別サイト:『知多地区資料棚WEB』に              掲載されている内容の全項目                トップページへ戻る
 地区のページへ戻る 
 以下の内容は、別サイトの「知多地区資料棚WEB」に掲載されています。
 左のロゴをクリックすると、別ウインドウで「資料棚WEB」が開きます。
 その中でご覧になりたい項目をクリックしてください。
各市町議会の質問内容バックナンバーはここをクリック(別ページへリンク) 
各市町の日本共産党発行の地域新聞バックナンバーの全項目を以下に紹介します
半田民報バックナンバー
05年11月 ◆10月から、小学校入学前まで医療費(通院も)無料 ◆介護保険改悪やつぎばや ◆9月議会、一般質問の内容 <松本ことみ> ずさんなPCB処理計画、問われる市の姿勢 <山内さとる> 市民の暮らしを守るメリハリのきいた予算を <ませかずこ> 半田市の責務として、お年寄りの暮らしをどう守るのか
05年8月 ◆市が日本車輌と「PCB公害防止協定」 問題は、これから ◆ダイオキシン、全国最悪の原因が判明=県は市民には非公開、市も追認か。 ◆これで本当に男女共同参画社会になれるの? ◆6月議会、一般質問の内容 <山内さとる> 生活保護、成年後見制度、学童保育の充実を求める <松本ことみ> 市政2期目にあたって、政治姿勢と市政運営を問う <ませかずこ> 半田市は「老人福祉法」の精神にたつことを求める
05年4月 ◆国・県の悪政言いなりでなく、予算の中心は暮らし・福祉優先で=05年予算 ◆みなさんと力あわせ実現
◆「政治家(竹内元市長)の名誉市民」は同意できない ◆3月議会、一般質問の内容 <山内さとる> 市長の施政方針と予算への代表質問 <松本ことみ> PCB公害防止協定、名誉市民の基準は、非核・平和問題 <ませかずこ> 介護保険の質の確保と市の責任について
05年1月 ◆終戦60周年 いまこそ輝く平和憲法 ◆イラク・定率減税・介護保険など、「地方議会から声を」と意見書提出 ◆12月議会、一般質問の内容 <松本ことみ> PCB問題、住民説明会は市民との「契約」 幼稚園の園長はなぜ校長経験者? <ませかずこ> よりよい介護保険制度を求める <山内さとる> 「三位一体改革」について
04年10月 ◆子どもの医療費、通院・入院とも4才まで無料に ◆半田・阿久比合併、市民の意志と自主性の尊重こそ一番大切 ◆介護認定者(65才以上)の「障害者控除」の認定申請を ◆憲法改悪反対、人口過半数署名に協力を ◆9月議会報告 <山内さとる> 子育て支援の充実を、介護保険見直しに市の対応は <ませかずこ> 巡回バスの実施、高齢者の障害者の税控除について <松本ことみ> PCB廃棄物処理施設の建設問題、市の臨時職員待遇改善
04年1月 ◆自衛隊のイラク派兵中止を ◆請願を採択=子どもの医療費無料化引き上げ ◆12月議会報告 <ませかずこ> 市民の願いとかけ離れた合併論を批判 <松本ことみ> PCB処理施設問題にかかわる対応、使用料・手数料の見直しについて <山内さとる> 実のある子育て
03年10月 ◆PCB処理施設建設反対署名、9000名超す ◆ちょっと待った、押しつけ合併 ◆「財政危機」でくらし・福祉にもしわよせ ◆徳山ダム、「水あまり」の中、追加負担に不同意を
03年7月 ◆PCB処理施設を考える市民集会、日本車輌主催の住民説明会 ◆6月議会の報告 <ませかずこ> 巡回バスの復活を、市民の投票参加について <松本ことみ> PCB処理施設の問題点について、ゴミ収集の提案 <山内さとる> 市町合併問題、新美南吉を名誉市民に
03年3月 ◆県議選、日本共産党の政策 ◆市政政策、予算の中心をくらし・福祉へ
03年3月 ◆日本共産党の3議席で、暮らし守る半田市政を ◆3名の力で議会を変える
東海民報バックナンバー
05年10月
No.230号
◆9月議会報告 ◎議員定数削減 質問も封殺=審議抜きの強行採決 ◎虫明しんじ・・・自治体合併問題、市民との十分な対話を。合併の目玉、水道料金の引き下げに必要な財源確保できるのか。 ◎辻井タカ子・・・消防職員、基準より80人不足。来年度から採用を計画的に増員を。 民間木造住宅、無料診断の継続と補助金の増額を ◎松井高男・・・議員定数削減、事前の議案配布もせず、審議もつくさず、4削減強行 議会制民主主義否定の暴挙 ◎日本共産党提案、国の私学助成の拡充に関する意見書、賛成少数で不採択に
05年7月
No.229号
◆6月議会報告 ◎日本共産党議員団提案、障害者施設整備の財源確保の意見書=全会一致で採択 ◎辻井タカ子・・・市民の命・暮らし第一に、少人数学級考えていない、学校選択制は検討、近隣市町平均と比べ保健師5人不足 ◎松井高男・・・公害は依然として 農作物や市民生活に深刻な影響 名鉄に改善求める ◎虫明しんじ・・・中核市の必要経費試算していない。(知多北部合併「都市ビジョン案」の疑問点をただす。 ◎問題点多い指定管理者制度 ◎日本共産党議員団提出、障害者施設整備の財源確保に関する意見書、全会一致で採択 ◎降下ばいじん対策の強化を求める請願、全会一致で採択
05年1月
No.227号
◆12月議会報告 ◎乳幼児医療費無料化を拡充=17年度4月から実施 ◎虫明しんじ・・・水道会計から区画整理事業への補助制度を中止せよ ◎辻井タカ子・・・市民の暮らし・安全優先のまちづくりへ、企業も社会的責任を ◎松井高男・・・教育環境の整備・充実を、緑陽小・太田小にプール建設を、指定管理者制度の導入について ◎郵政事業改革意見書、全会一致で採択
04年10月号
226号
