おおぶかわら版
タイトルおおぶかわら版
地区知多地区
発行大府かわら版
1321
2019年9月8日
日本共産党大府市議団
資料 その1
リンク

内容

おおぶ
かわら版

発行:日本共産党
大府市議団
 ℡0562-48-0194
2019年9月8日
No.1321

マイナンバーカードの普及率アップに税金投入!
オリンピック道路に1億1000万円!

 9月2日(火)から市議会が始まりました。9月議会は、主に平成30年度に行った事業について評価をし、今後の大府市政に生かしていく議論となります。
さらに、これから10年間、税金の使い方の大きな方向性を決める「大府市総合計画基本構想」が提案され、「宅地開発に向けての条例」が新しく制定される議案も含まれています。
今号は補正予算の内容の一部を紹介します。

1億1000万円超の
補正予算
オリンピック道路整備か?
大府市民のための道路整備か?
 来年の東京オリンピックに向けて、聖火ランナーが走るコースに大府市が選ばれました。
具体的なコースは未定ですが、共和駅から新駅予定地までの間を走行する予定です。
その準備として来年4月までに走行予定の道路を整備していく補正予算約1億1000万円が計上されています。
 大府市は「市民要望などの道路整備も含まれる」としていますが、年間1000件を超える道路の整備、修繕の要望はすぐに対応してもらえる案件は少なく、多くの市民が数年、数十年待たされるケースが多くあります。
 「聖火ランナーには、安全に整備され
た道路を走ってもらいたい」は、多くの
大府市民の思いでしょう。しかし、オリ
ンピックになら1億円投入するが、生活
道路は後回しの姿勢には疑問が生じま
す。
 1億円が妥当かという視点と同時に生
活道路に毎年今以上の予算を付けること
が求められます


「自治体ポイントカード」1万円で2500円還元!? 
ひとり1回5000円限度

目的はマイナンバーカードの普及
 国はマイナンバーカードを普及させるために、あの手この手を試みていますが、なかなか普及していません。
大府市でも7月現在12.8%の普及率です。国は令和4年には100%にするという無謀な目標を立てています。
みきり発車にならないか!?
大府市も「消費活性化事業」として新規で進めていくことを決め、年度内に申請をすれば、国から100%補助金がもらえることを理由に、いきなり補正予算で打ち出してきました。
 補助金獲得も大事ですが、本当に市民に
とって、市内業者にとって利益があるのかをしっかり吟味し、必要であれば年間の予算として位置付けるべきではないでしょうか。
 「マイナンバーカード」を作成しなければ、登録ができず、「自治体ポイントカード」を作ることができません。つまり、マイナンバーカードを作成した市民でなければ恩恵は受けられません。
税金を使って、サービスを受けられる市民と受けられない市民が出る「自治体ポイントカードの導入について」は十分な議論が必要ではないでしょうか。

〈9月議会日程〉
◆9月 3日(火)初日
◆9月11日(水)9時~ 一般質問
◆9月12日(木)9時~ 一般質問
久永議員14時ごろ 「バスの充実について」など
◆9月17日(火)9時~ 建設消防委員会
・宅地開発等の条例制定についてなど
・マイナンバーカード普及のための消費活性化事業
・聖火リレーのコースとなる道路整備について
◆9月18日(水)9時~厚生文教委員会
◆9月19日(木)9時~ 総務委員会
・法人市民税の引き下げについて
・「老朽原発の廃炉についての請願」
久永紹介議員
◆9月25日(水)9時~ 本会議
・議案の賛否とその理由(討論と採決)
・総合計画基本構想について、など
◆10月 1日(火)9時~ 最終日
・決算の賛否とその理由(討論と採決)

無料法律相談

弁護士が対応します。まずはお電話を。
予約が必要です。お急ぎの方別途対応。
開催日  9月18日(水)18時~

●久永かずえ市議
    090-1758-3521
●長坂よしのり市政策委員長
    0562-48-0194