政治の流れをかえる年に
タイトル政治の流れをかえる年に
地区東海市
発行東海読者ニュース
241
2016//1/3
日本共産党東海市委員会
資料
リンク

内容

 

この一年、子育て支援、介護問題、らんらんバス、降下ばいじん、災害対策等、市民の願いを議会に届け、実現にむけて奮闘してきました。また、「若者を戦場に送るな」と毎週金曜日のリレートークにも参加し、戦争法の廃止を訴えています。

 新年を迎え、皆さんの温かい励ましやご支援に感謝するとともに、暮らし、平和を守るためにひきつづきがんばります。

<12月議会傍聴>…福祉部長の発言に唖然!

東海市の12月議会の傍聴で、福祉部長が、辻井議員の質問「精神障害者の、らんらんバス乗車に対して他の障害者と同等にしてほしいがどうか?」の回答の中で、同じにできない理由に「身体的、知的の面で精神障害者は外出困難度は高くない」と発言した。

私はこの回答にいったい誰が発言したかと疑った。この部長は精神障害者の実態を知っていて発言したのかな。たとえ、そうでなくてもこの発言は問題であると思います。 養父・男性

 

<市主催の防災講演会で>…平和が命を守ると

 防災の第一の目的は“命を守る”と話された講師の先生は、最後の最後に、防災教育普及のため海外へ出かけた時の体験を話された。

 ミャンマーで、「日本は2個も原爆を落とされ、ペチャンコになりながらここまで進んだ先進国になった。そして、平和国家をつくってきた」と述べられたそうです。先生は今の日本を見て、『これからもお手本でいられる日本であり続けたい』と思われたそうです。私は感激して思わず先生に、私も同意ですと伝えた。 富木島・A