◆9月議会一般質問の内容 <松井高男議員> ペットボトル処理費用の増加対策を 公共施設の通年開館と時間延長を <虫明しんじ議員> 災害・倒産・失業等の時、国保医療費の減免実施を 空港開港にともなう環境対策を <辻井タカ子議員> 相次ぐ新日鉄で重大災害、社会的責任を求め市の監督指導強化を ◆小学校入学前、医療費「通院」も無料化へ ◆家具転倒防止に補助
04年8月号
225号
◆日本共産党提案の意見書、全会一致で採択 ◆6月議会一般質問の内容 <辻井タカ子議員> 50才以上の男性に前立腺ガン検診を 大池動物資料館の有効活用を <松井高男議員> 改善されない公害対策の強化を 数少ない自然林・樹林地の保全を <虫明しんじ議員> 合併協議会への助役の参加は疑問 来年は終戦60周年 平和行政の推進を ◆7月1日よりスタート  病後児保育事業  しあわせ村送迎バス
04年1月
223号
◆循環バス本格運行予算計上 ◆第5次総合計画に賛成討論 ◆12月議会一般質問の内容 <松井高男議員> 耐震補強計画の具体化を 公園に障害者用トイレを <虫明しんじ議員> 精神障害者入院医療費への助成を <辻井タカ子議員> 市民の健康が悪化している対応を ◆循環バスの小型化は採択  路線の拡大は不採択
03年10月号
222号
◆循環バスの拡充を求める請願署名提出される  日本共産党議員3名が紹介議員   市議会最高数 6940筆=継続審査に ◆9月議会一般質問の内容 <辻井タカ子議員> 循環バス路線の新設を 授産施設満員、来年度入所できず <虫明しんじ議員> 市町合併、市民の意向を尊重すべきは当然 新日鉄のガスホルダー爆発事故への対応は <松井高男議員> 国保加入者の生活状況は アンケート結果は「駅名はこのままで」=なぜ駅名変更か
03年7月号
221号
◆合併問題急浮上 市も認める=財政的メリットなしの中核市構想 ◆6月議会一般質問の内容 <松井高男議員> 特別養護老人ホーム・養護老人ホーム建設計画の具体化を <辻井タカ子議員> 性同一性障害に理解を 性別欄を廃止して  母親の声届く 誘致企業の公害対策強化を <虫明しんじ議員> 自治体合併は、住民の意思で ◆行革で市民の福祉が後退
03年4月
220号
◆県負担の肩代わり、県道建設に市税12億円投入(名半バイパス名和地区) ◆3月議会一般質問の内容
<虫明しんじ議員> 県道の建設は、県の責任と負担でと主張 <辻井タカ子議員> 育児不安・児童虐待に対する育児支援体制は確立されているのか <松井高男議員> 東海地震強化地域の」指定を受け、市の防火体制は ◆教育ひとづくり審議会条例の制定について
03年1月
219号
◆12月議会一般質問の内容 <松井高男議員> 水道料金値上げ反対 非核平和都市宣言の実施を  原爆・戦争パネル展、市で実施を 介護保険料・利用料減免実施 <辻井タカ子議員> 空き店舗を活用して商工業の活性化を 国民健康保険税に減免制度を実施し、生活困窮者の救済を <虫明しんじ議員> 長良川河口堰の飲料水問題 知多全体で取り組みを 公害防止協定の見直しを 保育園等の耐震調査結果 ほとんどで補強が必要
02年10月
218号
◆日本共産党議員団 乳幼児医療助成制度拡充に奮闘  小学校入学前までの通院医療費無料化 署名6131名の願い否決  市友会・緑水クラブ・公明党が反対 ◆9月議会一般質問の内容 <虫明しんじ> 水道料金 値上げ抑制・市民負担の軽減を <松井高男> 障害者支援費制度について 障害者からの不安の声に応えよ <辻井タカ子> 市民の期待に応え、便利で・親しまれる循環バスに
おはよう大府バックナンバー
04年4月 改革を訴える若きリーダーとともに、大府市政を変えよう ◆大府市民の選択=JR新駅をどうする(市民の税金を60億円も投入する)  改革を訴える若きリーダー・・・計画は白紙に戻します ◆若きリーダーの勝利で市政を変えて  日本共産党は提案します。 ◆市民の声を聞く気のない任意合併協議会
04年3月
号外
<大府市長選> 子育てしやすい高齢者・障害者にやさしい大府市政を 日本共産党は、無党派のたかば正人さんを応援します ◆むだづかいをやめ、暮らし・福祉優先の新しい流れに切り替えるチャンス ◆JR新駅建設、市町合併・・・あなたはどちらを選びますか、市民の声を重視するたかば正人さん。
03年9月号 ◆疑問だらけの3市1町合併問題 ◆太田川駅周辺開発に396億円 ◆どうなる豪華庁舎、合併すると新たな税 ◆新日鉄タンク爆発事故  原因究明へ日本共産党が行動、佐々木憲昭衆議院議員 ◆せこゆきこ衆議院議員、坂林たくみ、大府市長と懇談
03年8月号 ◆なぜ急ぐ 合併問題  市民不在の合併協議会 合併問題の本当のねらいは ◆ずさんな公金支出=JR新駅の土地購入 ◆下水道工事で談合発覚
03年7月号 市議選後初の定例市議会 ◆公約実現へきびしくせまる共産党3人の議員 <村上としひこ市議> 乳幼児医療無料化拡大を 30人学級の実現へ 耐震工事の補助件数拡大を <山口広文市議> JR新駅問題 合併問題 <森山 守市議> 保育園の施設・環境問題 共和駅周辺整備 小中学校の冷暖房整備 ◆ここが変です合併協議会
知多民報バックナンバー
05年11月 ◆法定合併協議会への移行は合併への道 ◆加藤市政2期目にあたり市民要望申し入れ(市民のくらしと市政をつなぐ会)
04年9月
234号
◆万博フレンドシップ事業 カタール国訪問へ240万円  「税金むだづかい」・・・市民から公開質問状   公開質問状への回答 ◆みんなで考えよう合併問題 講演会と意見交流会 ◆知多高・知多東高の統合後の高校名=知多翔洋高校 ◆東海市長(任意合併協議会会長)が合併推進の「住みくら会」の講演会に講師に
04年3月号
230号
