メニューのページへ戻る 
 
    トップページへ戻る  
 知多半島内の各地ですすめられている「9条の会」や憲法改悪に反対する運動を紹介するコーナーです。紹介する各運動は、様々な形で当方に紹介されたものを掲載しており、自発的な草の根の運動を紹介するものです。
 資料:「9条の会のアピール」 PDFファイル
 なお、このホームページ掲載の情報の中には、「知多・憲法守ろう情報センター」のニュースなどによるものもあります。情報の交流という趣旨にのっとり、同センターの了承のうえ紹介させていただいています。
知多憲法守ろう情報センター・知多地域労働組合総連合内
半田市東洋町2−1 自治労連半田市職員組合事務所気付 Tel・Fax 0569−22−8548
知多半島内の現在の「9条の会」などの憲法改悪に反対する運動
◇知多憲法守ろう情報センター(上記連絡先)
   知多半島内の憲法改悪反対の運動の交流・情報センターとして発足
◆大府9条の会   ◆東海市9条の会   ◆あぐい九条の会   ◆知多市9条の会
◆東浦町9条の会準備会   ◆美浜町九条の会    ◆南知多9条の会
◆常滑「9条の会」  http://www.geocities.jp/tokoname9/ (同会のホームページ)
◆9条を守る会・はんだ   ◆武豊9条の会   ◆日本福祉大学9条の会
◆教育基本法・憲法9条を守る教職員の会   ◆大同特殊鋼職場9条の会
憲法改悪のための「国民投票法案」に反対しよう
 ダウンロードしてお使いください。なお、このページで、「憲法改悪反対共同センターニュース」を適時紹介します。
◎自民党と民主党の「国民投票法案」の対照表  PDFファイル
◎「国民投票法案反対」の衆議院・参議院あて署名用紙  PDFファイル
  署名作成は、憲法改悪反対愛知共同センターです e-mail constitution9@fork.ocn.ne.jp
  〒456-0006 愛知県名古屋市熱田区沢下町9-7 労働会館東館306
      TEL 052-387-6399  FAX 052-871-5520

【08・9・17】
知多市9条の会が、9月6日、知多市三反田2丁目の畑地に大看板「憲法9条を守り生かそう」を設置しました。


【07・9・26】
「あぐい憲法九条を守る会」が、『二十四の瞳』上映会を開催
下の写真の上でクリックすると、PDFファイルが開きます

【07・7・28】
核廃絶、憲法9条を守ろう 8・9市民集会
とき:8月9日(木) 午後6時10分〜
ところ:雁宿ホール広場 (市民プラザ:会館前広場)
主催:「核廃絶、憲法9条を守ろう 8・9市民集会」実行委員会
     連絡先:自治労連半田市職労 電話:0569−22−8548
集会をおこない、デモ行進をおこないます

【07・5・7】憲法60周年の5月3日を前後して、各地で憲法集会がおこなわれましたので紹介します。
「南知多9条の会」結成のつどいに70名が参加
 4月29日、憲法記念日を目前に、大井公民館にて、「南知多9条の会」結成の集いが、70名の方々の参加で開催されました。
 『合唱団ピース9』の「千の風になって」の歌声から始まり、つづく記念講演では、村上俊雄氏(元高等学校教職員組合委員長)に「憲法改悪と日本の未来」と題し、「安倍政権の改憲のめざすもの」や「9条の会への期待」など熱く語っていただきました。
 講演に続き、町内10氏の呼びかけによる「南知多9条の会」の設立総会が開かれました。会の基本的な取り決めについて協議し、会の呼びかけ人・世話人の紹介後、「南知多9条の会」の名において全員でアピールを採択し、子・孫の世代まで平和な世代を残すため、がんばりましょうと、力強く第一歩を踏み出しました。

「常滑九条の会」結成一周年記念のつどいに300名余が参加
アマチンこと天野鎮雄さんと俳優の山田昌さんがトークショー
 「常滑九条の会」は、5月6日(日)、午前9時30分から、常滑市民文化会館(常滑市新開町5丁目)で「結成一周年のつどい」をおこないました。俳優のアマチンこと天野鎮雄氏、常滑出身の俳優の山田昌さん両氏をお招きして、お二方による「憲法九条」への熱き思いを語る「トークショー」をメインにおこなわれた集会には、雨の中300余人が参加しました。
 開会に当たって、梶田栄一世話人会代表は、現在国会に提出されている「改憲手続き法案」にふれ、「最低投票率」も定めない「国民投票法」などは、最たる悪法といわざるを得ないと強調しました。
 天野鎮雄・山田昌両氏による「トークショー」(右の写真)は、「戦争はいけない」「九条こそ大切」と、実際の体験にもとづいて熱く語られました。また、「この子たちの夏」の朗読は、聴く人の涙をさそいました。
 なお、結成以来これまでのとりくみで常滑九条の会の会員は650名となっています。この集会には、中日新聞、自治労常滑市職員労働組合、半田9条の会、知多市9条の会が後援しました。

【07・4・24】
「とこなめ九条の会」が結成一周年のつどい
アマチンこと天野鎮雄さんと山田昌さん(常滑出身女優)
  「九条」への熱き思いを語る トークショー

 オープニングに森川太鼓道場の和太鼓演奏
 合唱団「ピースナイン」も来るよ
日時 5月6日(日) 午前10時開会
場所 常滑市民文化会館大ホール
入場無料

【07・4・24】
「南知多9条の会」現在240名の会員に。結成のつどいを4月29日開催
 「南知多9条の会」の結成総会がいよいよ近づきました。ぜひご参加を。
日時:4月29日(日) 午後2時〜4時
会場:南知多町大井公民館(師崎サービスセンター)
講演:村上俊雄さん(元高校教師)
合唱団「ピース9知多」も来ます
入場無料、どなたさまも参加できます

【07・4・7】
<資料>
◎改憲手続き法案の修正案に反対する意見書   PDFファイル(650kb)
  自由法曹団 2007年4月2日発表

◎改憲手続き法案に反対する意見書   PDFファイル(350kb)
  日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)  日本ジャーナリスト会議(JCJ)  
  マスコミ関連九条の会連絡会 自由法曹団

□■知多・憲法守ろう情報■□ <2007・3 No.25より引用>

やがて知多5市5町すべてに9条の旗

   東浦町、南知多町も結成の日程決まる
4月29日(日)南知多町九条の会結成総会
 「憲法改悪と日本の未来=わたしたちのくらしはどうなるのか=」 元愛高教委員長:村上俊雄氏
5月27日(日)ひがしうら9条の会結成のつどい  東浦町文化センター
 「輝け9条『戦争をする国』にさせないために」  愛知大学教授:小林 武氏

 この二つの会の結成で、知多10市町すべてに「9条の旗」が立つことになりました。最初の大府での発足から2年6ヶ月。このテンポ・プラス・各地の発足済みの9条の会の発展のテンポが、改憲策動を乗り越える早さであるかどうかが、いま改めてとわれます。

=各地の行事予定=

◆東海市9条を守る会
「硫黄島生還者のお話を聞く会」  波羅 静男氏
3月31日(土)午後1:30〜3:00 東海市しあわせ村視聴覚室

◆日本福祉大学九条の会
「命に国境はない〜もっとも危険な国イラクに支援は届くのか?〜」  高遠菜穂子
4月14日(土)午後1:30〜4:30  日本福祉大学美浜キャンパス
新入生歓迎企画として

◆常滑「9条の会」結成1周年のつどい
5月6日(日)10時開会 常滑市民文化会館大ホール
アマチンこと天野鎮雄さん、山田昌さん
「9条」への熱き思いを語るトークショー他

