市民要望に応えられる「健康づくりと運動・スポーツについて」
タイトル市民要望に応えられる「健康づくりと運動・スポーツについて」
地区大府市
発行大府かわら版
1275
2016/2/7
日本共産党大府市議団
資料
リンク

内容

大府市議会では3つの各委員会(総務、厚生文教、建設消防)で年間の調査テーマを決め、学習や議員間討議を行い、大府市に対して提言や意見をまとめる取り組みを続けています。

久永議員の所属する、厚生文教委員会(福祉や教育などを中心に議論する)では、今年度、「健康づくりと運動・スポーツについて」をテーマとして調査・討議をしています。

          スポーツの普及に関する情報交換会実施

スポーツの普及をしても定期的に活動を行う施設が不足している。また、行事や求められる要求事項の増加などで、スポーツ推進委員の後継者を見つけられないという課題が出されました。

また、新設する体育館などの設計の段階で委員の意見が反映される仕組みでないために、多目的スポーツの仕様になっていないなど、施設が不足した上に、利用しにくい施設の現状を知ることができました。

                子どもの体力低下

脳の指令で思うように体が使えない、体がかたいなど、具体的な事例で、子どもたちの体力低下が示されました。

これらの情報交換会をもとに、最後に体育協会との情報交換を行い、厚生文教委員会として「健康都市おおぶ」にふさわしい改善内容となるようまとめていく予定です。

              スポーツ推進委員会とは?

市の文化スポーツ課に帰属する審議会。生涯スポーツを通じて、普段スポーツをしていない市民に、いかにスポーツ(運動)に触れていただくかを課題にして取り組みを行っている。

<主な取り組み>

◆平成26年度からミニテニスを中心に普及活動を実施。ミニテニス人口は300人を超え、スポーツ人口を増やしている。

◆認識度向上のため、いくつかのニュースポーツ紹介に取り込み、体験型のイベントを開催している。

◆総合型地域スポーツクラブ、スポーツ少年団へのビーチバレーボル大会の実施。

◆子ども会などに出前講座、指導者の養成など

             大府の街をどうするか公開討論会

至學館大学が、3月の市長選予定候補者2名による公開討論会を企画。学生を対象にしていますが、一般からの参加者も若干(今のところ10名程度を予定)受け付けますので、ぜひご参加ください。

 

期日 2月18日(木)13時~14時30分

場所 至學館大学12講義室    

             お話しする人  

           前大府市副市長  岡村ひでと さん

           前大府市議会議員  山口ひろふみ さん