◆「3市1町合併問題の学習会」自分のまちのことは自分で考えよう ◆合併協議会に住民参加を=知多北部任意合併協事務局と懇談 ◆知多市平成16年度一般会計 市民税(均等割)2500円から3000円に引き上げ ◆長浦駅トイレが改善されます。 ◆市民からの疑問=「市町の水道料金と下水道料普及率は?」
04年2月号
229号
◆平成16年度予算要望 温浴施設の調査研究・資源回収の拡大など 共産党市議団への回答 ◆住民おきざりで任意合併協議会発足 ◆自らが協議することを、事務局に質問する委員 ◆市民からの疑問「各市町の借金と貯金はどうなっているの」
03年9月号
225号
◆日本共産党衆議院候補発表=愛知8区:神谷とおる氏 ◆中核市は知多市民にはメリットない  岡崎市を視察 ◆被爆して58年、いまも原爆症に苦しんでいる=甲斐 昭さん ◆中核市問題を調査  東京都八王子市・埼玉県川越市  共産党市議団視察報告 ◆走れ CーBUS 鈴鹿市コミュニティーバス視察記
03年7月号
224号
◆合併は、知多市民にとってプラスなんでしょうか 大きいことはいいこと? ◆知多北部3市1町合併研究会とは  実質審議2会で報告書作成 ◆小学校入学前までの医療費無料化請願 不採択となる 公明党などの反対で ◆「200円はやっぱり高いんでないの」コミュニティーバス試行運転 ◆「ASR」ご存じですか  新日鉄名古屋製鉄所に
常滑民報バックナンバー
05年1月
No.543
◆松下議員への議員辞職勧告を決議 ◆12月議会 介護保険制度見直しに問題あり 大地震への備えは大丈夫か ニュータウンの整備中止を 樽水線の整備をすすめる
04年10月
No.540
◆常滑市、空港対岸部進出企業に「優遇策」 ◆9月議会報告 <佐々木しずえ議員> 平穏で安全な生活環境を守るため、航空機騒音対策を万全に 福祉事業の連携強化のため、地域福祉センターの建設を 空港関連税収と中期財政計画について <沢田のぶや議員> 陶芸・陶業両輪の発展を ◆市民要求をもとに、市長に申し入れ  予算編成要求
04年1月
No.535
◆自衛隊のイラク派兵反対を求める意見書(案) 他会派反対で提出できず ◆12月議会報告 <佐々木しずえ議員> 地域に密着した産業振興について 空港道路・鉄道などによる影響が心配 住民の健康・環境調査をおこなえ 市民病院 介護療養型病棟新設と地震対策は <沢田のぶや議員> 常滑高校・常滑北高校の統廃合を許さない運動を ◆介護保険制度の改善と介護サービスの充実を求める請願 多数の市民の願いを議会は不採択に 請願署名数に誤り 「介護の会」はずさんな管理に抗議
03年7月
No.530
◆市職員による横領事件 日本共産党議員団=市長の責任を追及 ◆特別委員会等設置   臨空都市・市町合併を調査研究 ◆地方税法改悪  配偶者特別控除廃止で市民に7000万円の増税 ◆6月議会報告 <佐々木しずえ議員> 介護保険料の減免 知多5市で未実施は常滑だけ 市町合併に関する常滑市独自のシミュレーションを <沢田のぶや議員> 常滑駅周辺区画整理事業を中止せよ ◆学校の雨漏り・タイルのはがれ 夏休みに改修
03年3月 ◆空港関連事業で、2003年度33億円 その一方で市民に冷たい市政 ◆日本共産党の2議席で 空港関連事業よりも、市民生活を大事にする市政を
02年10月
No.520
◆日本共産党 INAX常滑工場閉鎖に申し入れ ◆9月議会報告 <佐々木しずえ議員> INAX工場閉鎖 地域経済守る施策を 市町村合併 公正・客観的な情報提供を 介護保険 保険料・利用料の減免を 知多横断道路用地の強制収用はやめよ ◆市政・暮らしに関するアンケートの集計結果
あぐい民報バックナンバー
05年10月
町議団ニュース
No.2
<9月議会報告> ◆04年度決算、暮らし・福祉中心はつらぬかれたか ◆「終戦60年、非核平和事業推進決議」、日本共産党提案、不採択  「核兵器は有効、9条にこだわるな」=三留議員が反対討論 ◆議員定数削減の請願を否決 ◆一般質問の内容 <杉野あきら> ゴミ処理広域計画について <枡内みとこ> アスベスト対策は万全に 学童保育の充実を 「まちづくり懇談会」のあり方が一方的では
05年7月
No.179
◆6月議会報告 <杉野あきら> 侵略戦争を美化し、歴史をゆがめる「つくる会」教科書 ◆解説、教科書採択とは <枡内みとこ> 障害者支援法の問題 成年後見制度の活用を促進するために ◆極端な議員定数削減は、議会の形骸化につながる ◆「人にやさしい阿久比町政の会」がゴミ回収活動
05年4月
No.178
◆阿久比のまちづくりアンケート、たくさんの回答をいただきました  すぐに町に交渉するなどの手だてをとります  よく政策を練り、町の課題として町民と力あわせ実現します  ご意見・ご提案を今後生かします ◆やさしい町政の会が放置ゴミ集めの活動 ◆3月議会の報告 阿久比町行政改革大綱と実施計画発表について 05年度町予算の内容から、実現しました、サービス低下 <杉野あきら> 町の施設管理を民間委託する「指定管理者制度」について ゴミ処理施設大型化とからみ、「東部知多衛生組合の基本計画」は <枡内みとこ> 誰もが通える学校へ、英比小学校を拠点校に 行政改革と補助金、災害対策に万全を、エスペランス丸山にピアノを
05年1月
No.177
◆半田市との合併協議会設置、大差で否決 ◆住みよい町づくりに全力、日本共産党の提案 ◆12月議会の報告 <杉野あきら> 来年度予算編成と「三位一体改革」 町有地の草刈り 宅内漏水の料金軽減措置について 粗大ゴミ <枡内みとこ> 町の将来を展望し、合併を考える 阿久比グランドの活用を広げよう 男女平等社会をめざして
04年12月
No.176
