内田たもつだより
タイトル内田たもつだより
地区南知多町
発行南知多読者ニュース
93
2019年9月1日
日本共産党南知多支部
資料 その1
リンク

内容

内田たもつだより
内田たもつホームページ
http//uchida-tamotsu.jimdo.com
第93号あなたの声をお寄せください。2019年9月1日
連絡先
〒470-3321 南知多町
内海内塩田77-3
(南知多町議会議員)
内田保
電話0569-62-1816
携帯090-2776-7529
発行
日本共産党南知多支部

住民の声と利便性を活かした海っ子バスの運行に!
「海っ子バスを考える会」が開かれる(師崎・豊浜・内海地区の意見から)
海っ子バスが、10月1日から運行時刻・バス停等が変わります。8月20、21、28日に師崎、豊浜、内海地区の「海っ子バスを考える会」が開かれました。
師崎は16人、豊浜は20人、内海は25人の方の参加で、内田議員も参加しました。どの日も、地域公共交通の担当者からの10月からの新たな変更・改善報告のあと、参加者の話し合いがなされました。参加者や担当者の声から特徴的なことをお知らせします。

喜ばれるバス停の変更・
追加・ルートの変更
昨年改定の鳶ケ﨑南のバス停追加は住民から喜ばれているとの話がありました。今年は師崎の「花の丸」バス停の追加の要望があり新設される予定です。
内海地区のバスのルートも大きく変わる予定です。パチンコ店、ヤナギスーパー・ローソン方面の国道のルートを通ります。バス停も楠・名切・長城・西浜田が加わる予定となっています。(裏面参照)。

名鉄との連絡から知多バスへの
要望も多く出される
「海っ子バス」ルートになっていない地区が、師崎・大井・片名地区です。高校生の朝の通学に関して寄せられた声です。
・知多バスの経路で名鉄へのつながりが悪いので改善をしてほしい。
・師崎から行くと、河和で5分前に電車が出てしまうことがある。
・様々な高校があるので、住吉町でおりる電車では、阿久比高校の時間が合わない。
・学校の時間には合っている。しかし、朝部活・朝学習があると合わない。
・2年ぐらい前に、朝6時50分にあった知多バスを復活してほしい。

自主返納や高齢者には、
割引・無料のバスに!
・免許証の返還なので、一日乗車券がもらえるが、使えば終わりなので、名古屋市のようにフリーパスができればありがたい。
・自主返納で、無料券12枚である。これは、公共交通事業では、車をもっていない方と差別になるので、交通安全として対応している。(当局)
・美浜の「いってきバス」は無料であるので、連携できる時刻の宣伝があればもっとうまく活用できるのではないか。
・高齢者向けの料金設定など、高齢者へ提供していく時代環境にしていかないといけない。
・高齢者が、自由に手を挙げて乗車できるフリーの乗車券があるといい。

厚生病院への連絡
スムーズに簡単にできるといい
・厚生病院への連絡がうまくできるような中河和からの連絡ができないか。
・大井と片名は、師崎線しかないので、バスの連絡で不便している。
・河和の駅から、美浜の「いってきバス」の時間に合わせて行けばいいのではないか。
・美浜は無料であるので、この時間に河和で乗り継ぎができると分かれば、もっとうまく活用できるのではないか。
・厚生病院のバスも一日2回なので、合わないため、使いにくい問題もある。
・厚生病院からバスの利用も少なくなってきたという相談もきている。これは、厚生病院の先生が少なくなり救急患者も受け入れない問題もあって利用の信頼が薄れている事もある。
(当局)
・免許返納者が、自分で病院に行き帰りができて良かったという声もあった。

「考える会」の日時と場所の周知を
町民に十分に行き渡るようにすべき
今年は、南知多町からの「考える会」のお知らせが、直前のホームページの掲載とメール配信、ケーブルテレビ配信のみで、昨年まで実施していた広報や回覧版等に入れる紙によるお知らせがな
かったため、知らない町民も多かったようです。また、海っ子バスだけでなく、知多バスについても要望ができるので、「公共交通を考える会」として、町民に知らせていただきたいとの声もあり
ました。
内田議員は、もっと幅広い住民の参加のためにも早い時期の回覧版での周知を担当者に要請しました。両島もあり、高齢者が増える南知多町において、町民の足としてのバスは必要不可欠です。
「海っ子バスを考える会」は町民の声を幅広く聴く会で大変意義ある会です。このような会はぜひ他の部門にも広げてほしいものです。
(裏面もご覧ださい)