知多9条の会連絡会
協力連帯の気持ちが熟する機運!
 3月11日(日)9時半 半田のアイプラザに、知多半島内の「9条の会」(名称はいろいろ)の多くの方が連携・交流を求めて集まりました。(8市町の地域の会・2職域の会)。各地の努力点、新企画の工夫など、豊富に報告していただけました。
(1)連絡会の組織化には賛成
 先月の話し合いを土台に、せっかくの交流会だから組織の姿を備えた「連絡会」に成長させようという点で一致しました。ただし、注文は沢山出ました。日本の戦後民主主義60年の歴史の中ではじめて体験する市民運動ですから、じっくりすすめよう!が当然でしょう。意見がまとまった方向はおおよそ、次のようなことです。
(2)「会」の要求に応える「連絡会」をのぞむ
1、この連絡会は、地域・職域の9条の会(等)の交流連絡会だという点を明確にしてほしい。
2、「会」の発展上の悩みを論議しあえる組織こそ期待。それが日本の課題に答えることだ。
 また、各会の自主性尊重が基本だ。地域によって「会」の成り立ちがそれぞれ違うのだから、同一行動の指示などがなされるような運営はしてほしくない。過大な任務を与えるような規定も困る。
3、いままでは、会の近況を報告し合うだけで終わっていたが、会の悩みがテーマを持って話し合えるような運営がして欲しい。世話人会がそこをとりまわしてほしい。
4、世話人なり、役員の選出基準など規定はきちんとすべきだという意見もありましたが、会の必要に応じてそのつど自由に対応するのが望ましいということで勘弁を。
5、会費は会場費、連絡費の他、ニュース発行費を考えると、1000円ではすまないかも知れないということで承知。一応試算は示すことに。
 以上、こんなところで、次の5月13日には、この日の意見が反映された申し合わせ事項などを再提案し、ニュース発行体制、会費なども確認してスタートとなりそうです。各会ではそれに応じた内部検討を終えるようにしてほしいとのことでした。

◇◆憲法改悪反対共同センターニュース◆◇    NO.120   07年3月 8日
発行:憲法改悪反対共同センター http://www.kyodo-center.jp/
* 事務局:全労連 〒113−0034 文京区湯島2-4-4 全労連会館4階
* 連絡:03-5842-5611 Fax03-5842-5620  mail:taka@zenroren.gr.jp
 特別委員会は開かれず流会
 全国から抗議が殺到、世論の力が国会を動かした
 本日(3月8日)午前9時30分から設定されていた衆議院憲法調査特別委員会は、開会できないまま現在、理事会が休憩状態になっていましたが、本会議終了後、「本日の特別委員会は開かれないことになりました」との放送があり、理事会が休会状態で委員会は開かれないことになりました。
 この結果、少なくとも15日の公聴会は開かれないことが確実となりました。安倍首相の支持率低落傾向に歯止めをかけるべく憲法改悪を全面にした改憲手続き法制定で反動的、ファッショ的に打開しようとする国会運営にたいして、国民的な反撃の前に一定の痛打を与える結果となりました。
 しかし、たたかいはこれからです。引き続き全国から徹底した宣伝、対話、署名を大規模に展開し、地元議員事務所をはじめ特別委員会委員に対しFAX、メール、ハガキ、直接要請、その他あらゆる方法で抗議・要請・激励の行動を組織することが重要です。
また、各団体・地方地域で「戦争する国」のための改憲反対の運動と改憲手続き法反対の運動を一体のものとしながら諸要求実現、二大選挙勝利の課題と結合し、安部内閣と自民・公明を大きく包囲する運動を強めることが求められます。そのためにも、3月20日の中央行動・中央集会を全国からの結集で大きく成功させ、改憲手続き法案阻止の一大転機を作り出しましょう。そのためにも、当面、特別委員長及び各党筆頭理事などへの抗議要請を強化しましょう。

<特に集中する特別委員・FAX番号>
委員長 中山 太郎 03−3580−0066、自民党 保岡 興治 03−3506−8728、公明党 赤松 正雄 03−3508−3412、民主党 枝野 幸男 03−3591−2249、共産党 笠井亮 03−3508−3919、社民党 辻元 清美 03−3508−3855

*憲法改悪反対共同センターのメール・FAX一斉送信には全議員、政党、マスコミ関係の要請先もあります。各団体・個人のHPやメーリングリトスで大規模に広げ、改憲反対の「請願権」行使の運動を引き続き強めましょう。http://www.kyodo-center.jp/

特別委員会傍聴記
○9時 衆議院議員面会所へ共同センター参加団体の代表が集合、共産党の笠井亮議員の紹介で迷路のような地下道を通り抜け衆議院別館4階の第18会議室へ守衛さんの案内で9時28分に入室。50人の委員席は既に自民党議員21人が着席し談笑中。
○9時30分 自民党の保岡筆頭理事がドアから入ってきて「開会が遅れています。申し訳ありませんが暫らくお待ちください」と大声で告げる。
○10時39分 保岡理事が再び入室し、「理事会が再開します」とコールし、自民党理事が退室。これと歩調を合わせるように委員会の強行開会に備えて待機していた共産党議員団が退出。この間、速記者が15分おきに交替するのみ。
○10時45分 保岡議員が入室、「委員会は開会していませんので休憩にします。改めて連絡します」と大きな声。全議員がいっせいに会議室を退出。特別委員会は開会されないまま理事会が休憩に入る。
○10時46分 共産党の笠井亮議員が傍聴席に来て理事懇や理事会のやり取りと動きを説明。「本会議が午後1時からセットされており、その後、特別委員会の強行開会の可能性もあり予断は許さない」と説明。
○10時55分 傍聴者で相談し2時からの強行開会に備えて再度傍聴の組織化を確認。その足で、新宿西口での緊急街頭宣伝へ直行。
○12時50分 特別委員会の開会に備えて傍聴参加を呼びかけるFAXを送信。
○14時 新宿の街宣などから再び衆議院議面へ集合。
○14時08分 特別委員会の流会が決定したことで「本日の特別委員会は開かれないことになりました」との放送があり。

各団体の抗議要請が国会を確実に変えた
世論と運動を高め撤回・廃案めざそう!
・日本共産党の笠井事務所には、500枚のロール紙が不足し、受信できない状態。
・中山委員長には昨日からFAXが集中し機能不全状態に。何回送っても未通信。
・共同センターのメールフォームからのメール送信はわずか5時間で2600余りにのぼりました。また、同ホームページへのアクセス数は今朝から過去最高の600件となりました。

 短信・ホットライン
■ 国会議員にメール・FAXを送ろう!
○ 憲法改悪反対共同センターホームページの右上に「国会議員にメール・FAXを送ろう!『「憲法改悪・国民投票法反対』一斉送信メールフォーム」を開設しました。
○ 憲法第16条に基づく「請願権」行使運動の一環として開設したものです。「憲法改悪反対・9条を守れ」「改憲手続き法は廃案に!」の声を届けましょう。
○ メールフォームには、衆参両院の憲法調査特別委員会の名簿を掲載していますのでメールだけでなくFAXも送ることができます。
○ 「一斉メールフォーム」を各団体の機関紙、ニュース、チラシ等で広く知らせましょう。また、メーリングリストで知人友人にも知らせましょう。
○転送・転載は大歓迎。
<共同センターHP> http://www.kyodo-center.jp/index.htm
<メールフォーム> http://www.kyodo-center.jp/douhoumail/douhou.htm
■ 中央行動・集会―
【定例国会行動】
日時  3月20日(火) 4月12日(木) 4月25日(水) 5月9日(水)
5月23日(水) 6月6日(水) 12:15〜13:00
場所  衆議院第二議員会館前
【シンポジウム「STOP!改憲のための手続き法−国民投票の『カラクリ』」】
3月10日 13:30〜16:30 社会文化会館
主催:MIC、JCJ、マスコミ九条の会連絡会、自由法曹団。共同センター協賛。
【STOP!会見改憲手続き法!国会へ行こうアクション】
日時 3月12日18:30〜19:30
 場所 国会議員会館前
主催 5・3憲法集会実行委員会
【3.20改憲手続き法案阻止座り込み・中央集会】
  11:00〜13:00 国会前座り込み・議員要請(衆議院第二議院会館前)
12:15〜13:00 大運動実行委員会等の定例国会行動(衆議院第二議院会館前)
14:00〜16:00 改憲手続き法案の阻止をめざす中央集会(憲政記念館)
主催:憲法改悪反対共同センター・国民大運動実行委
【憲法9条をまもれ 改憲手続き法案を許すな イラク占領反対 米軍・自衛隊は撤退せよ!3.20中央集会】
   日時 3月20日 18:30〜集会後デモあり
   会場 日比谷野外大音楽堂
主催 3・20集会実行委員会(安保中実委・全労連など)

