2007年5月

久永和枝WEBに戻る 
2007年5月 久永和枝活動日記
5月31日(木) 朝からバタバタ
5月30日(水) 明日から一般質問の通告提出開始!!
5月29日(火) 6月議会一般質問の主題
5月28日(月) 議会質問準備で消防署へ
5月27日(日) 「子どもたちを戦争に出さないために・・・」
5月26日(土) 住民税増税中止の署名
5月25日(金) みんなで循環バスに乗って市民の声を集めよう
5月24日(木) 脳みそが沸騰しそうな毎日ですが、充実しています
5月23日(水) 実務の一日
5月22日(火) さて、初めての6月議会でなにを質問するか。山口さんと議員団会議
5月21日(月) 大府市役所にて、「新人議員研修」 終日
5月20日(日) 増税中止署名をとりくみました
5月19日(土) 大府市後援会ニュース(久永版:No.5)がでました PDFファイルです
5月18日(金) 日本共産党愛知県委員会の地方議員研修会
5月16日(水) 一日、厚生文教委員会でした
5月14日(月) 6月議会にむけて、市民の要望をもとに各担当課と話し合い
5月13日(日) 半田市での「巡回バス シンポジウム」に参加しました
5月11日(金) 日本共産党「新人議員研修会」に参加
5月9日(水) 「初めての質問!!」

5月31日(木)】
 今日は早朝から、バタバタ・・・・家族の入院。いつ何があるのかわかりません。

【5月30日(水)】   明日から一般質問の通告提出開始!!
 今日は昨日の議員団会議を得て、一日、家の中でパソコンとにらめっこ(^_^;)。息抜きに家事をし(!?)リフレッシュしているのかどうなのか????とりあえず、言葉にすることで、調べるものも出てきました。明日は、市役所で缶詰めの予定です。
 夜は、班会議。子どもたちのお風呂をすませ、ご飯の用意をし、「藤原紀香」の結婚式の様子も気になりながら出かけるのでした。帰宅してから、明日のご飯の用意、保育園のお便りなどに目を通し、またまたパソコンへむかうのでした。今日中には寝るぞー!

【5月29日(火)】  6月議会一般質問の主題
AM:団会議に村上前議員に参加してもらい、6月議会のうちあわせ。
 一般質問のテーマは以下のようになりました。
(久永)
 1:利用者の立場での保育園入園について、保育料について
 2:循環バスについて
(山口)
 1:共和東保育園の民営化について
 2:半田養護学校のスクールバスについて
 3:高齢者支援対策について
 (粗大ゴミ援助・住宅保証人について・火災報知器について・温水プールの割引券配布枚数の引き上げ)
6月議会の一般質問をおこなう日は、6月13日(水)と14日(木)です。
ぜひ傍聴にきてください。

PM:集金・後援会ニュースの配布。数人の方とはお話しができました。
 夕方はアトピーの子の受診に子どもたちと出かけ、帰りは8時過ぎ。帰りの車の中で眠くなりぐずり始めました。急いでご飯食べてお風呂に入り布団へ・・・。共働きにとって(も?)、通院は大きな負担の一つです。

【5月28日(月)】
   議会質問準備で消防署へ
 今日は、ケガをした子どもの受診から始まり、新聞の集金、6月議会の質問の準備。新人議員研修で聞きたかったけど時間がなくて聞けなかったことを聞きに消防署に立ち寄りました。
Q:一人暮らしの高齢者世帯の把握は登録した世帯のみなのか?
A:社会福祉協議会に登録されている世帯については全世帯把握し登録してあるとのこと。
Q:AED(心臓が停止、または停止しそうな患者に電気ショックをあたえ、心臓を回復させる機械)の設置場所の携帯用のカードなどを講習後に配布してはどうか?
A:記入したチラシはあるが携帯用はない。また、設置場所も増やしていく方向のため、その都度の更新が難しい。
Q:どこかで知らせていくのであれば、広報などに載せ、自主的にはなるが切り取って携帯してもらうようにしてはどうか?
A:そうだね、検討してみます。
 広報であれば、全世帯に配布となる。AEDを使った事がない人もどこに設置されているのか、多くの人が知っておくこともいざというときは心強いと思う。

