、浦戸T字路交差点は、一時停車しても 見にくいため危険です。早急に、カーブミラーを設置してください。
10 愛知県の政策として、住宅リフォーム助成制度を創設してください。
11 各自治体の納税相談には、納税者の状況をふまえて相談にのる姿勢で取り組んでください。その際、地方税法第15条の「徴収の猶予」「換価の猶予」「滞納処分の執行停止」などの緩和措置を積極的に活用してください。
12 小規模工事等契約希望者登録制度を導入してください。
13 「公共事業における賃金等確保条例」(公契約条例)を制定し、公共工事が下請け者や労働者の適正な作業報酬を保証する契約になるようにしてください。
14 太陽光発電、風力、水力、地熱、波力、バイオマスなど、再生可能エネルギー自給体制は、住民の安全・安心を確保して推進を図ってください。また、自然エネルギーの開発・導入・設置を推進するため、補助制度の充実を図ってください。
15 県民の安全を守るため、震源域の真上にある中部電力浜岡原発は永久停止・廃炉に、また、関西電力大飯原発の再稼働中止を要望してください。
以 上