6月定例町議会がはじまりました
タイトル6月定例町議会がはじまりました
地区武豊町
発行武豊町読者ニュース
1265
2015/6/7
日本共産党武豊町支部
資料
リンク

内容

 

6月定例町議会が3日開会されました。籾山芳輝町長が諸般報告を行いました。議会に提出された議案は報告3件、補正予算1件、条例改正2件、その他(工事請負契約)2件です。議案の主な内容をご報告します。
 一般質問が4・5日の両日行なわれます。梶田進議員の一般質問の内容についていは次号に掲載予定です
◎提出された議案の内容  
 
◇報告3件  
  継続繰越費計算書、繰越明許費繰越 計算書2件(年度内に執行できなかった 予算を次年度及び次年度以降に繰り越 した会計の報告)
 
◇平成27年度一般会計補正予算
 201万1千円の追加補正
  コミティー助成事業助成金
    180万円
  義務教育振興事業費
    21万11千円
  財源更生
   マイナンバー制に伴う電算機シス  テム改修費に国庫補助金が支出され  たことにより、一般会計から国庫補  助金に財源を切り替える補正
 
◇条例改正 
 ◆武豊町税条例改正
  ・主な改正内容は、
    マイナンバー制度導入に関連し   た条項の改正
    3級たばこ税の廃止に伴う税額   の改正
   現行5812円(1000本当り)の税が
   平成28.4.1 6812円に +1000円
   平成29.4.1 7812円に  +1000円
   平成30.4.1 9312円に +1500円
   平成31.4.1 12244円に +2932円  改正。1本当り、約6.4円増税になり  ます。(町税+県税)
   平成31年4月1日から20本入  りのたばこ1箱120~130円、  引き上げ(現行より)が予想されます。
  対象となる銘柄 エコー、わかば、  しんせい、ゴールデンバット、バイ  オレット、ウルマの6銘柄
 ◆国民健康保険税条例改正
  ・主な改正
    国保税の5割軽減、2割軽減世   帯の負担軽減措置を講ずる改正
 
◇工事請負契約  
 ◆地域交流施設整備工事(まちの駅)
  請負金額 1億789万2000円
  請負契約者 富川建設(株)
 ◆地域交流施設整備工事(外構)
  請負金額  9147万6000円
  請負契約者 (株)岩川組
 
 
       武器使用 定義も実態も武力行使戦争法案の違憲性明確に
日本共産党の志位和夫委員長が5月27、28両日に衆院安保法制特別委員会で行った質問では、戦争法案の違憲性・危険性が全面的に解明され、新たな事実も明らかになりました。
 その一つが、「武器の使用」と「武力の行使」を区別するという長年の政府見解に関して、「国際法上、軍隊による武器の使用という特別な概念や定義があるわけではない」ことを、外務省が公式に認めたことです(別項)。これは、歴代政権が進めてきた海外派兵の“正当性”を否定し、地球規模で米軍の戦争に参加しようとする戦争法案の根幹を揺るがす重要な事実です。
 戦後初の海外派兵法であるPKO(国連平和維持活動)法案審議の最中である1991年9月21日、政府は、自衛隊がPKOに参加した場合の「武器の使用」について、憲法9条1項で禁じている「武力の行使」と区別される概念である―との見解を衆院PKO特別委員会に提出しました。
 
 同見解は、「自己防護」のための武器使用は「自己保存のための自然権的権利」であり、そのための必要最小限度の武器の使用は「武力の行使には当たらない」と結論づけています。この見解は、その後の海外派兵法に踏襲されました。
 安倍晋三首相は海外での武力行使=いわゆる海外派兵は「一般的に禁じられている」と言います。一方で首相は志位氏の追及に、自衛隊が戦争法案に基づいて「戦闘現場」近くまで派兵して攻撃を受け、「武器の使用」をする可能性を認めました。(5月27日)