読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊民報
1478
2019年9月22日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 

 2019年9月22日       第1478号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724

困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767

 共闘の時代、党づくりでも
               「新しい時代」を開こう

  日本共産党第7回中央委員会開く  

●「党大会成功めざす党勢拡大大 運動」よびかけ

 日本共産党は15日、第7回中央委員会総会を党本部で開き、来年1月の第28回党大会招集とともに、「第28回党大会成功をめざす党勢拡大大運動」を呼びかける7中総決議を全会一致で採択しました。「大運動」の目標は、党員拡大でも「しんぶん赤旗」読者拡大でも「前大会時の回復・突破」です。党勢の面で後退から前進に転換することで「共闘の時代」に党づくりでも新しい時代を切り開こうと決意を固めあいました。

 志位和夫委員長が、(1)野党連合政権に向けたこの間のとりくみ(2)第28回党大会の招集と議題の提案(3)「大運動」の強調点の柱で幹部会を代表してあいさつしました。

 そのうえで、野党連合政権にむけた協議では、(1)政権をともにつくるという政治的合意(2)連合政権がとりくむ政策的合意、政権として不一致点にどう対応するかの合意(3)総選挙での小選挙区における選挙協力―の3点を一体に話し合っていきたいと強調。「総選挙を市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進で、安倍政権と自民党政治を終わらせ、野党連合政権に道を開く選挙にしていこう」と呼びかけました。

 「大運動」の目標について志位氏は、「端的にいえば『この大会期を、党勢の面でも後退から前進に転換する大会期にしよう』という目標だ」と指摘。この目標がこの間の党勢の歴史的推移にてらしてもきわめて重要な意義をもつ、「大志
ある目標」であることを強調しました。


●来たるべき総選挙にどういう目 標と構えでのぞむのか

 市民と野党の共闘――野党連合政権に道をひらく選挙に
 第一は、市民と野党の共闘をさらに大きく発展・飛躍させ、衆議院で、自民・公明とその補完勢力を少数に追い込み、野党連合政権への道をひらくことである

●「850万票、15%以上」  を目標に、日本共産党の躍進を

 第二は、日本共産党の躍進を必ずかち
とることである。
 比例代表では、「850万票、15%以
上」を目標にたたかい、全国11の比例ブロックのすべてで議席獲得、議席増をめざす。政治目標に見合う比例代表予定候補を早期に決定する。

●第28回党大会 来年1月14 日から

 招集日は2020年1月14日。会期は18日までの5日間。議題は、(1)党綱領の一部改定(2)大会決議と中央委員会報告(3)新中央委員会の選出(4)その他―です。

2019年政党助成金交付額  

政党名 7 月1 9 日交付金額 2019年分交付予定額
自由民主党 178億9500万円 176億6700万円
立憲民主党 32億3000万円 36億3600万円
国民民主党 56億1300万円 50億9400万円
公明党 30億500万円 30億1900万円
日本維新の会 13億5800万円 15億6500万円
社会民主党 3億8400万円 3億7500万円
れいわ新撰組 ―― 6700万円
NHKから国民を守る党 ―― 5900万円

2019年分は参院選挙結果から試算。日本共産党は受け取り申請していません。

しんぶん赤旗読者の皆さんにお願いします。
 しんぶん赤旗をご購読ただきありがとうございます。引き続くご購読をお願いします。党大会に向けて、党勢拡大運動を進めています。しんぶん赤旗購読を勧めたい友人・知人を、ご紹介ください。