【07・2・28】
「南知多9条の会」(仮称)設立総会を予定
(期日) 4月29(日)午後2時〜4時
(場所) 大井公民館
(講師) 村上俊雄さん (元高校教師)
(テーマ)「憲法改悪と日本の未来」  ー私たちの暮らしはどうなるのかー

 「南知多9条の会」(仮称)がいま準備されています。
 梅原猛さんたち9氏の「9条の会」アピールに賛同する方々で、南知多町にも「9条の会」をたちあげようと呼びかけが出されています。
 すでに2月末現在で100名を越える方々の賛同が寄せられており、上記の内容で設立総会が予定されています。
    南知多9条の会設立の呼びかけ PDFファイル

   これで、知多半島のすべての自治体に「9条の会」の運動がつくられています。

【06・10・14】
「日本福祉大学9条の会」の講演会で小森陽一氏が講演
 日本福祉大学9条の会は、大学祭の企画として講演会を計画。ここに、全国「9条の会」事務局長の小森陽一氏が講演することになりました。
日時:11月11日(土)=大学祭一日目 午後1時30分〜3時30分
会場:日本福祉大学美浜キャンパス 120教室にて(予定)
講演:9条の会 事務局長 小森陽一氏(東大教授)
講演の後、交流会を計画しています。

【06・9・26】
「常滑9条の会」のホームページが開設されました。
 アドレス=http://www.geocities.jp/tokoname9/

【06・6・26】
「武豊九条の会」結成のつどいに120名が参加

 24日午後2時より、武豊町の町民会館に120名が参加し、「武豊9条の会」結成のつどいが開催されました。

 つどいはオカリナ演奏で始まり、はじめに代表世話人の鈴木正巳氏から、一昨年、井上ひさし氏らが呼びかけた「九条の会」に応えようと準備が進められてきた会の趣旨を説明。

 宇佐美和美事務局長から、結成のつどいまでの経過と「呼びかけ」の内容を説明し、「参加者の賛同を得て、ここに発足したい」と提案。参加者の拍手で「武豊九条の会」の発足を確認しました。

 記念講演では、「私たちの宝物・憲法九条」と題して、本秀紀名古屋大学法科大学院教授が、ギターを弾きながらの講演。

「アジアへの侵略を二度と再び繰り返さない証としての憲法」が、私たち日本の国民だけでなく、世界の平和を愛する人々から、期待を込めて評価されてい

る」と強調。

「武豊九条の会が、参加者をはじめ多くの町民の手によって支えられ、趣旨が広く浸透することこそ、戦争をしない国づくりの決定的な力になる」と会の発展を期待し、活躍を呼びかけました。

【06・6・17】
「美浜町9条の会」(仮称)だより  PDFファイル
「美浜町9条の会」(仮称)は、9月に結成総会をめざしており、その総会に向けた準備会を7月21日におこないます。

【06・6・13】
「武豊九条の会」結成のつどい
日時:6月24日(土) 午後2時から設立総会
会場:武豊町民会館(ゆめたろうプラザ) 響きホール
記念講演: 名古屋大学法学部研究科 教授(憲法学)  本 英紀(もと ひでのり)さん
 演題=「私たちの宝物 憲法九条」 ギターを弾きながら、九条を守ることの大切さを語ってもらいます。
 案内のチラシ    同会のアピール(案)

【06・6・13】
「あぐい憲法9条を守る会」発足を伝える同会のチラシ(同会のアピール、申し合わせ事項、呼びかけ人など)
同会の発足総会での新美治一教授の講演の内容

【06・5・31】

□■知多・憲法守ろう情報■□<2006・6 No.16より引用>

★阿久比町では「憲法を考えるつどい」 <「あぐい憲法九条を守る会」設立総会をかねて>
  5月3日(水:憲法記念日)・エスペランス丸山)
 13名の呼びかけ人の下、賛同署名810人を土台にしての「つどい」。会場に入った人は百数十名かと思われる大盛況!今までの蓄積の重さを感じさせました。また結集した人たちの多様さを示すように、キリスト教団の聖歌隊の歌声や、あぐい歌う会のオカリナ演奏、合唱で会は始まりました。
 次に満州での戦時体験、シベリア抑留体験を、インタビュアーつきで聞く試みは貴重でした。飢えれば、同僚の食糧を強奪するようなことがまかり通る悲惨さ、戦争は人間性を喪失させることを教えます。
◆講演は地元の憲法学者新美治一氏(名古屋経済大学教授) 「戦争をする国にしないために」
 氏は、地方自治体にまで広がった「攻撃事態対処」と称する、戦時体制条例をちゃんと読みましょう、外務省のホームページも調べて下さい!と。
 憲法9条が今最後の砦となっているのは残念なことですが、これを守ることはやりがいのある仕事です。知恵も出し、声を出していきましょう。と締めくくられました。
 設立議事の最後のアピールでは、「希望に燃えて進みます。」と結んでいます。
★知多教職員9条の会    護憲派VS改憲派討論会
 5月20日(土)14:00 阿久比町エスペランス丸山
 憲法9条を守る力量を高めなくては、という切実な自覚で企画された討論会。二十名ほどの参加者がクジで「護憲派」「改憲派」の両派に分かれて対決。
 始めに、両派それぞれに集まって、主張点を確認しあう。
 次に、改憲派から攻撃開始。護憲派反撃。改憲派は気楽なものだし、なかなか舌鋒鋭い。 孤島を軍艦で占領しにきたら、軍艦で対応しなければ主権を守れない!ミサイルを打ち込まれたらそれ以上の国民の犠牲
を出さないために相手を たたかなくてどうするの?。やり取りのうちに、ミサイルを打ち込、まれたら仕方ない。みんな死ぬよりない!の一言に「えへっ」とみんなが笑ったけれど、笑いきれないもどかさしと疑問。武力対決のいくつく先を現実的に見極め、積極的に戦争をしない平和外交をする以外に、日本の国民の安全はないという、ある講師の話を思い起こさせる一幕でした。(M)
★「9条を守る会・はんだ」   会員5 1 0名で設立総会
 5月2 1 日(日)午後1時半から 半田勤労福祉会館(愛称:アイプラザ)
 近隣市町に刺激され、昨年11月、他の町に遅れること1年のスタートだった半田。始めは150人の会員になったら設立に踏み切ろうと話し合っていましたが、隣町の活動振りを見て「これではいかん!」と、とうとう目標を500にかさ上げ。最後の2ヵ月で220名の会員を増やして、この目標が達成できました。
 総会では、この間の経過を、世話入会の座長をされた小泉 潤さん=ルーテル教会牧師が報告。参会者の意見でこの会を進めたいと提言しました。世話人も発言を分け合って総会の運営にかかわって世話人8名が発言を分担。<みんなで進める会>という意思をここでも示しました。
◆講話は仏教人  真宗大谷派僧侶 広瀬 務さん    「真の平和を求めて」
 広瀬さんは、本願寺が六十年前の軍国主義に同調し、戦争に協力したいきさつをつぶさに語り、宗教人としても道を誤ったと真摯に話されました。そして9条を守ることが仏の道と一つだと言われました。そればかりか、社会のあり方自体が「真に平和」だといえるような道を探求したいのだと話されました。
 9条を守る会は、キリスト教、仏教という違いを越えただけでなく、会員に、自民党の政治家も、旧社会党、共産党の地方議員も参加して、9条を守る一点で結集できることを示しました。(M)
★「武豊九条の会」結成のつどい
 十四人の呼びかけ人で始まった会も先月180人を越え、今月いよいよ発足です。
 6月24日(土)午後3時から 武豊町民会館  記念講演 本 秀紀さん (名古屋大学法学研究科)
★知多市九条の会
 「守ろう九条」4号発行:
(知多半島戦跡めぐり)〜カラー写真入りで
(改憲の動き、様々なかたちで)共謀罪法案、教育基本法改定、在日米軍丙編、国民投票法案 に警告を発しています。

