内田たもつだより
タイトル内田たもつだより
地区南知多町
発行その他
77
2019年4月21日
日本共産党南知多支部
資料 その1
リンク

内容

内田たもつだより

内田たもつホームページ
http//uchida-tamotsu.jimdo.com

第77号
あなたの声をお寄せください。2019年4月21日

連絡先
〒470-3321 南知多町
内海内塩田77-3
(南知多町議会議員)
内田保
電話0569-62-1816
携帯090-2776-7529

発行 日本共産党南知多支部

太陽光発電設備等に関わる適正な
ガイドラインの制定と「条例」の早期制定を

南知多町では太陽光発電設備等に関わるガイドラインの制定に向けて、パブリックコメントを募集しています。すでに、南知多町における、太陽光発電に関わるガイドライン制定は、30年6月議会で内田議員が、12月議会では服部議員が質問し、要求していました。今回、美浜町に続くガイドライン制定への町当局の努力には、敬意を表するものです。
しかし、ガイドラインだけでなく、条例制定の要求も町民のみなさんから高まっています。内田議員は、4月15日、太陽光発電設備に関わる条例制定等に向けて4点の要求書を町長に提出し、懇談しました。

環境・景観の保全から、山を削っての
太陽光設備は、慎重にすべき

内海の樫木交差点付近にみられる風景は異様です。防災・環境保全、景観保全から問題があることは、多くの地域住民が感じています。それは、昨年の台風のおり、大量の土砂が県道に流れ出し、一方通行にして一日かけて土砂を取り除いた事実からも明らかです。しかし、その後の防災処置は、バラスを土壌に置いたのみで、再び大量の大雨の時に、土砂が県道に流れ出すことを防ぐ具体的な柵や防壁等はなされていません。

日本共産党は、太陽光発電設備の設置にすべて反対しているのではありません。再生可能エネルギーの推進は賛成です。将来的に原発をなくしていくためにも必要です。しかし、現在の太陽光発電設備の作られ方や作られる場所及びこれに対するお金の使われ方には問題が多いにあります。
例えば、それまで快適な生活を営んでいた住民にとって、いきなり周りの空地に太陽光発電設備を設置されることは耐えがたいことであろうと思われます。
太陽光発電設備は、街中であろうと、貴重な自然環境の中であろうと、建築基準法等の規制なしに設置可能です。場所によっては、その形状や拡がりは、住環境や自然環境の保全とは両立しがたいものとなります。

南知多町のガイドライン案の修正と
今後の条例の早期制定に向けて

今回、南知多町が、国の「事業計画策定ガイドライン」を参考に「南知多町のガイドライン案」を提示していることは、理にかなったものです。
しかし、南知多町には、他市町(静岡伊東市)のような太陽光発電設備等に関わる条例や半田市、東浦町のような景観条例もなく、このままのガイドラインでは町民が必要としている内容への強制力が弱いものであることは明らかです。特に、土地及び周辺環境の調査・土地の選定に当たっては、土砂災害の防止、土砂流出の防止、水害の防止、水資源の保護、植生の保護、希少野生動植物の個体及び生息・生育環境の保全、周辺の景観との調和などに配慮するとともに、反射光等による地域住民の住環境への影響がないように考慮することが必要です。

これらの内容は、南知多町のガイドライン案にも一部指摘されていますが、法的強制力からすると弱いものです。早急に、条例化することを強く求めるものです。条例化すれば、FIT法においても、関係法令として、条例も遵守しなければならないことがうたわれています。

町長に4点の申し入れをしました

1 南知多町として、防災・環境保全、景観保全から規制力の強い太陽光発電設備等に関わる「太陽光発電設備条例」を制定すること。

2 「南知多町太陽光発電設備等に関するガイドライン(案)」に追加する内容について
A「南知多町ガイドライン案」4条関係に以下の内容を追加すること。
例文(14)風圧力その他外力に対して耐久性に問題なく安全であるように設置すること。

B 導入にあたって、住民説明・同意・住民との協定を明確にするガイドラインとするため、別紙「条例案」(裏面)を参考に住民説明・同意・協定のための内容をもっと明確にする詳しいガイドライン条文を起こして追加制定すること。

C 事業者に事業終了時の解体撤去のための経費の積み立て義務の条文を入れること。

3 今回のガイドラインは、新設業者(個人)だけでなく、既設の業者(個人)へも周知すること。
また、柵の未設置や、防災上の安全が疑われる施設については、既設の施設業者(個人)に対しても町長は、指導文書を送付すること。

4 観光も基幹産業である南知多として、半田・東浦に学び「南知多町景観条例」を制定すること。