 もうすぐ6月議会の通告の締め切り。今日は、一般質問通告書に箇条書きしていたものを、具体的に書き直してみた。実際に質問となると、言いたいことはたくさんあるのだが、なかなかまとめようと思うと難しーい。明日の議員団会議で確認してもらうためにも、もう少しまとめたかったのだが・・・・。

【5月27日(日)】   「子どもたちを戦争に出さないために・・・」  
AM:家族で、戦火に芽生えた淡い恋「紙屋悦子の青春」の映画鑑賞に出かけた。みんなでみる予定が、子どもたちは暗いのが嫌だと結局、夫が子守りとなった。
 私の故郷(九州)を思い出す方言での映画だった為、みんな言葉が分かっているのかなーと思いながらみていました。戦場場面がない中、恋物語の裏側には悲惨な戦場をそれぞれがもったイメージで恐怖を感じ取るような映画でした。
 お昼を食べに公園に出かけたのですが、やはりすぐには出られず、私と三男だけ次の講演に出かけました。
PM:ひがしうら「九条の会」結成のつどい・記念講演に参加しました。久しぶりの友人たちや知り合いにも会えたのもうれしかったです。和太鼓と合唱団のうたでのオープニング。学童保育所の指導員時代に少し教えてもらった太鼓の演奏もあり、もう一度やりたいなーと思い、見入っていました。そして、全国で6000もある「9条の会」の一つなんだよなーと感じながら講演をききました。
 先日名古屋の一人の男性の発砲事件で、大騒ぎとなったにもかかわらず国が、「戦争のできない国からできる国にしたい」そんな事を本当に思っていることがいまだに信じられません。ある人が、「戦争は勝っても負けても幸せではない」といっていました。では何のために戦争をするのか?
 今の平和が当たり前ではなく、平和な事が幸せなんだと再度感じた一日でした。

【5月26日(土)】  住民税増税中止の署名
 今日は子連れ(一人)で街頭宣伝。栄のスカイル前で八田ひろ子の宣伝カーを見つけると「はやく(八田)ひろ子さんとあくしゅしてこなきゃ」と子どもは、八田ひろ子さんを見ると握手するものだと思っているようです。
 街頭宣伝をしていると八田さんに握手を求め、署名をしていく方、子ども署名と増税中止の署名を書き「もう他に書くものないの?」という方。「共産党を悪くいう人がいるけど悪くないよ」とわざわざかけよって伝えに来る人もいました。また、立ち止まって聞いている人も。写真の左から二人目(八田さんの横)が私です。
 そのあと大府市にもどり、時間としては終了前でしたがフィール前での署名に参加し、増税中止をもとめる運動をしました。大府支部と青年班、議員団での取り組み。ここでも「他人のお金だと思って、税金の使い方にも腹が立つ」と署名をしていく方もいました。

【5月25日(金)】  みんなで循環バスに乗って市民の声を集めよう
 今日は月に一回の日本共産党大府支部の班会、昼の部。夜にはなかなか参加できない人たちの集まりです。
 昼間活動できる為、選挙の前からとても頼ってきたメンバーでもあり、ビラの配布、後援会ニュースの作成、配布と大きな力となっています。今日は、公約にかかげた循環バスの充実のためのアンケート調査をお願いしたくて簡単な資料をそろえました。
 早速、同意をしてもらい来週中にみんなでバスに乗ることにしました。市民の要求を吸い上げ、議会に届けるのが議員の仕事ではありますが、解決に近づける為にも班の人たち、そして市民との共同がなければ難しいことばかりです。選挙後も継続した活動ができるありがたさを再度感じた一日でした。