【06・5・21】
「9条を守る会・はんだ」が設立総会 140名が参加
 5月21日、午後1時30分より、アイプラザ半田(半田勤労福祉会館)でおこなわれました。
 オープニングで、合唱団知多が作詞作曲した新作(5月にできたばかり)の歌=「君は世界の宝」を紹介。また、年金者組合コーラス部(ひばりコーラス)もうたごえで平和を訴えました。
 また、半田市在住の中瀬さんのハーモニカ演奏をおこない、平和のアピール。
 設立総会では、経過報告のあと、参加者の意見表明、世話人会の選出とアピールを採択しました。
 《「9条を守る会・はんだ」結成総会に至る経過》(当日配られた資料より)
  このあと、真宗大谷派僧侶の広瀬務さん(右の写真)の講話が『=真の平和を求めて=私の思想と戦い』と題しておこなわれました。
 この日までに、同会の会員は510名となっており、さらにこの日会場参加者からも入会者が十数人ありました。

【06・5・11】
日本共産党半田市亀崎支部が憲法の学習会をおこないます。
「憲法について学びましょう」
日時:5月28日(日)午後2時より
会場:平地公民館(半田市亀崎)
<入場無料>

【06・5・11】
「あぐい憲法九条を守る会」の設立総会に180人が参加
 憲法記念日である5月3日にエスペランス丸山でおこなわれた総会には180人が参加しました。
 この日までに、賛同者は810名となっています。

【06・4・25】
「常滑9条の会」の設立総会に90人が参加
 4月23日、常滑市鬼崎公民館でおこなわれた設立総会には90名が参加しました。賛同会員は22日現在585名です。
 総会は、「常滑9条の会」申し合わせを決め、世話人代表に梶田栄一氏を選び、つづいて、渡辺敬一郎さんのオカリナ演奏、名古屋経済大学教授の新美治一さんの「憲法のねうち」と題しての記念講演、最後に知多年金者組合の「ヒバリ・コーラス」による「ピース・ナイン」などの合唱で閉会しました。
 参加者からは、「常滑にも力はある。捨てたもんじゃない。がんばらんくちゃ」などの声が聞かれました。

【06・4・20】
「9条を守る会・はんだ」結成のつどい
日時:5月21日(日) 午後1時30分から
会場:アイプラザ半田(半田市役所北)小ホール

 私たちは、昨年秋から、有識者・文化人9人の「9条のアピール」を読み、半田市にも平和を守る砦を築きたいと話し合ってきました。
 そして、私たちの平和と人権を守り抜き、子孫に希望ある未来を受け渡していくために、「9条を守る会・はんだ」を結成することを決意しました。
 思想・政治信条の別なく、平和を愛する全半田市民のみなさんにお集まりいただくよう心から訴えます。
主催:9条を守る会・はんだ結成準備会
内容:◎憲法の歌「われらの日本」「ピース・ナイン」:ひばりコーラス
      半田市にも息づく文化の薫り=ハーモニカ演奏:中瀬真佐夫さん
    ◎会の結成議事
    ◎参加者の意見、訴えなど自由に発言いただきます
   ◎講話  真宗大谷派僧侶 広瀬 務さん  「真の平和を求めて」
  <入場無料>

【06・4・17】
「9条を守る大府市民集会」に130人が参加
 9条を守る大府市民集会開催委員会が4月16日(日)午後1時〜4時半、大府市勤労文化会館・くちなしホールで開催した市民集会に、130人が参加しました。この開催委員会は、大府市内で9条を守る活動をしている14団体と多くの個人の協力を受けて、有志団体・個人で結成されています。
◆メインステージでは、オープニング太鼓(グループ「女天馬(おてんば)=市内梶田町」から始まりました。
 リレートークでは、新村 愛さん(梶田町)の「ヒロシです・9条です」など3人の方のトーク。
 戦争体験談で、坂野錠一さん(江端町)の「少年時代に体験した大府での戦争」
 親子で楽しむ人形劇で、丹下進さん(吉田町)と人形劇団もぐらの皆さんによる「たんげじいいちゃんと人形が語る9条」(左の写真)
 考えてみよう憲法と9条(お話)は、中京女子大学教授の新村洋史さん。
◆メインステージと同時進行で、会場ステージでは次の企画がおこなわれました。
◎フリーカメラマンの浅見裕子さんによる写真展「沖縄戦世」(おきなわいくさゆ)
 沖縄・普天間基地の移設先とされた名護市辺野古での基地建設阻止の写真記録です。今また隣接するキャンプ・シュワブ沿岸埋立案に姿を変え、ここに米国が40年前に計画していた恒久複合基地建設が進められようとしています。
◎丹下進さんの人形たちと遊ぼう=9条のキューちゃん人形をつくろう
◎紙芝居「戦争のつくりかた」 新村 愛さん
◎戦争資料展=生活に入り込んだ戦争
◎原爆と人間写真展(南医療生協提供)
◎生活をいける華道「華原の会」いけばな展
◎絵手紙展(新婦人の会大府支部のみなさん)
◎大府合併問題を考える市民の会の報告
 以上の楽しくて・内容の濃い企画がすすめられました。 

□■知多・憲法守ろう情報■□<2006・4 No.14より引用>

◎愛高教(愛知県高等学校教職員組合)
 九条・教育基本法署名、職場過半数越えた!
 愛高教の教員は約11000名。3月31日の東京大集会をめざして署名活動を展開してきたが、このほど過半数を越える6000名の署名が集約された。憲法改悪阻止に絶対条件である国民の過半数を視野に入れた、労働組合としての意志がための第一歩である。
◎常滑9条の会 発足総会目前
 3月中旬、会員登録数490人を越えた。
 <会場> 鬼崎公民館  <日時> 4月23日(日)午後2時
◎あぐい憲法九条を守る会も設立総会日程決まる
 三月中旬、会員登録数350人を越えた。
 <会場> エスペランス丸山  <日時> 5月3日(水)憲法記念日 午後1時30分
 記念講演 新美治一氏
◎「9条を守る会・はんだ」第5回準備会
 3月21日、会員数はこの日で320人に達した。
 発足総会は、5月21日の予定。(詳細後日)
◎第一回戦争を語る集い(手作りスイトンを味わいながら)=東海市九条を守る会
 東海市九条をを守る会では、二月の例会として「第一回戦争を語る集い」を2月26日に開催。会員の手でつくられた温かいすいとんをいただきながらの集いはまた格別。
 5名の方から話を聞いていますが、その中にはフィリピンでの戦争体験、グアム島での終戦体験がある人などがあり、もう数少ない貴重な語り部だという事を知らされています。
 お話は、バタン島での「死の行進」などと言われているがそんなことはない、とか、戦地をさまよて生き抜いた者として靖国問題をどう見るかなど、戦争の側面を語る話もあったとか。
「戦争の語り部」掘り起こしと交換を
 先に年金者組合知多地域支部でも、この種の催しを開いていますが、だんだん少なくなる語り部の方に各地で話をしていただくことが必要ではないでしょうか。情報の交換をお願いします。

【06・4・9】
「日本福祉大学九条の会」一周年記念講演会と第二回総会の案内
<日時> 4月15日(土) 13:00〜16:00
<会場> 日本福祉大学美浜キャンパス 110教室
<第一部> 記念講演会
    講師:小野万里子氏(セイブ・イラクチルドレン名古屋代表、弁護士)
    テーマ:「いまイラクの子どもたちは=世界と日本の平和を考える」
<第二部> 日本福祉大学九条の会第二回総会

【06・4・9】
「あぐい憲法九条を守る会」設立総会
<日時> 5月3日(水:憲法記念日) 午後1時30分より
<会場> エスペランス丸山
<講演> 新美治一氏(名古屋経済大学教授:憲法学)
<文化行事> オカリナ・ケーナ・うた 「戦争体験を聴く」

