児童発達支援センターが建設されます
タイトル児童発達支援センターが建設されます
地区東海市
発行東海読者ニュース
236
2015/10/11
日本共産党東海市委員会
資料
リンク

内容

 

9月議会の一般会計補正予算で児童発達支援センター整備事業として5156万円が計上されました。

旧大堀保育園跡地と周辺の土地購入で面積約4400㎡の知的障害児(カトレア学園)と肢体不自由児(あすなろ学園)の通園施設を一体で整備するもので、土地購入と設計補助が主な内容です。

計画では、さつき福祉会が施主で2015年度に造成、設計、2016年度に工事、2017年4月に開所の予定です。施設の定員は知的障害児(カトレア学園)が待機児童対策として20人増の50人定員に、肢体不自由児(あすなろ学園)は20人減の20人定員としています。施設内には放課後等デイサービスも計画されています。

         マイナンバーは危険!

「個人カード」の申請は慎重に!

 マイナンバー(個人番号)12桁の個人番号を付番したカードが届きます。利用開始は来年1月からです。

 政府は便利で安全と言いますが、国民のプライバシーの侵害や、犯罪を招く恐れがあります。とりわけマイナンバーを他人に見られないようにしたり、紛失しないように管理するとともに、「個人番号カード」の申請は控え、普及させないことが必要です。

 日本共産党は来年1月の本格運行の中止を求めています。