赤旗読者ニュース
タイトル赤旗読者ニュース
地区東海市
発行東海読者ニュース
324
2019年9月8日
日本共産党東海市委員会
資料 その1
リンク

内容

赤旗読者ニュース
<部内資料>

2019年9月8日 №324
日本共産党東海市委員会
電話・FAX 0562-34-4001

困りごと・生活相談・ご意見は
坂 ゆかり議員 電話:0562-38-6085
近藤みほこ議員 電話:052-829-0624

やった~!入院医療費無料
大学生24歳まで拡大!
党市議団と市民の取り組みが実現!

東海市は来年度から24歳までの大学生の入院医療費を無料化すると発表しました。拡大となれば、市では全国初であり、快挙です。
日本共産党市議団は、子ども医療費無料化の拡大に一貫して取り組み、中学生までの通院・入院費の無料化が実現しました。さらに2017年12月議会で18歳までの引き上げを求めて質問、先の市議選挙では公約の一つに掲げ闘いました。今回この9月議会に大学生24歳まで入院無料が拡大され提案されます。
これは、日本共産党市議団と市民のみなさんとの粘り強い取り組みの成果ではないでしょうか。引き続き、国保の40歳未満の検診の実施、保護者の経済的負担の軽減等に取り組んでいきます。

日本共産党の9月議会は次の質問をしました。
<近藤美保子議員>
    国民健康保険税について
    安心安全ならんらんバスの運行について
    高齢者難聴への補聴器助成について
<坂ゆかり議員>
    放課後児童クラブについて
    地球温暖化対策について
    降下ばいじん対策について

社会保障審議会の介護保険部会は来年の介護保険改正に向けた議論を開始しました。厚労省は給付と負担の見直し検討項目として「軽度者」(要介護1,2)の生活サービスやケアプランなど8項目を盛り込みました。年内に報告をまとめ来年法案を国会に提出する方針です。
給付抑制・負担増の項目

現在40歳以上からの2号被保険者の引き下げ

施設入所者の居住費・食費の自己負担の引き上げ

現在自己負担無しの施設入所者の室料有料化

ケアプランの作成費用などの自己負担化

要介護1、2の生活援助サービスの総合事業

への移行

高額介護サービス費の自己負担限度額の上限引き上げ

利用料が2~3割となる現役並み所得者の対象拡大

介護サービスの現金給付

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14年の改悪で総合事業に移された要介護1,2では本人の意思とは関係なく介護から「卒業」させられる事態が相次いでいます。15年の一定所得以上の利用料2割負担への引き上げでも、サービス抑制と介護する家族への深刻な影響が出ています。
これでは「保険あって介護なし」、許せません。

 東海市地域公共交通会議傍聴記
 9月2日に第2回の上記の会議がありました。市側の方も、委員の皆さんもあまり「らんらんバス」を乗車された事がないのではと思いました。いかに不便か、ぜひ色々なルートを体験して頂きたいです。みんなで知恵を出して、市内の交通網を使い易くしたいものです。     荒尾住宅 H・I

長寿のみなさん
おめでとうございます

 東海市は2019年度高齢者訪問事業等について下記の通り行うこととなりました。

 

対象者

人数

敬老金など

訪問者

100歳以上

43人

敬老金3万円

医薬品引換券

市長

副市長

95~99歳

245人

敬老金2万円

医薬品引換券

民生委員

85~94歳

3,323人

敬老金1万円

医薬品引換券

76~84歳

8,605人

医薬品引換券

郵送

75歳

1,129人

医薬品引換券

民生委員

合計  13,345人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせコーナー


※第11回大府飛行場
中国人強制連行殉難者追悼式
★9月14日(土) 午後2時より
★富木島町北島:瑞雲山玄猷寺
※太平洋戦争末期の1942年11月、労働力不足を補うため日本政府は中国人を強制連行させ飛行場建設工事で5名が死亡しました。死者の冥福を祈り、不戦を誓うための式典です。
※9条壊すな!のリレートークにご参加を
★参院選挙が終わり、「9条壊すな!東海市連絡会」は太田川駅前広場でリレートークを5時~開催しています。憲法守れ、9条守れとご参加を。