・・・・三男が4歩、5歩と歩きはじめ、共働き再開の一週間が終わろうとしています。しばらくは(まだまだ?)、慌ただしさが続きそうです。

【5月24日(木)】  脳みそが沸騰しそうな毎日ですが、充実しています
AM:今日は議会の各会派の代表者会議、その後、団会議で議案の報告があり、「大府市都市開発公社」学校の工事の「落札」について担当課に出向き、概要や資料など見せてもらいました。市役所にいると様々な専門分野の担当者がいて分からないこと、その時疑問に思った事がすぐに分かる為、勉強になります。研修で何となく聞いた事等がつながっていく気もします。しかし、今までにないデーターを頭に入れていくため、脳みそが沸騰しそうな毎日です。同じ勉強でも、生活とこんなにつなっがっているととても興味があり、色々なことを知っていくことが楽しく、毎日がとても充実しています。体はしんどいけど・・・。楽しいだけでは勤まりませんが、きちんと市民に返していけるよう、がんばりすぎないようがんばっていきたいと思っています。
PM:明日の会議の資料作り。
 ・村上前市議と議会質問についての確認、相談。
 ・夕飯作りに家に戻りる。駐車場で子どもたちとすれ違い、夜の会議へ。
 ・「県道瀬戸大府東海線改良事業対策委員会」に出席。参加者のつもりで慌てて出かけると、会場には来賓席が・・・・ジーパンで出かけて、「しまったー」・・・地域の区長さん、県や市の職員、市議会議員など50人ほど見えていました。しかし、女性は私一人という世界でした。途中、考えを聞かれ、緊張しましたが、これまでの地域の方との対話を二つほどあげ、一緒に積み上げていきたいと意見をのべました。

5月23日(水)】   実務の一日!?
AM:たまった久永日記を無理矢理(?がんばって?)仕上げ、たまった家事、そして夜会議で家を空けるため、夕飯の下ごしらえなどでバタバタし市役所へ。
<生活安全課>以前に頼んであった「どこのバス停で何人乗ったか」の資料をもらい、説明もうける。担当課もまだ分析していないできたての資料。バスの走っている道も知りたく、市役所で買った白地図におとしてもらう作業も頼むことができ、私としてはとても助かりました。
PM:今回、政務調査費の会計、議員団会計(家計もですが)の担当。たまっていた実務などの整理。
 なかなか出向けなかった横根区長の事務所を訪ねるが留守。決まった曜日と時間にしかいないとのこと。出直すことに。
 たまった宿題・学習をしている間も、「カタカタカタ・・・」とFAXが入り、予定はきれいに手帳を埋めていくのであった。
 ・夜は、週に一度の班の会議。
 ・帰宅後、25日(金)の班会(昼の部)の資料作り。循環バスのアンケート調査をしたいため、お願い文とアンケート作成。

【5月22日(火)】  さて、初めての6月議会でなにを質問するか、山口さんと議員団会議
午前中・・・・大府市役所にて、大府市、東海市、知多市の日本共産党市議会議員の「3市協議会」(月1回程度)
 今回は主に、参議院選挙に向けての取り組みや運動。6月議会に向けての具体的な質問や国政についての情報交換でした。
午後・・・・・・山口議員と「日本共産党大府市議団会議」(毎週または必要なとき)
 主に、今後の視察なども含めての予定の確認や、6月議会の質問に向けての調査活動の仕方や、ポイントなど深めています。といっても初めてのため、当選してからずーと「何にしよう、どう進めようと」意識していました。ほぼ固まってきたため、もう少し具体的に進めていく予定です。
 ・・・・・・今日は、保育園の遠足。年齢で持ち物が違うため、おやつがある長男と、必要ない次男。次男も「おやつもっていくー」と朝から大泣きのスタートでした。

【5月21日(月)】  大府市役所にて「新人議員研修」 終日
 午前中・・・・・大府市内の公共施設の視察。クリーンセンター・配水所・石ヶ瀬会館・保健センターなど・・・。
 午後・・・・・・・「予算とは?」「総合計画についての概要」「議会運営」等についてのお話しでした。
 ・・・・・・・実は、夫がここ一ヶ月あまり就職活動中だったため、久永家には主夫がいました。めでたく(!?)就職が決まり、今日が初出勤。これまで当たり前だった共働きが、再度スタートします。専業主夫がいると(当たり前ですが)非常に助かると実感した、一ヶ月でした。当たり前に過ごしている方にも、伝えたいありがたみです。