  案内チラシ PDFファイル

【06・4・3】
「武豊九条の会」準備会 会報 No2

【06・4・3】
常滑「9条の会」結成のつどいの案内チラシ(PDFファイル)
 常滑「9条の会」がいよいよ結成のつどいをおこないます
 日時 4月23日(日) 午後2時〜4時
 会場 鬼崎公民館  入場無料

【06・4・3】
「あぐい憲法9条を守る会」の賛同者の思い(PDFファイル)

□■知多・憲法守ろう情報■□<2006・3 No.13より引用>

◎常滑9条の会
 昨年11月頃発意。2月下旬で会員数400人を越えた。4月23日設立総会の段取り。
◎あぐい憲法9条を守る会
 2月下旬で、会員220名。ほかに賛同署名多数。5月3日(水)憲法記念日に発足の予定。
◎武豊9条の会(準)
 去年12月にたちあげて、2月下旬に会員130名。初めは会員100名になったら設立総会を開こうと言っていたが、もっとしっかりした基礎を固めたいと、会員さん増やしに奮闘中。5、6月頃に総会を。
◎9条を守る会・はんだ
 昨年11月から毎月一回の準備会を開き、2月下旬に会員180名(3月上旬に240名に)。目標は300名。3月21日の第5回準備会で発足総会の日を決める予定。5月めど。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<2月の活動>
◆知多市9条の会 学習会 2月26日(日) 講演 「どうなる憲法、どうする憲法」
                            VTR上映と報告「日中友好の旅」
◆東海市「9条を守る会」 2月26日(日) 戦争を語る集い
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■「9条を守る会・はんだ」準備会ニュースのNo.1の紙面の一部を以下に紹介します。
 1月24日の準備会で入会申込書を作ることになって、以後、3月4日までに会員さんは240人ほどになりました。今までは考えがまとまらずに、いろいろ言いました。
  1月の世話人会では・・・・・・・・・・・会員さんが150人になったら発足!
  1月の全員準備会では・・・・・・・・・40人の人が5人づつ増やして200人で!
  2月の世話人会と2月の全員準備会では・・・300人を早く越えて総会がしたい!
  3月の世話人会では・・・・・・・・・・・500人のしっかりした会にしたい
(1)小さい町ががんばっている
 半田市より人口がはるかに小さい町が、200人、300人、400人の会員さんを作って準備をしている。人数だけでなく、所帯の数で勝負している。世間知らずでした。
(2)話せば増える! 楽しい!
 運動のメドがつかめないままに、控えめなことを言っていましたが、平和、9条を守る趣旨を話せば、まだまだ会員になって下さる人はいくらでもいることがわかってきたのです。勇気づけられています。
(3)市民の結集は一刻も遅れてはいけません。
 毎日新聞の世論調査では、2年前までは改憲賛成は4割程度だったのが、今年は6割を越すようになっています。また、右より政治家の動きはなかなか執念深い。中国や韓国が攻めてきたらどうする? などと宣伝を強め、惑わされる人が増えている。
 戦争を知っている高齢者はいいが、若い人は憲法は60年もたったから変えればいいじゃないかと安易に思っている。
 だから、会員さんをどんどん増やしましょう。
 「9条を守る会・はんだ」は、なんでも参加者みんなで決める会です。
 1)2005年11月4日(金) アイプラザで 15名出席
   「会ができたら入ろうではなく、みんなでつくろう」「次、勉強しよう」
 2)2005年12月9日(金) アイプラザ 26名出席
   伊藤謹也弁護士「講演」で学習。出席者から「呼びかけ文作って!」
 3)2006年1月24日(火) アイプラザ 24名出席
   会の名前もみんなで決めた。入会金もみんなで決めた。入会申込書を作れの声。次の会合の日もみん  なで決めた。
 4)2月22日(水) アイプラザ 約60名出席
   ビデオ「日本国憲法」鑑賞。

【06・3・9】
「9条を守る会・はんだ」(準備会)が講演会を企画
 日時:2006年 3月21日(火・祝日)  午後1時半から4時まで
 会場:半田勤労福祉会館(アイプラザ)小ホール
 講師:近藤 真(岐阜大学教授・憲法学)
       「9条が変わったら日本はどうなる?」

【06・1・26】
「9条を守る会・はんだ」発足のよびかけ
 2004年6月、9名の著名な文化人・学者によって「9条の会」がつくられ、アピールが発表されました。
 アピールは、「9条を改正し」「軍事優先の国家へ」向かおうとする日本の現状を憂え、「日本国憲法9条」を守るという一点で手をつなごうと呼びかけています。憲法9条にこめられた理念は、日本国民の悲願であり、永久に守らねばなりません。
 平和を希求する私たちは「9条の会アピール」に賛同し、市民各界の皆さんが「9条を守る会・はんだ」に参加下さるよう心からよびかけるものです。
                                              2006年2月
  <呼びかけ人>(アイウエオ順) 2006年1月末現在
  朝日 柊一郎 (詩人・イラストレーター)
  稲葉 謙之輔 (元会社員)
  遠藤 一義 (半田文化協会会長)
  小泉 潤  (ルーテル教団牧師)
  佐藤 明夫 (半田空襲と戦争を記録する会代表)
  篠田 潔  (日本キリスト教会前牧師)
  高橋 健次 (ポポロ動物病院院長)
  成田 完二 (知多中央民主商工会会長)
  間瀬 和子 (市会議員)
  松下 啓  (年金者組合知多地域支部長)
  森 真悟  (名古屋芸術大学名誉教授)
  森下 祐一 (元公務員)
  横井 範子 (主婦)

 「9条を守る会・はんだ」申し合わせ事項 (案)
1、名称  本会は「9条を守る会・はんだ」と称します。
2、目的  2004年に9氏によって発表された「9条の会」アピールの精神を広め、日本国憲法に示された平和理念を未来に伝えていくことを目的とします。
3、会員  本会の目的に賛同する個人を会員とします。
       会員は、入会金一口200円(できれば5口以上お願い)を納入します。
4、事業  本会単独、または他の9条の会と協力して以下の事業に取り組みます。
  @憲法9条の理念普及のための講演会、展示会などを開催します。
  A平和のための学習会、調査、署名運動などをおこないます。
  B会報の発行など宣伝活動をおこないます。
  C会員相互の親睦を深め、本会の目的を実現するための諸行事をおこないます。
5、運営  本会を円満に運営するため世話人会を設け、世話人会の下に事務局を置きます。
       世話人の任期は一年とします。ただし再任をさまたげません。
6、財政  本会の財政は、入会金、寄付金、その他事業の収益でまかないます。


【05・12・28】
「知多市 九条の会」が結成のつどいを開催
12月11日(日)、午前10時から、知多市ふれあいプラザ2階ホールで開催されました。
<以下の基本的とりきめが確認されました>
1)会の名称と目的
 会の名称を「知多市 九条の会」とし、あらゆる立場の違いをこえて、憲法九条の改訂に反対し憲法を守るという一点で手をつなぎ、世論と運動を広げるための活動をおこなうことを目的とする。
2)会の活動内容
◎「九条の会」アピールを支持し、これを広める。
◎その他、会の目的を達成するために必要な諸活動をおこなう。
◎「あいち九条の会」その他全国各地の「九条の会」と連携する。
3)組織体制
◎会の目的に賛同するものを会員とする。
◎会員は、自分のできる方法で、会の趣旨を広く呼びかける役割を担う。
◎会には、事務局と世話人を若干名置き、会の運営に当たる。
4)財政
会の財政は、会費(1000円)もしくはカンパおよび事業活動等で運営する。
<呼びかけ人>
2005年12月9日現在、62名の呼びかけ人。会員数は、12月11日現在、103名。
<行動提起>
学習会、山田昌さんたちによる「この子たちの夏」上演、平和コンサート、「はがき通信」「9条の会」アピールへの賛同署名などが提起されました。
「守ろう九条」(「知多市 九条の会」ニュース)創刊号 (PDFファイルファイル)