◆投票には、合併協議会設置に「反対」とお書きください 12月26日は、住民投票です。 「私たちの阿久比を大事にしたい」は、住民多数の声です 合併協議会は合併をするための協議をおこなう場です 合併を主張する議員の無責任な言動 ◆半田市との合併は、阿久比町のためになりません より厳しい財政状況の半田市と合併して、「財政危機」が解消するのか 財政効果の大半は半田市の大型開発へ=阿久比町のメリットは見込めません 阿久比町は、自立した町運営は可能です。
04年10月
町議団ニュース
 No.1
◆半田との合併も、半田市・阿久比町合併協議会設置も、賛成できません。 合併推進の人たちの3つの誤り (1)「国策だから」でなく、地方自治が基本 (2)合併協議会は「合併するか、しないかを話し合う場」なのか (3)「合併特例債」は借金です ◆合併したらもっと大変になります。 ◆住民本位のまちづくりこそ大切◆04年9月議会 一般質問 <杉野明>暴風時における登下校の対応 中部空港開港に向けたアクセス問題 防災ため池の管理は町で <枡内みとこ> 阿久比町の保育行政、さらに発展を バリアフリーの促進を
04年9月
No.174
◆町民の声がとどく阿久比のまちづくりを 半田との合併は町民のためになるか。日本共産党町議団は合併協設置に反対 賛成4名、反対13名で否決されました。 住民不在の合併協設置請求、合併しないとやっていけないか、合併特例債などの「優遇措置」は大いに疑問 ◆合併問題:一問一答 合併協は合併の是非を検討するところ? 広域のサービスはどうなる? 「対等合併」でも事実上吸収合併に? 合併すると税金や公共料金はどうなる? ◆国による押しつけにこそ根本的問題が
04年8月
No.173
◆04年6月議会 日本共産党町議団 要求実現へ奮闘 BSE対策で、死亡牛処理に1頭あたり1万円を助成 ◆6月議会一般質問の内容 <杉野明> 次世代育成支援 公民館等の申し込み 介護保険制度見直しについて <枡内みとこ> 地区公民館のバリアフリー化の進捗状況 非核都市宣言 自主防災会の強化のとりくみについて ◆阿久比・半田合併 自治体が大きくなることは、住民にとってプラスでしょうか 「住民請求」にもとづき、8月後半に臨時議会開会 ◆まちづくりはどうなる? 行財政の状況(半田・阿久比) 合併特例債があるうちに合併すべきか? 合併すれば、240億円の特例債が活用できると言いますが、実際はどうでしょうか。 地方交付税は減らされるの?
04年4月
No.172
◆石川町政がきずいた「予算の主役は福祉」の町政を後退許さず発展へ 3月議会で奮闘 子どもの医療費無料制度を通院も5才未満児まで拡充 ◆なぜ04年度予算案に反対したか ◆04年3月議会一般質問の内容 <杉野明> 国の三位一体改革における町財政について 畜産農家の死亡牛処理に助成を <枡内みとこ> 宅内漏水での水道料金の軽減免除を 家具の転倒防止器具の取付支援を 「町長への手紙制度」の再開を ◆県に河川等の補修改善を要望 町長にBSE問題、死亡牛処理で申し入れ 憲法守れと共産党支部が毎週署名・宣伝
04年1月
No.171
◆自衛隊のイラク派兵中止せよ ◆憲法改悪、消費税増税許しません ◆03年12月議会一般質問の内容<杉野明> 国民健康保険の減免制度について 知多南部2市4町広域まちづくり研究会について <枡内みとこ> 妊産婦検診の無料回数の拡大を 参政権行使の尊重を 精神障害者福祉の向上のために ◆意見書決議 強大な徳山ダム、問われる必要性 建設負担増反対決議全会一致で採択 基礎年金、国庫負担2分の一に=公明党のぞき賛成多数で採択
03年9月
No.170
◆水道料が高い!飲み水が不安! 請願署名3039人提出 日本共産党以外すべて反対で否決される 阿久比町の水道料金は高い   水道料金は値下げできる、問題は町の努力 ◆知多南部2市4町合併(半田・常滑・阿久比・武豊・美浜・南知多) ちょっと待った! なぜ2市4町? 町が独自に発展する道は?
 合併特例債で借金漬け、住民の負担増も 阿久比町のビジョンを示せない町長 ◆日本共産党町議団、平成14年度決算に賛成
03年7月1面
03年7月2面
No.169
◆6月議会一般質問の内容 <杉野明> 子どもの医療費の無料化について ちびっ子広場要項改善 <枡内みとこ> 学校給食への地元農産物活用の拡充を ほたるサミット 所得の低い世帯の字費減免問題市町合併 ◆就学前子どもの医療費、来年度全額無料化へ ◆6月議会市町合併論議 「合併問題調査特別委員会に関する決議」に日本共産党反対討論 ◆「水道料金値下げ、水源を木曽川に」署名にご協力を◆50周年記念事業関連予算=ミニコンサートに638万円
03年4月一面
03年4月二面
No.167
◆町民の願い実現します  杉野明 6つのプラン ◆阿久比町政にどうしても必要 日本共産党の2議席 ◆草の根の声を政治に活かす日本共産党
03年3月杉野
03年3月枡内
03年3月二面
No.166
◆暮らしの声を町政に活かす 杉野明・ますうちみとこの3つの約束 ◆住民の立場でスジを通し、後戻りを許しません  <3月議会報告>  ふれあい昼食会を続けて  介護保険料低所得者減免「3年研究してから」でなく今すぐに  循環バス検討委員会で「時期尚早」と ◆この4年間石川町政に責任持ち、皆さんと力あわせ実現しました。
03年1月
No.164
◆地方自治の理念と公正な選挙に反する 「竹内町長の疑惑」ますます深まる 日本共産党:杉野・枡内両議員と他会派の議員も12月議会で追及 竹内町長、訪問を認める。物品を渡したことは否定。 ◆福祉とくらし中心、住民主役の町政をまもり、あともどりさせません <12月議会、日本共産党が提案> 乳幼児医療就学前全面無料化 「支援費制度」に町独自の上乗せを。 介護保険の減免を 耐震改修・改築工事への補助制度創設を 議員定数削減では、町民の声が町政に届かない。