【5月20日(日)】  住民税増税中止署名をおこなう
 午前中・・・・・コミ二ティーの運動会に家族で初めて参加、出場しました。保育園の子にも何人か会い、初めてなのに地域の懐かしさを感じる楽しい運動会でした。
 午後・・・・柊山の「フィール」にて、日本共産党の街頭宣伝と「増税反対」直接安倍首相に届ける署名活動をしました。「書かせてほしい」とよってくる方と、「うちは○○党だから」と断る人も。良い署名であれば党派を超えて一緒に行動できたらいいのになーと思っています。

【5月19日(土)】 くもりのち晴れ
★今日は、大府中学校の運動会をのぞきに行きました。朝方の雨が心配でしたが、開会式にはすっきり晴れ、来賓席では砂ぼこりの立たない、「良いグランドの湿り具合」だという声もありました。子どもたちの姿を見て、自分の子どもの頃や、学童保育所の緑区全体での運動会など、懐かしく思い出しました。
 開会式ストレッチに参加し、一つだけ競技を見て・・・・次の会議へと向かいました。
★日本共産党の 知多地域の議員が集まる議員団総会・・・1日会議でした。
 選挙の総括や6月議会の質問項目などの報告や意見交換が主でした。当たり前ではありますが、公約の具体的な実現に向けての思いも感じた会議でした。
★帰りに、以前に地域の方から聞いていた要望。担当課とのやりとりの経過報告をしに家を訪ねました。電話ではお話ししたのですが、なかなか直接あえず、今日になりました。経過を話し、後援会のニュースも読んでいただけるとのこと。早速、bTの後援会ニュース(PDFファイル)を届けたいと思います。
★そして、子どもを寝かしつけてから、県委員会からの現行依頼の宿題を仕上げるのでした。400字たらずなのですが、もともと、読み書き(話す)の苦手な私にとっては時間のかかる宿題でした。

【5月18日(金)】  日本共産党 愛知県内の地方議員の研修会
 終日、日本共産党愛知県委員会で地方議員研修会
 右の写真は、新人議員紹介で話をする私です
 夜は東海市、大府市、知多市の三市の市議会議員で、勇退する村上さん(元市議)と私の歓送迎会でした。気がつけば、結婚して初めての「カラオケ」も楽しみました。家で子守の夫にも感謝です。
下の写真は、村上元市議と私。

【07年5月16日】
  一日「厚生文教委員会」でした。
 今日は、大府市の1Fにある、担当課の紹介を兼ねての(?)学習会でした。保育園、学校、保険、スポーツなど私の興味のある、身近な課がほとんどだったため、自分の生活や、学童保育所での仕事と重ね合わせながら説明を聞き、市民からの要望と私の気になったところを質問しました。
 各担当課がどんな役割をしているのか、わかった事は、私にとっては勉強にはなりました。しかし、質疑が自由にできる場所でもあったため、もっと、市民の立場での様々な質問ができたらと、予習をする暇もなく、当日を迎えてしまった事を反省し後悔した1日でした。 昼からは、新しい若宮保育園・中学校・共和西児童老人センターを視察しました。
 以前から食事を一緒にしようと妹夫婦に誘われていたため、今日の会議の昼休みに会いました。お互い仕事をしているため調整が難しかったのですが、流れそうになりながらも、何とか45分間ほどのランチをしました。
 選挙後、ゆっくり(?)話をしたのもはじめてだったみたいです。食べるだけ食べ、午後の視察にと退席したのでした。
 夕方は、半田市までパソコン講座(?)に出かけ、編集はほとんど党の地区委員長に手がけてもらい、初めての「大府かわら版」を仕上げました。(右の「かわら版」写真の上でクリックしてください。PDFファイルが開きます)
 予定より帰りの時間が遅くなったため、家に電話をするが・・・でない(^^;)。
 多分、電話にでられない状況(お風呂や夕飯で)と判断し、あきらめ、家路を安全に急ぐのでした。