【05・12・28】
「あぐい憲法九条を守る会」(仮称)が、賛同者を求めるアピール発表
以下の申し合わせ事項にもとづき、賛同者をつのるアピールが発表されました。
《申し合わせ事項》
◎会の名称を「あぐい憲法九条を守る会」(仮称)とする。
◎憲法九条を守る一点で立場の違いをこえて手を結び行動する。
◎会員は「九条の会」アピールに賛同する個人とする。
◎会の費用は募金・事業活動で賄う。
《呼びかけ人》
飯塚 慧(医師)、家田 孝一(文化協会理事)、石川 桂(前阿久比町長)、澤田 道孝(阿久比町議会議員)、柴田 正夫(会社役員)、清水 清(獣医)、新美 一郎(坂部在住)、新美 治一(名古屋経済大学法学部教授{憲法})、三木 一(宣教師)、三橋 康子 (元教員)、渡辺 錦吾(文化協会会長)
12月19日現在。氏名はあいうえお順です。


【05・12・23】
美浜町九条の会(準備会)が映画会を企画
『映画 日本国憲法』(ジャン・ユンカーマン監督作品)
日時=2006年1月8日(日)  午後2時〜4時
会場=奥田公民館 和室
企画
  ◎「映画 日本国憲法」  今回はビデオ作品を上映いたします
  ◎戦争体験者からのお話  その他
問い合わせ先
  美浜町九条の会(準備会)
    野間 山本辰見 0569−88−5264


【05・12・13】

□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・12 No.10より引用>

◎9条を守る会・大府
 大府の会は聞くところによると、世話人の皆さんが我先にといろんな企画を持ちだして事務局が困るほどだそうです。
 以上は全くの伝聞ですが、実際、先にいただいた資料によると、この半年くらいの展望で意欲的な方針が出されています。
◆署名=現在540筆を3月中に1000筆以上にする。
◆毎月9日に、新しい情勢のビラを発行し、リーフレットといっしょにまきながら署名をする。
◆1月8日の大府の成人式に、新成人向けのビラとともに署名活動をする。
◆世話人、ニュース会員を増やす活動をする。(職種など的をしぼって)
◆定例会でリレートークをする。
◆3月下旬、100人以上の講演会を開く。講師は新村先生と奥さん。ミニコンサートをする。(世話人の中京女子大の高橋教授)
◆5月に大府周辺の戦跡めぐり。
 以上、会の生命力を育てること、大府市民に対しどの場面をとらえてどう訴えを広げるか。それをどんな目標の下に実行するか。などが多面的、継続的に考えられています。特に情勢の進展につれて「新しい情勢のビラ」を持って住民に呼びかけようとすることは運動の生命力の源になるでしょう。
◎「知多・憲法守ろう情報」ネットワーク、参加団体次々と増加!
 平和を守れ! 憲法9条を守れの声がいよいよ切迫感を持って語られ始める中で、私たちの情報ネットワークに参加しますという声が続々と寄せられています。
 地域の大府市、東海市、職域の教職員の会に続いて、知多市(12月11日に正式発足)がこれに続き、阿久比町、美浜町の会も「ぜひ私たちの運動も知ってほしいし、知多の仲間の経験を学びたい」と参加の意思を表明していただけました。
 知多半島をおおう大きなネットワークが、新しい希望を紡ぎ出すことを願いながら、交流の成果があるように努めたいと思います。
◎美浜町9条の会
 去る11月29日に、「美浜町9条の会」(仮称)の準備会が開催され、当面の予定や知多地域の市町の動きなど話し合われました。
 会の活動の第一歩は、ニュースの発行。「美浜町9条の会だより」NO1が12月1日付けで発行されました。そして、相談の結果、「知多・憲法守ろう情報」ネットワークに参加することにしたと報告されています。
◆映画「日本国憲法」を見る会
 最初の企画は、映画で勉強。
 日時=06年1月8日(日) 午後2時〜4時
 会場=美浜町 奥田公民館 1階和室
◎知多市9条の会
 12月11日(日)、発会式がおこなわれていますが、このニュースに間に合わず残念です。次号で。
◎常滑「9条の会」、入会呼びかけ始まる
 常滑市で、9条の会を作りたいという人がいて、知人への呼びかけを始められたということは聞いていましたが、先日「常滑9条の会設立趣意書」を見る機会がありました。急展開でここまで進んでいたことに驚きました。この会にも知多憲法守ろう情報センターへの参加をお願いすることにします。
 趣意書には、会の呼びかけ人として、陶芸家、医師、宗教家など10人の名前が載せられ、幅広い人の結集が期待されます。
◎半田市の動き
 12月9日に2回目の懇談会。伊藤勤也氏の講演で勉強した後、会の創設に向けて、具体的にすすめよう、早く設立しよう、などと意見があって、まず数人で準備の話し合いを持ち、来月も集まることを約束しました。
次回は06年1月24日(火)

【05・11・14】

□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・11 No.9より引用>

知多半島南部にも急速に広がる「9条」運動
 今までに、知多半島北部の大府市、東海市、知多市に「9条の会」(ないしは準備会)がつくられ、それぞれ一定の活動を展開していることはお知らせ済みですが、その後、知多半島南部でも動きが活発になっています。当情報センターとしては、早くそれらの人、組織とコンタクトをとり、豊富な資料を提供できるようにしたいと思います。
 次は入手できた範囲の動向です。
◆「美浜町9条の会」(仮称)設立へ
<「9条の会」アピールに応え、憲法を守る輪を広げましょう>
 美浜町では、町内4地域から5名の人が名を連ね、「美浜町9条の会」設立への賛同を訴えるチラシを作成しました。
◆「あぐい憲法9条を守る会」(仮称)準備会
 阿久比町では、早くから有志の話し合いを続けてきたと聞きます。チラシによると、今年8月に、町民に「賛同者になってください」と呼びかけを始めたもようです。なお、申し合わせ事項として、会員は「9条の会」アピールに賛同する個人、会の費用は募金・事業活動でまかなう・・・などを示しています。
◆半田市・まだ名称のないつどいが出立! 次は12月9日に集まろう!
 知多革新懇談会の有志が、9条の危機を見過ごすわけにはいかないではないかと発議。11月4日、半田勤労福祉会館(アイプラザ)でさそいあった15人が集まって初会合。自己紹介の後、さっそく「テレビ討論なども見ているが、国際平和に役立てるなどと言われるととまどってしまう。憲法があってもイラクに自衛隊はどんどん行っちゃうし、いまさら何を、とも思うし・・・」といった発言もありました。
 会の形より、勉強しながら、仲間をさそいあいながら、進む方向を話し合って行こうとまとまり、9条について講師を呼んで勉強しよう、一人が一人をさそって次の会に集まりましょうと決めました。
【講師の要請先について】
 憲法学習連続講座を企画している「自由法曹団愛知支部」が県内各地の要請に応えて講師派遣に応じます。交通費・資料代含めて5000円の経費を負担してください。とのこと。
 名古屋第一法律事務所内(中区丸の内) 電話 052−211−2236

「知多市 9条の会」12月11日設立総会予定
 「知多市9条の会(準備会)」では、10月16日にセイブ・イラクチルドレン副代表の山縣忍さんを講師に招いて「学習会」をおこないました。
 いま、憲法9条は、日本だけのものではなく、「世界の宝」となりつつあります。この9条を守るためには、より多くの人に戦争の悲惨さを知ってもらうことが大事なのではと企画しました。
 当日は、若いお母さんや大学生なども参加され50人余で会場がいっぱいになりました。
 「知多市9条の会」準備会では、12月11日(日)に設立総会を予定しており、目下会員増やしと、この平和を守る運動をどう展開させようかと論議を深めています。

