中部国際空港のページ メニュー・新着情報へ戻る戻る
空港にかかわる諸問題を特集しています。
このページの下の各記事の詳細を掲載しています。左のロゴをクリックしてください。
常滑沖の中部国際空港建設にともなって、地元常滑市を中心にどんな問題が起きているのか。
2002年に日本共産党国会議員団愛知事務所がまとめたものです。
日本共産党愛知県委員会ホームページの空港問題特集のページへリンクします。左のロゴをクリックしてください。別ウインドウで開きます。

       
【08・10・3】空港の常滑 地下続落
【08・9・12】イオン様々か 市税23億円タダ
【08・8・21】西知多道路=また空港アクセス道路計画
【08・6・1】需要不振=中部空港、赤字続く=県営空港
【08・5・25】4月14日におこなわれた「中空ネット」の「愛知の空港をめぐる私たちの問題提起」全文
【08・5・20】中部空港=2本目滑走路=叫ぶが利用実績さらに減(2007年度)
【08・4・25】中部空港国内旅客 旧空港を下回る=空港開発1兆円 何のためだったか
【08・4・24】中部国際空港開港3年 見えぬ臨空国際都市
【07・10・25】常滑「臨空都市」に暗雲、常滑ニュータウン開発
【07・5・22】名鉄特急:河和線に「一部特別車」導入が実現
【07・2・8】ムダな「第二滑走路」 中部空港・名古屋空港、減便運休相次ぐ
【06・8・5】中部臨空都市 イオン進出しても 前島はガラ空き
【06・3・30】常滑市 地価下落 幻の空港インパクト
【05・12・8】前島、大型集客施設誘致へ破格の優遇策=10年間で23億円プレゼント
【05・11・25】前島に暗雲 見えてこない「臨空都市」
【05・10・28】空港を考える市民の会総会が開催されました
【05・6・24】名鉄利用アンケートにもとづき、名鉄に申し入れ
【05・4・30】日本共産党知多地区委員会は、空港開港にともなう名鉄利用アンケートを実施しました
【05・3・20】中部空港関連事業差し止め訴訟原告が上告
【05・2・27】新空港′ァ民に借金押しつけテイクオフ
【05・2・17】日本共産党愛知県委員会は、中部国際空港開港にあたって岩中正巳県委員長が談話を発表しました
【05・1・17】 「健康と環境を守れ!愛知の住民いっせい行動実行委員会」が中部国際空港関連で、2004年10月26日、常滑市長あてにおこなった要請行動について、2004年12月22日に常滑市より回答がありました。要請と回答を紹介します。
【05・1・16】中部空港島周辺における底質・底生動物を中心とした水域環境変化に関する研究
【04・10・18】中部空港関連事業差し止め住民訴訟団が徹底真理求める要請書提出
【04・10・18】空港開港にともなう鉄道アクセスについて名古屋鉄道(株)に要望
【04・8・16】中部空港環境調査法の見直しを(「見直しネット」が環境省に申し入れ)
【04・2・8】空港島で環境悪化激しく 底泥の有機物含有量が増大
【03・10・12】中部国際空港市民フォーラムパート2開催される(10月12日)
【02・10・18】県企業庁が中部国際空港建設の漁業補償で3億円の不正支出!佐々木市議が10月3日市長に、7日議長に申し入れ
【02・6・29】中部国際空港市民フォーラム開催

八田ひろ子参議院議員、9月11日、参院決算委員会で中部国際空港問題で質問

 日本共産党の八田ひろ子参議院議員は、参議院決算委員会で中部国際空港の問題をとりあげ質問しました。
 質問内容は、一つは中部国際空港完成後の空港一元化と現名古屋空港の扱いについて。二つ目は、常滑ニュータウン構想の問題点についてです。

質問と答弁はここをクリックする質問


いま常滑で何が問題になっているか

 常滑市民の暮らしは豊かになったのか?生活環境は良くなったのか?地元の仕事や雇用が増え活性化されたのか?
 日本共産党国会議員団愛知県事務所がこれまでの到達点にたってまとめたシリーズを紹介します。
      本文本文はここをクリック

メニュー・新着情報へ戻る戻る