読者ニュース
タイトル読者ニュース
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1476
2019年9月8日
日本共産党武豊町支部
資料 その1
リンク

内容

読者ニュース 

 2019年9月8日        第1476号
発行:日本共産党武豊町支部 電話77-3724

困りごとのご相談・ご意見・ご要望は  下記へ
梶田 進 TEL FAX 74-0097 武豊町字白山36-3
     携帯電話 090-9903-7854
野田佳延 TEL FAX 73-5031 武豊町上山3-3-105
          携帯電話 090-6097-7767

9月定例町議会開会

 9月定例町議会が2日開会され、町長諸般報告が行われました。議案31件が提出され、提案理由の説明がなどが行われました。
 籾山芳輝町長の諸般報告で、本年度の歳入見通しについて、
 個人町民税は、6月当初課税において、前年を上回る調定額となっている。
 法人町民税は、予測が難しい税目であるが、経済の先行きについて回復基調が続いており、現段階では、予算額を確保できる見通しである。
 固定資産税及び都市計画税は、土地・家屋税の税収は前年を下回るものの、新たな設備投資による「償却資産」増により、固定資産税全体としては前年を上回る、見込みである。と町税の見通しが報告されました。
 その他、各部、特別会計、企業会計ごとの報告も行われました。

 議会開会後、即決議案として
◆報告議案「平成30年度健全化判断比率及び公営企業資金不足比率」の報告。
◆武豊町教育委員会委員の任命について
 永田 淑子現委員の任命に議会として、同意しました。
◆専決処分の承認
 「令和元年一般会計補正予算」の専決処分。「町民会館空調機修繕費」1263万6千円を承認しました。

 4・5日に一般質問が行われ、梶田進議員が4日、会派代表質問を行いました。

 梶田進議員は、2件の質問を行いました。1件目は
 農業集落排水利用家庭敷地内で発生した、マンホール蓋の破損について、発生原因、敷設工事時の取り扱い説明、今後の対応などについて質問しました。
 当局は、発生原因として考えられるのは、蓋に何らかの大きな荷重がかかり、ひび割れが生じた結果が破損の原因と考えられる。
 敷設時に利用者に対する説明は、ますの蓋をあけての掃除、下水管のつまりの原因となる排水を流さないなど、使用方法については周知していたが、蓋の維持管理についての周知はしてこなかった。
 今回事故が起きた蓋と同じ蓋を使用している家庭には、適切な維持管理をされるよう訪問して話した。と答弁しました。

 2件目は、
 外国人等に対する「日本語教育の推進」について質問しました。
 町内に在住する外国人に、日本語をどのように習得して頂くか、その対応について質問しました。
 当局は、国の基本方針などが明確でないので、国の基本方針が明確になった時点で、取り組んでいきたい。と答弁しました。
(野田佳延議員の一般質問は、次号掲載)

野党連合政権に向けた話し合いの開始を  

 8月26日、志位和夫委員長は国会内で記者会見を行い、7月の参議院選挙で共闘した野党各党・会派に対して、野党連合政権に向けた話し合いの開始とそのための党首会談を開催することを申し入れたことを明らかにしました。

 申し入れは、党創立97周年記念講演会(8日)で、来る総選挙に向けて「野党連合政権を正面からの主題に据えた話し合いの開始」を呼びかけたことを踏まえたものです。
 志位和夫委員長は申し入れ文で、この4年をたたかうなかで、お互いの信頼関係がつよまり、共闘は豊かな発展を遂げてきたと指摘。同時に、安倍政権・自民党政治に代わる野党としての政権構想を国民に提示することが大きな課題となっており、野党が力強い政権構想を示せば、「私たちの『本気度』を国民に伝え、これまで棄権してきた多くの有権者も含めて、『政治は変えられる』という『希望』伝え、政治情勢の大きな変化をつくりだすことができる」と強調しています。

記者会見する志位和夫委員長と小池晃書記局長。(上段)と立憲民主党への申し入れ(下段)

合併道路(衣浦小学校・衣小北交差点間)草刈り実施

 衣浦小学校への通学路になっている、衣浦小学校西交差点から衣小北信号間の合併道路歩道ガードレール沿いの雑草の草刈りが住民より要望が8月上旬に出されていました。(写真左)
 夏休み終了までに草刈りが実施されました。(写真右)