03年正月
No.163
◆くらし福祉優先で「町民こそ主人公」の町政をさらにすすめます ◆石川町政がめざした「人にやさしい町政」の発展へ、日本共産党議員団が必要です。 ◆日本共産党阿久比町議団の実績 ◆町長選での「カステラ疑惑」、町長はきちんと説明を
02年9月
No.162
◆9月議会 石川かつら町長 決意の答弁 4年間これだけの新しい仕事をしました 阿久比町政は確実に変わっています ◆水道料金値下げ=方法さらに検討(石川町長) ◆住民とともに改革進める=9月議会での一般質問 <杉野明> 水道料金、加入者負担金は料金軽減のための財源に振り替えを <枡内みとこ> 入札予定価格の事前公表を ◆情報公開は、請求手続きだけでなく、課長判断でも公開できる
02年7月
No.161
◆阿久比町6月議会 第4次総合計画 名鉄グランド購入決まる ◆蟹田川工事代金に支払い問題が解決◆石川町長答弁 ◎情報は必要に応じて積極的に公開 ◎「石川だから事業を渋る」は事実と違い、県政への不信 ◆一般質問の内容 <杉野明> 高い水道料金の値下げ実現へ 道理ある提案 <枡内みとこ> 椋岡地区防火対策=消火栓、貯水槽設置しますと答弁 障害者福祉の抱える問題の打開を
東浦民報バックナンバー
05年11月号
第292号
◆知多北部任意合併協議会、「住民意識調査」アンケート問5の4「協議終了」に○を  法定協の設置は住民投票で 新市都市ビジョン、合併で浮く財政は市の中心部に 任意協議会は税金のむだ遣い ◆06年度予算編成にあたり、介護保険料の軽減など申し入れ ◆体力は十分あり、非合併の道を求める
05年10月号
第291号
◆9月議会 合併問題への関心度、きわめて低い 分譲マンション集会室などへの補助を 石浜黒鳥住宅のガケの防災対策を求める 安心して子どもを生み、育てられる社会を 災害物資調達に12業者と協定(イオンが除かれる) 高すぎる戸別受信機、購入価格下げる
05年7・8月号
第290号
◆バラ色に描く新市都市ビジョン案、疑問点を出し合いましょう=タウンミーティング ◆「投資余力」は中心市街地に集中か
05年6月
第289号
◆再び戦争に従う「人づくり」教育を目指す教育基本法改正 ◆とんでもない障害者自立支援法案=障害者に「応益負担」 ◆知多北部合併問題  町長=5万人くらいの市では将来対応できない  広瀬勇吉=本町の財政力は、単独で自立、十分できる ◆民間木造住宅、耐震工事の助成期間延長を ◆名鉄利用者アンケート、乗り継ぎを便利にして
05年4月
第286号
◆合併効果を過大に描く、投資余力のごまかし ◆農業委員選挙にあたって=平林良一 ◆自民・新憲法要綱、9条全体の廃棄をねらう
05年2月
第284号
◆9条を守る運動を ◆市町合併を問う=(6) 名ばかりの「住民参加」  規定方針、動かぬスケジュール
◆介護保険制度第改悪 定率減税縮小・廃止の大増税 ◆日本共産党知多地方議員団、かりや市民ボランティアセンター視察
04年9月
No.281
◆就学前医療費「通院」も無料化 来年4月から実施 ◆中部空港、名鉄ダイヤ、通勤列車に影響は ◆被爆60年 来年は非核・平和宣言10年の節目 ◆知多北部合併問題 住民置き去りを批判 ◆暴風時の登下校、今後は柔軟に対応する
04年2月号
No.278
◆国が推し進める押しつけ合併 知多北部財政メリットはない!  各市町の借金と貯金は  住民置き去りで任意合併協議会発足  1年半で新市構想  各市町4人の委員で住民の声が反映できるの? ◆知多地方議員団、知多建設事務所へ道路改修など要望
04年1月
No.277
◆児童虐待防止に 町に相談窓口を ◆イラクへの自衛隊派遣「反対」 ◆なぜ公務員給与引き下げに反対したか
03年9月
No.274
◆3市1町合併問題 自治体が大きくなることは 住民にとってプラスでしょうか 事業者には新たな増税が みんなで考えよう「市町合併」 ◆「中核市になれば」住民サービスの向上になるの? 岡崎市を検証 2452件のうち25件だけ 合併・中核市で仕事が増え、財政負担増でメリットなし。 岡崎市の場合20億円 市への昇格で、町民には増税=住民税の引き上げ、農地の宅地並み課税
03年7月1面
03年7月2面
No.273
◆知多北部3市1町合併  来年1月に任意協議会設置へ ◆就学前の子どもの医療費無料化を=共産党以外オール与党が否決 ◆石浜地区に工場進出計画  優良農地を転用か ◆市町村合併を問う(2) 「合併ありき」急浮上
03年6月1面
03年6月2面
No.272
◆議会人事 民主的配分こばみ多数で押しつけ  あからさまな論功行賞人事 ◆東浦町議選の結果について ◆耳鼻科誘致に大きな反響 ◆市町合併を問う(1) 国県行政主導型で強行か ◆公約実現に全力をあげます 3氏が決意表明 各議員の所属委員会
03年4月一面
03年4月二面
No.270
◆大企業には税金お返し優遇策=5年間8億4千万円 町民負担強いるオール与党  介護保険料値上げ、敬老祝い金を削減 町民の暮らし・福祉を応援する日本共産党の3議席 ◆国保税(介護分)の引き上げ中止を 広瀬議員 据え置きを要求 広瀬勇吉のお約束 藤塚ちびっ子広場修繕を=15年度実施する
 全町民を対象にした公聴活動を求める 住宅修繕助成制度を=検討課題と約束 平池上汚水処理施設の大規模修繕に、国県の補助を=該当するか協議したい
03年3月一面
03年3月二面
No.269
◆町民一人一人が大切にされる町政に 東浦町議会議員 広瀬勇吉 健保3割負担凍結へ  日本共産党 町内医師と共同提案 イラク戦争に反対 平和解決求める意見書を いっせい地方選にあたっての政策 ◆日本共産党 ゆたかな実績 公約実行
