内田たもつだより
タイトル内田たもつだより
地区南知多町
発行その他
73
2019年3月17日
日本共産党南知多支部
資料 その1
リンク

内容

内田たもつだより

3月議会に1つの請願書と6つの陳情書が提出
内田議員「核兵器禁止条約への署名・批准を求める請願」の紹介議員に

3月議会には、請願書と様々な陳情書が提出されています。請願書は、紹介議員の署名で、各委員会・本会議で審議され採決されます。陳情書は南知多町では、各委員会に回され、委員会で紹介され、審議・採決されません。半田市では審議・採決されます。各団体の要求の概要を紹介します。(請願書は裏面)

「全国知事会の『米軍基地に関する提言』の主旨に基づいて、地方自治の根幹を脅かす日米地位協定の見直しを国に求める意見書」を求める陳情書
(日米地位協定を見直す会)

日米地位協定は、日本国憲法の理念そして地方自治の根幹をも揺るがしかねない協定です。日米地位協定には、「米軍は、わが国の施政権下にある日本全国どこにでも米軍基地が出来る可能性がある事になっています。
そんな中全国知事会では2016年11月から6回に渡り「米軍基地負担に関する研究会」を開催し、2018年7月にとても意味ある提言を発表しました。
そこで、南知多町議会は、国に対し、下記のことを強く要請します。
1 日米地位協定の見直しをすること。
2 国は、地方自治の権限を保証すること。

「保育の無償化、待機児童解消、保育士の処遇改善のための必要な措置を求める意見書」の提出を国に求める陳情書
(全国福祉労働組合東海地方本部)

1 保育の無償化にあたっては、地方自治体が負う課題が多くあり、地方自治体の負担増とならないよう国として財政措置も含めてあらゆる必要な措置を行うこと。
2 公立保育所の無償化で自治体負担が増すことがないように、必要な措置を講じること。
3 給食食材費は実質徴収化ではなく、無償化の対象とすること。
4 無償化に財源をとられることで、保育の質的量的拡充が停滞することがないよう、国として十分な予算を確保すること。特に待機児童の解消については、無償化によって需要が喚起されることが予想されるため、国として認可保育所の整備計画をたて、保育所等整備交付金の増額など支援の拡充、必要な財源措置を行うこと。保育士などの職員の配置基準の改善、賃金の引き上げなど処遇改善のために公定価格の改善など必要な措置を行うこと。
5 認可外保育施設の取り扱いについては質確保の点で問題があるため、等しく質の高い保育を保障できるよう、認可外施設への指導・監督体制を抜本的に強化し、その認可を促進するなど質量ともに充実させ子どもの命・権利を最優先にした措置をとること。

「放課後児童支援員は事務の複雑化や条件等の処遇改善に係わる事務などの簡素化を求める意見書」の提出を国に求める陳情書
(愛知学童保育連絡協議会)

1 放課後児童支援員等の処遇改善事業を消費税財源で実施するのではなく、運営費に組み込み、必要な財源を確保すること。
2 運営費の抜本的変更があるまでは、現行の放課後児童支援員等処遇改善事業の事務の簡素化及び条件の緩和をはかること。

2019年度国民健康保険料(税)に関する要望
(愛知県社会保障推進協議会)

1 2019年度国民健康保険料(税)は、引き上げを行わず、一般会計法定外繰入や基金の活用などを講じ、払える保険料(税)に引き下げてください。
2 18歳未満の子どもについては、子育て支援の観点から均等割の対象としないでください。当面、一般会計による減免制度を実施してください。

「学童保育指導員の資格と配置基準の堅持を求める意見書」の提出を国に求める陳情書
(愛知学童保育連絡協議会)

1 子どもの命と安全を守り、子どもの学童保育での生活を保障するために学童保育の職員配置基準等に係わる従うべき基準について堅持すること。
2 学童保育指導員の処遇を改善するために有効な対策を講じること。

奥山等のスギ・ヒノキ放置人工林を森林環境税で順次計画的に皆伐を進め、天然林に戻すことを求める陳情書
(一般財団法人日本熊森協会)

平成31年度の通常国会に提出される、森林環境税及び森林環境譲与税法案は、私有林の整備のために、毎年住民一人1000円の税を徴収し、620億円の税収が見込まれ、国は9割を市町村に、残り1割を都道府県に交付する予定です。このお金の使い方に関する陳情事項
1 奥山等に放置人工林を持つ市町村は
・人工林の林業用整備だけではなく、昔から祖先が天然林に残さねばならないと言ってきた、①奥山全域、②尾根筋、③沢沿い、④急斜面、⑤山の上3分の1の放置人工林を皆伐し、天然林化するための人材雇用や事業に使ってください。
2 山のない都市部・放置人工林を持たない市町村は
・水源の森がある他市町村の放置人工林の天然林化を支援することや奥山天然林を保全・再生することの重要性を国民や子どもたちに伝える環境教育に使ってください。