内田たもつだより
タイトル内田たもつだより
地区南知多町
発行南知多読者ニュース
91
2019年8月11日
日本共産党南知多支部
資料 その1
リンク

内容

内田たもつだより日本共産党南知多支部
南知多町議会議員
内田保
470-3321
南知多町内海内塩田77の3
電話0569-62-1816
携帯090-2776-7529
内田たもつホームページ
http//uchida-tamotsu.jimdo.com
第91号あなたの声をお寄せください。2019年8月11日

6月議会一般質問より

学校規模の「適正化」は、少人数学級でこそできる
学校統廃合は、万能ではありません

6月の一般質問で、学校を統廃合して、今の20人の学級が40人学級になっても、南知多町は改善の対応をしないと回答しました。納得できますか。教育をよくすることはみんなの願いです。学校統廃合は万能ではありません。教育の改善に何が必要なのでしょうか?内田議員が6月議会の一般質問で紹介した、ドイツとデンマークの教育と生活の内容をお知らせします。

ドイツでは、1学級20人程度
学校規模は200人

世界の教育と学校規模に注目した講演や論文を多く公表されている千葉大学名誉教授の三輪定宣氏は、ドイツの教育と生活の内容を次のように紹介しています。

約10日間、ドイツに出張し教育の実情について見聞しました。ドイツ人と結婚して在住25年の日本人の母親(57歳)は二人の娘さん(大学院生と学部4年生)を育てた体験を語ってくれました。

ドイツでは、子ども一人ひとりに向き合い、意見表明、自己主張を大事にし、学力だけでは評価されません。そのため、小中高校の学級規模は、現在20人程度だが、現場では10人以下を強く要求しており、「人間の価値は人数が多くなるほど下がる」という思想の現れだといいます。(小・中学校の平均学校規模は200人程度)
大学の学費は無償、給付制奨学金が支給され(親と別居なら生活費支給)、交通費、旅費、観覧料等は学生割引で安く利用できます。
「教育を受ける権利が紙に書いてある国とそれを実現している国との違いです」と語っていました。

デンマークでは
競争しません
千葉忠夫・日欧文化交流学院学院長(デンマークに40年在住)の『格差と貧困のないデンマーク世界一幸福な国の人づくり』(2011年3月)から一部を紹介します。

「格差と貧困のないデンマーク」2011年3月から

OECD加盟国
36カ国の調査
デンマーク 日本
相対的貧困率
(2008年)
5 . 3 %
(最下位)
1 4 . 9%
(3位)
世界の情報通
信技術整備度
1位 14位
国内総生産(GD
P)に対する学
校教育費の比率
6 . 7 %
(2位)
3.3%
(最下位から
2位)

1学級当たりの児童生徒数は、デンマークでは、小学校19・5人、中学校19・7人。平均学校規模148人。日本は、各28・4人、33・5人です。

小学校も教科担任制。「国民学校を卒業する9年生まで試験がない。(テストは知識の確認のため行うが優劣をつけない。9年生の試験は口述試験が主。問題は自分が選ぶ)

「教育の義務期間中は他人と競い合うことを教えません」「1年から6年までほとんどクラス替えはないため、同じ担任で進級します」
「教師の学校間の移動はありません」
「優秀な教師とは、落ちこぼれをつくらない教師です。落ちこぼれとは、(勉強の遅れのほか)登校拒否をするような子のことです」「社会的に弱い立場にある人をみんなで保障していく、支援する、それが社会福祉国家の根本だからです」「デンマークの教育では、『学び方を学ぶ』ことを大切にしています」

学校運営委員会には親、教職員、生徒の代表がなり、教科書、予算などを決めます。「学習塾や予備校はデンマークにはありません」「デンマークでは18歳で成人となり、経済的に独立しますから、親から支援は受けません。入学金、授業料は無料なので問題ありませんが、教材費や生活費は国からの奨学金を活用する人がほとんどです」

SU(生活援助金)は「親と同居の場合は月額2677クローネ(約5万3540円)、別居の場合は5384クローネ(約10万7680円)支給されます」「デンマークでは失業保険をもらいながら、誰でも新たな勉強を始められます。それは教育費が無料だからです」「失業保険は4年間は失業前給料の90%です」

欧米では、一般に1学年1学級でクラス替えがなく、担任教師も持ち上がりが基本です。教師は公立学校でも同一校に定年まで務め、子どもや家庭の環境を熟知しています。

もちろん欧米の仕組みをそのまま当てはめることはできませんが、小さな学校が多い南知多町の教育にも参考にすべきことは多くあると思います。