03年1月@
03年1月A
No.268
◆新春の決意 日本共産党町議団の4年間の活動 ◆12月議会 山田しんご議員質問  介護・国保、いずれも低所得者に重い負担 ◆12月議会 平林良一議員の質問  市町村合併「小さい町は自治体でなくなる」 ◆イオンのたばこ販売、地元にたばこ税還元なし ◆言論の府の町議会 一般質問を時間制限でしばる
02年11月@
02年11月A
No.267
◆飲み水は元の木曽川に 知多5市5町に要請行動 日本共産党町議団 授産施設サンライズヒル訪問 税金の使い道ただし、町民の暮らし・福祉を守る町政の監視役=日本共産党 ◆いまなぜ市町村合併か 住民にとってプラスなのでしょうか
02年10月A
02年10月@
No.266
◆介護保険料値上げしないで ◆住基ネット 個人情報の漏洩は防げるか ◆非核平和都市にふさわしい町民憲章に見直しを ◆合併は市民が主役 3市合併メリットない(町長) ◆住民アンケート 「東浦に愛着がある」 合併反対が賛成を上回る ◆大府駅ホームのバリアフリー化 ◆トーエイ(株)に異例な指導 町反省を求めず、「契約変更」を促す
02年9月@
02年9月A
No.265
◆日本共産党町議団に寄せられた101項目の住民要望実現に向け奔走 防犯、パトカーの巡回強化を=半田署 ◆安全でおいしい水=飲料水源を木曽川に戻して ◆9月議会、住民アンケートに答えて、耳鼻科誘致、地震対策強化を求める ◆町の委託業者トーエイ(株)、町の土地・賃貸条件を逸脱 ◆高根公園の安全対策を求める トイレ、飛び出し防止策、手すりを設けます
新たけとよバックナンバー
05年10月号
No.175
◆小泉首相の靖国神社参拝に反対する意見書を賛成多数で採択(一面) ◆衣浦港3号地埋立問題シンポジウムを開催(4面) ◆9月議会報告 梶田稔=日油の綿火薬爆燃・火災事故の再発防止を 梶田進=鎮守の森を文化財に、3号地埋立は住民の意見尊重を、ゴミ広域化処理 小西幸男=介護福祉制度の改善・拡充を
05年7月号
No.174
◆住民基本台帳閲覧制度見直しを求める意見書、全会一致で採択 ◆衣浦港3号地調査特別委員会を設置 ◆梶田稔議員が町議会副議長に ◆あおぞら学園の施設整備など、補正予算の内容紹介 ◆衣浦3号地、産業廃棄物による埋立問題、環境への影響に不安の声 県環境部が町議会全員協議会で説明 ◆6月議会の報告 梶田稔=住民基本台帳閲覧制度の見直しを、指定管理者制度の導入は慎重に 梶田進=暮らし・福祉守る町政を、行革の視点は、行政評価システムの導入は、職員の通勤手当のあり方について 小西幸男=「新予防給付制度」の適用は、介護認定外の人も含まれるか 現在の介護予防事業の継続を、宅老所の設置を
05年4月号
No.173
◆小学校入学前まで、入院・通院とも医療費が無料になります(今年10月から)  水道料金が平均2・98%安くなります  四畝踏切が改良されます  被爆クスノキの植樹 ◆障害者に大きな負担を強いる、障害者自立支援法案、武豊町議会が意見書を全会一致で採択 ◆3月議会報告 梶田稔=公用車用燃料購入のあり方に疑義あり、道路整備計画の推進を 梶田進=議会費の削減を、私学助成のいっそうの充実を、税改正の影響は、ゴミ問題について、平和行政の充実を 小西幸男=障害者福祉の充実を、自立支援法え大幅な負担増、介護保険について、町営住宅に集開所を
04年12月号
No.172
<04年12月議会報告> ◆定率減税縮小・廃止に関する意見書、全会一致で採択 ◆梶田稔議員の質問  町民会館の運営改善、町南部の保全構想の具体化を ◆梶田進議員の質問  暮らし・福祉守る予算編成を  国保・医療費個人負担に減免措置を、乳幼児医療費無料化の就学前まで拡大を、公共施設の耐震化の促進、個人住宅の建て替えにも助成を、  知多東部線終点部分の安全対策を、名鉄知多武豊駅にエレベータの設置を ◆小西幸男議員の質問  障害児保育の充実を、母子通園施設開園の経緯と障害児保育の現状は  同報無線について
04年10月号
No.171
<04年9月議会報告> ◆BSE全頭検査維持に関する意見書  政和クラブ・公明党の反対で不採択に  六貫山線街路改良工事入札結果 ◆梶田稔議員の質問  非核平和行政の推進を、談合防止の一環として電子入札制度の導入を  プールの開放日数を増やせ  暴風雨警報発令時の対応は ◆梶田進議員の質問  「三位一体改革」の影響は  中部国際空港開港に向けて 児童クラブ設置基準について ◆小西幸男議員の質問  介護保険制度の改善・充実を、公衆トイレの設置・改修を
04年7月号
No170
<04年6月議会報告> ◆死亡牛処理に一頭あたり一万円を助成 町民館条例に修正案 ◆梶田稔議員の質問  入札および物品調達の改善を、子どもの読書活動推進法の具体化を ◆梶田進議員の質問  指定ゴミ袋制度の導入について  水あまりの中、徳山ダムの建設費は水道料金引き上げにつながる  飲料水の取水を木曽川に  親水公園の水質保全 ◆小西幸男議員の質問 介護保険制度の充実を  障害者控除について  特養ホームは平成19年開所予定  公営掲示板について
04年4月号
No.169
<04年3月議会報告> ◆町3役、教育長、議員の報酬カットを提案  政和ク、あゆちク、公明党などの反対で否決 ◆梶田進議員の質問 安全・安心なまちづくりを  「三位一体改革」の深刻な影響  国庫補助金が1億6百万円減  指定管理者制度で住民サービス低下が心配 ◆小西幸男議員の質問 多賀授産所の拡充を  一人暮らし老人に支援を  火災報知器は日常生活用具給付事業で  六貫山線の道路、改良工事で不満の声 ◆梶田稔議員の質問 BSE対策の拡充を、死亡牛処理費に助成を  高齢者世帯の水道料金の見直しを  35人学級の実施を  合併問題の研究資料を全面的に公開せよ