東海市9条を守る会
 戦争遺跡を訪ねるハイキング  11月27日(日)10時 名和駅集合
    名和高射砲陣地・天竜隊跡  解説あり

9条を守る会・大府
◎会の発足以来1年。定例会12回。連絡ニュースNo9号まで発行。
◎最近の活動
 ◆映画「日本国憲法」を見る会 41名参加
 ◆月一回、9の日街頭宣伝と署名。いつも5〜6名参加。署名540筆に到達。
 ◆勉強会:「自民党・民主党の改憲案を聞いて、これからのことを考えてみよう会」
    11月1日(火) 午後7時 北山公民館
    お話:新村 洋史先生(中京大学教授)

その他の組織の活動
◆知多教職員9条の会:映画「日本国憲法」を見る会  10月29日(土) 半田アイプラザ
◆武豊町職員組合:組合内賛同署名72筆 引き続き実施中
◆年金者組合知多地域支部:4月からの9条署名 435筆

【05・10・11】
「美浜町 九条の会」(仮称)がよびかけを発表
 「美浜町 九条の会」(仮称)が下記のよびかけを発表しましたので紹介します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「九条の会」のアピールに応え、憲法を守る輪を広げましょう
 2004年6月、日本の知性と良識を代表する9人の方々が、「9条の会」を発足させ、憲法を守るためのアピールを発表してからすでに1年が過ぎ、大きな広がりを作っています。
 この1年あまりで、全国で3000をこえる地域・職場の「会」が作られるなど、草の根からめざましい運動が広がっています。私たちもこれに呼応して、憲法を守る輪を広げたいと立ち上がりました。一方、9条を中心に憲法を「改定」しようとする動きはさらに強まり、自民党をはじめとして具体的な草案が出てきています。
 知多地域でも、世界に誇れる憲法9条をぜひ守りたいと、各地で運動が始まりましたが、美浜町でもこのアピールに賛同する輪を大きく広げ、【美浜町 9条の会】(仮称)設立にむけて取り組みを始めました。この趣旨をご理解いただき、多くの皆さんの賛同を心から訴えます。
【美浜町 九条の会】(仮称)
 <連絡先>
 河和:坂井 忠夫  河和:大曽根 毅
 布土:久田 健吉  奥田:水野ユリ子
 野間:山本 辰見(рO569−88−5264)
【美浜町 九条の会】の基本的な取り決め(案)
1)九条を守るすべての個人・団体と協力・共同して必要な活動をすすめます。
2)「九条の会」のアピールを支持し、これを広めます。
3)この「会」は、個人の賛同者によって構成し、募金・寄付金等で運営します。
4)この「会」に若干名の代表世話人と事務局をおきます。
5)その他、九条を守るために必要な活動をおこないます。


【05・9・20】
「あぐい9条を守る会」(仮称:準備会)が活動開始
 阿久比町の有志が集まって、「あぐい9条の会」結成の動きが8月から始まりました。
 9月19日にも15名の方が集まり会合。賛同者を広く呼びかけようと話し合われました。
    あぐい9条の会(仮称:準備会)のよびかけ文   (PDFファイル)


【05・9・20】

□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・8 No.6より引用>

会員200名に到達して結成のつどい 東海市9条を守る会
  8月7日(日) 10時:東海市勤労センター
 6月に「ビデオ・日本国憲法」試聴会を実施した頃には70名ほどだったこの会は、ついに会員200人に達して、結成の集会にこぎつけました。その苦労のほどは次回に紹介することにして、会が内包する熱意、様々な知恵と工夫、多様な文化的意欲を示した結成総会になりました。このエネルギーが今後どのように発揮されるのか期待は大です。
9条の会・大府
「平和の鐘」要請に市内寺院訪問
 9条を守る会・大府の事務局・木下さんと深谷さんが、東海市9条を守る会結成の集いで連帯の朝いつをされた際、大府の活動状況も紹介。その内から・・・・
<平和の鐘>
 8月15日、終戦60年を記念し、二度と戦争の惨禍を招かない願いを込めて、平和の鐘を町に鳴り響かせたい。会の発足時からの願いを実現すべく、大府市内仏教会の24寺院の訪問をやりとげた。
 聞けば、あの戦争で大府市だけで1000名の犠牲者があるとのこと。慰霊と平和の誓いを示してくださいとお願いして歩いた。
 言われなくてももうやっていると言われる所もある。あなた達はどこの政党か? どの宗教団体か? と問い返されることもある。そこで!「9条を守る会」の性格・・・・一点だけで集まった会であることを話す。
 私たちの感触では、半数のお寺が賛同してくださったようだ。8月15日には市内のあちこちでお寺の鐘を聞くことができるだろうと期待している。
<署名>
 毎月9の日に、2ヶ所のスーパー前を借りて「9条守ろう」の署名を実施。参加者が事務局の2名だけという寂しいこともたまにはあるが、だいたい、7〜8名が集まってくる。近所の顔見知りだけの人が、避けて通っていくことなどもあったが、だんだん声をかけに近寄ってくれたり、話しかけてくれたり。話しかけられると署名が集められなくて困るようにも感じてしまうが、それが大事なんだ。最近は、9条のポスターを張った私の家まで署名簿を届けてくれる人も出てきた。
 いま、署名は500筆を越えている。

【05・7・6】
映画「日本国憲法」上映会 7月31日(日)開催
場所:知多市地域文化センターホール
  第一部 12:30開場 1:00上映
         映画「日本国憲法」(監督:ジャン・ユンカーマン、78分)
  第二部 15:00講演 八田ひろ子前参議院議員
       上映の運営費をまかなうための協力費を若干お願いします。
主催:映画「日本国憲法」を観る知多の会
    後援:民青同盟知多地域協議会、日本共産党知多地区委員会


【05・7・6】

□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・7 No.5より引用>

<地域に広げたい私たちの思い>
 
「知多教職員9条の会」では
 5月14日に正式発足したこの会は、6月から行動を開始しました。その様子を「第12回平和学習会」の交流時間に報告もしました。
★駅頭宣伝を定期に
 6月11日、第一回は知多半田駅で9条の会のパンフレットと私たちの会の訴えを配布。以後、月2回、各地の名鉄駅前で宣伝。
★目に見える宣伝物、体につける宣伝物を
 駅頭宣伝の際にものぼりをかかげます。6月11日には雨降りのため披露できず残念!と言っています。6月24日には夕方、太田川・河和駅ではためいていたでしょう。
★Tシャツもつくる
★ニュースも発行
 A4版のニュース第一号もできあがりました。
<5年ぶり100人の集会に>
第12回平和学習会 主催:知多教労・半田空襲と戦争を記録する会
 6月25日(土)13:30より、半田市雁宿ホールで開かれたこの集会は盛況でした。
◎べ平連・小中陽太郎氏撮影:「イントレビットの4人」、19才のベトナム脱走兵たち「私はアメリカ人である。我が憲法の精神に勝利あれ」
◎在日朝鮮人:韓在館さん:私は「日本人はAクラス、在日朝鮮人はCクラス、向こうから来た朝鮮人はCクラス」と思っていた。悲しいことです。
◎原爆投下の広島へ、甲斐 昭さん:「下痢をする。頭髪が抜け落ちる。その後も首の回りに悪臭を伴った数多くのできもの。また頸部リンパ腫による13回の手術。さらに甲状腺癌の終日。胃の手術。目の手術・・・」
◎「今こそ平和をつくる」小中陽太郎さん:穴の中で自分の思想を大事にしているのでなく、記録し、つたえ、人のつながりを作って平和を!
<ミニニュース>自衛隊が阿久比に!
 先々月、自衛隊が100人ほど阿久比町内を歩き回ったらしい。単なる集団行進訓練ならわざわざ阿久比町くんだりまで来る必要もなかろうに。ゲリラ戦訓練か?有事法制化の地域住民対策の訓練か?どっちみち住民の住む部落の中で軍事訓練なんてちょっと許せない!
                  この件に関する関連資料をこのホームページ上で紹介します
                       =日本共産党阿久比町議団の質問  PDFファイル
                         あぐい民報(05・07一面)  PDFファイル