04年1月
No.168
<03年12月議会報告> ◆イラクへの自衛隊派遣反対、障害者、青年の雇用、年金制度確立など4意見書案を積極的に提案 ◆梶田稔議員の質問  知多南部2市4町広域まちづくり研究会は? 事実上破綻したのでは ◆梶田進議員の質問 公共料金を引き上げることなく、住民の暮らしを守る予算編成を 重大災害時の通報体制の整備を  消防本部から通報  町内のタンク等は 万博入場券販売について ◆小西幸男議員の質問 福祉施策のいっそうの充実を  受領委任払い制度の導入を  乳幼児医療費無料制度の拡充を  妊産婦検診の拡充を  交通阻害物の移設を  消化器格納庫の補修
03年10月
No.167
<03年9月議会報告> ◆県立武豊高校の存続を求める意見書  全会一致採択 いよいよ町道六貫山線の拡幅改良工事 ◆梶田稔議員の質問 小さくても「ぴかりと輝く」町づくりを 第4次総合計画に基づくまちづくり  合併すれば財政力が強化されるのか 一部事務組合で広域サービスは可能では  合併問題にたいする町長の基本的姿勢は  耐震診断の促進を  公共施設の耐震化予算の増額を ◆梶田進議員の質問 住民の暮らしや福祉を守る予算編成を ◆小西幸男議員の質問 心身障害者医療費助成制度の改善を  ゴミ回収の改善を  空港ゴミの処理は
03年7月
No.166
<03年6月議会報告> ◆消費税率引き上げに反対する意見書 武豊緑地グランド施設整備工事に667万8千円計上 富貴小学校校舎改築工事 3億2235万円で岩部建設と契約 ◆梶田稔議員の質問 町営住宅「入居のしおり」見直しを 万一に備えてSARS対策を 住基ネットの厳格な運用を求める 県立自然公園見直し ◆梶田進議員の質問 役場・公民館・学校など公共施設内での受動喫煙防止対策を 市街地にある緑地の保全を ◆小西幸男議員の質問 鹿狩池周辺の整備を 資源ゴミの再利用と高齢者・障害者の雇用促進を
美浜民報バックナンバー
05年7月
146号
◆「塩の館」の使用料、2ヶ月で3倍に引き上げ ◆6月議会の報告 中野清孝議員=川田都市下水路の排水計画は、平和教育を、自立支援法改悪対策は、公共施設を民間にまかせるな 鈴木美代子議員=学童保育実施まであと一歩、道路責任者として適切な交通安全対策を、来年度の教科書採択における教育委員会の見解は
05年4月
145号
◆2町の合併を問う住民投票、圧倒的な数で反対 ◆平成17年度予算、「トライアスロン、鵜の池整備」ムダな公共事業やめよ ◆3月議会報告 中野清孝=町民を混乱させた責任をとれ、航空機騒音が大きすぎる 鈴木美代子=辞職して町民に信を問うべきだ、町内の戦争史跡で平和教育を
05年2月合併問題大特集第二弾
144号
◆広報みはまの「187億円財政支援」は、間違い。修正版の再発行を要請。   日本共産党美浜議員団の抗議で修正 ◆愛知県下最低の福祉水準、こんな美浜に誰がした  ハコモノづくりの合併ではいっそう困難に ◆合併しない方が、無理のない財政運営。地方交付税は漸増、借金返済は低水準。  なぜこれらのデータを隠すのか ◆「南セントレア」では、町民だけでなく、日本中の笑いものに 新市名アンケートに惑わされずに、合併に反対して、美浜らしい町づくりに全力を 合併反対に「○」を
05年2月 合併問題大特集
143号
◆新市名称アンケート、住民投票と同日実施は不当 ◆財政問題、合併すればいっそう困難に=「地方交付税が減る」はウソ  国保、「現行のまま」はごまかし ◆合併特例債は、本当に「最大のメリット」か? 合併特例債で新たな負担31億円に、農地にかかる税金が2・24倍に ◆水道料金は、合併後値上げ? ◆本当にピンチなのは、美浜の方ではないのか?  貯金わずかに町民一人あたり12円73銭 ◆ここにもウソとごまかし=単なる歳入総額の差を「187億円の支援あり」と偽り
05年1月
142号
◆住民投票が2月27日に決定  合併したらもっと大変になります ◆12月議会報告 中野清孝=水道料金は据え置き?、合併後すすに値上げ。 鈴木美代子=合併を決める前に、すべての情報を町民に  国民健康保険に医療費の減免制度を
04年10月
第140号
<9月定例会>報告 ◆教えてください、なぜ合併なの 美浜・南知多任意合併協議会開催 負担ばかり増える合併はごめんです。水道料金は値上げになるの? ◆塩の館建設を撤回せよ(中野清孝議員質問)
  音吉顕彰事業の私物化をやめよ ◆なぜ、南知多との合併を急ぐのか(鈴木美代子議員質問) 暴風時の児童生徒の登下校問題 学童保育の実施を
04年9月
第139号
◆これでいいのか、住民不在の美浜・南知多駆け込み合併 誰も考えなかった2町合併、ビジョンも枠組みの説明もなくいきなり発進 町長も「単独で十分やっていける」と発言、町当局も「2町合併に大義や目標もない」と合併研究会答申。 ◆2町合併で住民の暮らしは良くなるのでしょうか。 合併特例債はメリットどころか、財政悪化に。 住民投票で合併の是非を問え
04年8月
第138号
<6月定例会>報告 ◆なぜ、いま合併が必要なのか 美浜・南知多合併任意協議会設立 ◆ちびっ子広場にトイレを(中野清孝議員の質問) ◆なぜ、任意合併協議会を発足させるのか(鈴木美代子議員の質問)
03年7月
第134号
<6月定例会>報告 ◆議長は議会制民主主義守れ 前代未聞の町長答弁、議会ルール無視  町長が一人で43分間答弁し続け、中野議員の発言権を阻害 ◆齋藤町長、理不尽な答弁繰り返す。(中野清孝議員の質問) ◆合併ありきの論議は許せない(鈴木美代子議員の質問)