【05・6・23】
「日本福祉大学 9条の会」の紹介
 「日本福祉大学 9条の会」は、4月16日、学園内5団体が協力して発足しました。結成集会には100名を越える広範な人々が参加し、憲法9条を守る決意を表明しました。
 この会は、「9条の会」アピールの趣旨に賛同し、この趣旨を広く学内に広めることを目的としています。
 呼びかけ人、および世話人は、日本福祉大学教職員組合、日本科学者会議日本福祉大学分会、日本福祉大学附属高校教職員組合、日本福祉大学生協、日本福祉大学全学学生自治会で活躍する方々が、個人として参加し構成しています。
 事務局は、以下におかれています。
   知多郡美浜町奥田中之谷2−1 日本福祉大学附属高校教職員組合内
   пF0569−87−2311
   同会の結成アピール (PDFファイル)


【05・6・17】

□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・6 No.4より引用>                 

<東海市9条の会準備会は本格的活動に>
 4月3日には、すでに第一回学習会を開催。
 代表世話人として、桜井幸雄さん(元愛知製鋼勤務)も内定し、6月の正式発足に向け会議を重ねています。
★第2回学習会
 とき 6月5日(日)PM1時30分〜4時
 ところ 東海市しあわせ村(視聴覚室)
 映画 日本国憲法
 アメリカ人、ジャン・ユンカーマンが監督するこの映画は、世界各地の人間としての智をそなえた知識人たちのインタビュー集です。「すべての戦争は自衛の名目でおこなわれる」の言葉で始まるこの記録は、まるで世界の、人間の歴史をひもといているような臨場感でせまってきます。
 この日の参会者は35人ほどでした。
事務局長さんの話。会員200人目標。
 2月から準備会を始めて、月2回の定例会議を続けてきました。今月も、1日と15日に開きます。会員を200人に増やす目標を持っていますが、会員を増やす手だてとしては、世話人が地域を担当して回ろうということにしています。昼中は留守の家が多くてなかなかはかどりませんが努力中です。現在63名に到達しました。地域の隠れた戦跡も発掘して見学会をと考えています。
   <資材情報>
       映画:日本国憲法  監督:ジャン・ユンカーマン
       企画・政策・発売=株式会社シグマ
       VHSビデオ 78分
<武豊町職労:憲法学習会に18人>
5月13日学習会開催
「憲法を守り、仕事・暮らしに生かそう」という運動の節目に!
 組合発行の5月16日付けニュースは、学習会をおこなったことを報じています。講師に、自治労連愛知県本部・永井さん。

◆◆◆第12回 知多平和学習会◆◆◆
講師:小中陽太郎氏(中部大学教授 作家)
《日時》05年6月25日(土) 13:00開場 13:30開会 16:20終了予定
《会場》半田市福祉文化会館(雁宿ホール)講堂
《日程概略》 映像=「イントレビットの4人」ベトナム脱走米兵の記録
        体験証言=強制連行朝鮮人青年との思い出・・・藤本武男さん
                救援活動中に被爆して・・・甲斐 昭さん
        発言・質問と意見交換
        講演=今こそ平和をつくる・・・・小中陽太郎氏
<主催:半田空襲と戦争を記録する会、知多教職員労働組合>
□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・5 No.3より引用>

年金者組合・知多地域支部「憲法9条守ろう」を重点課題に!>
◆戦争体験を聞くつどい
その(1) 4月24日(日)午後1時     武豊中央公民館 17名参加
  「関東軍の壊滅を見て」(組合員:三井昇三さん)
 明治以来、日本の海外侵略の第一の目標になった中国東北地方=満州それを「日本の生命線」と称して支配してきたが、その地の権益を防備する「関東軍」に配属された三井さんは、敗戦前後をどう生きてきたか。
    *三井さんは、どこへでも出かけてお話しします、といっておられます。
その(2) 5月12日(木)午後1時30分 阿久比町内個人宅
その(3) 6月6日(月)午後2時 常滑市奥条 大善寺
      戦争と空襲を記録する会 佐藤明夫さん
◆憲法署名行動 
 4月24日(日)10時から 半田図書館前 5名で52筆
 例月の年金署名の時と比べると人出自体が少なかった。
 「いろいろ考え中だから」と明確な拒否を告げる人がいたのが、年金署名との違い。でも、年金署名と比べて、だいたい同じような割合で足が止めてもらえるのに力強さを覚えた。
<大府の歩みと教訓> 
 9条の会・大府は、発足以来7ヶ月。その歩みから学べることは・・・
《小さなまちでもできる! 有名人がいなくてもできる!!》と言うこと。
 憲法と、その9条の重大さを知る人はたくさんいる。気持ちのある人を結集すればできる。
 毎月の世話人会は、常時10〜20人と集まる。そうするといろいろな知恵が出てきて、段々活動が形をなしてきた。
 ◆5月の定例署名は、9条にちなんで9の日。共和フィール前を予定したが、休店にぶつかり、地域訪問して署名をおこなった。
《これからの企画》
 8月には平和行進への参加。8月15日には、市内の24寺院に平和の鐘をついていただけるようお願いに上がる。10月には大府の戦跡めぐりなど。大府市民の間に、9条の心がだんだん浸透するに違いありません。
<知多地方教職員組合のその後>
4月23日(土)13:30 阿久比エスペランス丸山(30人参加)
「教育基本法と憲法9条を守る知多教職員の会」
名古屋造形芸術大学短期大学部教授・大橋基博氏講演

【05・4・30】
 憲法問題学習討議資料 「国民投票法案」を検証する  PDFファイルです左をクリックを
 <おもな内容>
  ◆国民投票法案制定のねらいは、憲法9条の改悪
  ◆検証1 国民の意思を反映しない投票方法に道を開く
  ◆検証2 若者の意見表明を奪い、改憲しやすい仕掛けをつくる
  ◆検証3 国民に正確な情報を知らせない
  ◆改憲策動の第一歩、国民投票法案の国会提出を許すな!
【05・4・29】
  右のポスターは、日本共産党中央委員会作成のものです。全国で街角に張り出します。


【05・4・24】
□■知多・憲法守ろう情報■□<2005・4 No.2より引用>
◎5000人に憲法守ろうと訴え
 3000人の教職員にはハガキ郵送(知多地方教職員労働組合)
 知多労連加盟の知教労(略称)では、「憲法守ろう」の訴えを広範な人に配布することを決め、3月上旬には、知多半島内のすべての教員3000人へのハガキ郵送作業を終えました。さらに支部ごとに、地域の行政機関、幼稚園、保育園など教育機関の人、議会人にも広め、できれば父母、地域にもと、計2000枚の配布を完了するいきごみで取り組みました。
<書記長の話>
 教育を預かる私たちとしては、憲法それとセットにしての教育基本法の改悪だけはなんとしても食い止めたい、何とかしたいという気持ちでした。しかし、具体的な運動を日々おこなうことはむつかしい! 私たちの主張を教師仲間に伝えたいし、地域の人にこういう思いを持つ者がいることを発信するにはどうするか、お金は確かにかかるが思い切って郵送もしようと決心しました。

 知多地方教職員労働組合では、この運動を地域でも発展させたいと、知多半島内の高校教師の組合、大学の教職員組合、幼稚園、保育園などの組織にも呼びかけて、下記の集会の成功をめざしています。

「教育基本法・憲法9条を守る教職員の会(仮称)」
日時:4月23日(土) 13:30
会場:阿久比町エスペランス丸山・和室
内容:名古屋造形大学・大橋基博教授の講演

◎「9条の会・大府」 記念総会開く  4月10日(日)
 2月の講演に40名、今回の講演に70名の参加
 昨年10月に発足をした「9条の会・大府」では、今まで7回の会議を重ね、今回は総会をかねた後援会を開きました。
 今回の藤本 博(南山大学)氏のお話は、「米国の世界戦略の歴史から見る憲法9条の改正への動き」と題されました。第二次世界大戦以後60年の戦争と平和のせめぎあい、ベトナム戦争が物語る世界史の流れや、そこから何を学んで世界に生かすか?という人類史的な観点のお話しは、特色のあるものでした。