南知多民報バックナンバー
05年4月
No.168
◆日本共産党、町議選予定候補を発表 ◆日本共産党の2議席は、国の悪政やワンマン町政とたちむかう力強い議席  一人でも皆さんと力あわせ数々の実績、二人になれば暮らし・福祉守る抜群の力 ◆合併是非の住民投票の結果=町民は、南知多町が単独で発展する道を選びました。町長:「町民にツケがまわるよ」 ◆住民の要求を町政に反映するため、住民アンケートを実施 ◆町民の声が届く議会へ、議会改革を申し入れ
05年3月
No167
◆住民投票、合併反対が圧倒、町民の良識で合併協議会が解散 ◆森下町長、「住民にツケがまわるよ」と重大発言 ◆合併賛成派の議員が議員定数削減の動き
05年2月
No166
◆美浜との合併に反対しよう=合併したら二度と戻れません ◆町長はどっちを向いているの? ◆2月27日、住民投票にお出かけを。「反対」に○をつけてください ◆都合の悪いことは言わず、あとは白紙委任 都市計画税で10年間に6億8千万円の負担増 サービスセンター、合併を決めた後に「廃止」ではこまる 合併で、住民の合意もなく学校統廃合
05年2月
No165
◆新市の名称=南セントレア市=第二回法定協の2日前に美浜町長が重大発言=「あっと驚く名前になりますよ」 ◆住民不在の合併を証明する名称決定の経過 ◆合併推進へ、ご都合主義の「広報みなみちた」 「地方交付税が減る」は本当か。国保税、合併翌年には引き上げ
05年2月
No164
◆南知多・美浜合併、負担増とサービス削減の3つの大問題  2月27日、住民投票で町民の明確な判断を ◆南知多町民にとっての大問題  合併6条件、都市計画税、水道料、市役所は美浜に、新市名称「南セントレア」 ◆財政問題、合併すればいっそう困難に  合併特例債で新たな借金31億円に、「地方交付税が減る」はウソです ◆住民頭越しのかけこみ合併
05年1月
No163
◆12月議会報告 美浜町との合併の是非を問う住民投票条例が成立 直接請求署名数=2299が力に
 町長、委員会審議に介入。渡辺議員がき然と「退席を求める」 ◆美浜町・南知多町合併協議会設置を可決 ◆住民投票は2月27日 ◆こんなにある問題点  都市計画税、市街化農地の宅地並み課税、国民健康保険税は合併翌年に引き上げ、水道料金は現行通り3本立て、市役所は美浜に、離島のサービス切り捨て、学校統廃合
04年12月
No.162
◆美浜町との合併、住民説明会の資料を分析すると 合併特例債事業で新たな負担31億1400万円 ◆これで合併か? 新市の財政計画は「数字を合わせた」=住民説明会答弁
04年12月
No.161
◆これでいいのか!重要6項目は「条件」と迫られ、つぎつぎと譲歩 当初から受け入れた都市計画税の復活。水道料金は現行の三本立て。「南知多町において、二校の統合をすすめるものとする」と修正。島の支所はサービスセンターに、内海・師崎サービスセンターは見直し。 ◆森下町長、議会には「これから協議をすること」  任意協では「条件」と言われ、反論せず ◆第4次南知多町行政改革大綱
04年10月号
No.160
<9月定例議会>報告 ◆美浜町との合併、「大筋で決まれば、18年3月31日までに詳細を決めていく」と森下町長。 ◆全小学校、耐震性に不安 内海中学校校舎も ◆落橋防止対策済み、豊丘高架橋および豊丘大橋のみ ◆負担ばかり増える合併はごめんです。 ◆合併の是非は住民投票で決めましょう
04年10月
No.159
◆ちょっと待った! 合併推進 町民の思いとかけ離れた論議です。「庁舎は美浜町に」(第3回任意合併協議会)  南知多町民の利便は切り捨て 町長・議会代表の態度はこれでいいのか 町は単独で十分やっていけます。 反対を書くところがない「意向調査」 ◆南知多町・美浜町 合併が決まったわけではありません。合併の是非は住民投票で決めるべき。 ◆合併の是非を問う住民投票が開始されました。 ◆住民無視のかけこみ合併
04年9月
No.158
◆いまなぜ合併か  住民置き去りの合併は困ります  当局も認める「2町合併に大義や目標はない」  合併の条件は「住民サービス切り捨て」 ◆合併しなければ町はやっていけないか?  合併すれば、財政は解決するどころか、深刻に。自立した行政と財政を追求する条件は十分あります。合併すれば交付金はさらに減り、借金が増える。
04年7月
No.157
<6月定例議会>報告 ◆両町合併検討会まとめの重要事項 南知多町民の住民サービスの切り下げを列挙 「そのような話が出された」と認める。 「町民の幸せのため」はリップサービス? 森下町長「美浜との合併で町民はしあわせになれるか」の問に答えず。 ◆南知多町・美浜町の合併の場合、合併特例債対象事業総額151億1千万円 ◆町民の願い 4つの請願すべて不採択
04年1月
No.156
<12月定例議会>報告 ◆推進中の公共事業はつづけ、乳幼児医療費助成制度の拡大要求はしりぞける ◆篠島新港の「公有水面埋立免許」可決 ◆2市4町(半田市・常滑市・阿久比町・武豊町・美浜町・南知多町)の合併枠組み破綻、自立の道を。
03年10月
No.155
<9月定例議会>報告 ◆合併6年目には住民税大幅アップ ◆知多南部2市4町合併=住民抜きの合併協議会設置論議
03年7月
No.154
<6月定例議会>報告 ◆篠島新港の建設=ムダな公共事業   内海新港の失敗に学ばないのか ◆フォレストパークの存続問題  ただより高いものはない ◆日間賀島漁業集落排水事業  超過料金160円に値下げ ◆「合併」の二文字があふれています。今、なぜ合併か。  こわい数字の一人歩き。77%が合併に賛成、実は17人。 ◆平成13年度末 2市4町地方債残高