【07年5月14日】  6月議会にむけて、市民の要望をもとに各担当課と話し合い
★先週、政務調査費を入金するための口座を作ったのですが、手続きの書類に、通帳を作成する理由として「政党助成金を受け取るため」(唯一受け取っていない日本共産党なのに)と書いてしまったため、その訂正に金融機関へ。とんだ勘違いでした。
★選挙時の供託金30万円を戻してもらうための手続きに、半田市の法務局や日本銀行へ。
★大府に帰ってきて、6月議会に向けて聞きたいことを担当課に山口市議とうかがう。一人で聞いたときはなかなか思いが担当の方に伝わらなかったのか、聞きたかったことが聞けなかったのもあり、再び先輩市議とでかけた次第。やはり、山口市議は、担当の方との信頼関係と、聞くポイントが違います。
◎生活安全課
 2回目の訪問。バスに関する資料を追加でもらいに。
 さらに横根町の「信号付けてほしい」の市民の要望
  =「現場をみてから警察に伝える」とのこと。
◎土木課
 「歩道橋の足下の滑り止めが摩耗して危ない。家族のものが雨の日に滑った」
  =「県の管理となるため県に伝えた」その後、改善してもらえるかも含めて担当から久永に連絡をもらうこととなりました。
◎福祉課
 「憩いの家」の陶芸の焼きがまの温度計が壊れ、カンで温度調節をしている状態。なんとかしてー!! という利用者の声。
  =今年度の予算についていない。との返事。
 放課後クラブの利用料の入金が窓口の振り込み用紙。働いているから、引き落としなど利用しやすくしてー という利用者の声      
  =来年度に向けて改善を考えているとのこと。
   「今年の10月からなどできるだけ早く」と再度要望。
 「大家族だが所得制限にかかり、児童手当がもらえない。贅沢はしていないが生活は苦しい」という横根町の方の声。
 子どもが一人増えるたびに所得制限が38万円上がる。その38万円の根拠を教えてほしいと質問しました。
  =後日調べて知らせる。とのこと。

【07年5月13日】  半田市での「巡回バスシンポジウム」に参加しました
パネリスト)森田 優己氏  桜花学園大学  人文学部観光文化学科教授(右の写真)
       半田市企画部長 二宮 公平氏
       辻井 タカ子  東海市議会議員
       松本 ことみ  半田市議会議員
   主催:日本共産党半田市委員会  会場:半田勤労福祉会館(アイプラザ半田)
 半田市は、巡回バスが廃止された事もあり、「自分たちの生活設計が崩れてきたこと」、「通院や買い物が不便」になったものの生活は継続している為、「バス代200円でまかなえていたのが、今はタクシーで3000円かかる」と怒りの声も出ていました。
 参加者から「大府市はバスが走っているだけ、いいわ贅沢だわ」と言われました。しかし、今、大府市は走っていても利便性が悪く、利用しにくかったり、使えない人もいます。利用者もいるものの多くはありません。半田市のように本当に必要なのに、なくなってしまう可能性もあるかもしれません。そうなってから再度走らせようというのは、かなりの運動とパワーが必要です。
 今日参加した事で、せっかくある大府のバスを更に充実させ、維持していきたいと感じたシンポジウムになりました。

【07年5月11日】   日本共産党[新人議員研修会]に参加
 名古屋市中区にある、日本共産党の愛知県委員会で開かれた研修会に参加しました。乗り慣れないJRの中央線に乗り換え、地図を頼りに初めて県委員会に行きました。
 午前中は、「新人議員の自己紹介」と「党地方議員の活動と任務」の講義。午後からは6人の先輩議員の活動の報告がありました。
 参考文献の紹介を中心に、議会のしくみや党の方針、「議会質問を組み立てるために、どのように調査をすすめるのか」「国民健康保険について」命を守るための法律をおさえるなど、質疑も含め「かゆいところに手がとどく」ように知りたいこと、聞きたいことが私にとってはまとを得ていたため、とても充実した一日でした。先輩議員の質問内容は「循環バス」「産業廃棄物問題」「学童保育」「教育」「税金」など命や生活に関わる問題が多く、中には重なるものもあり、地域性はありながらも困っている面は同じだということを感じました。
 子どもの時はあまり好きではなかった、お勉強、特に読み書きやお話すること・・・・。
 今は知らないことがたくさんありながらも、より知りたいと楽しく学んでいます。反面、6月議会まであまり時間がないため、かなり焦りはありますが・・・・。
 今回の研修会で、どんな小さなことでも当たり前のことでも、(党の誰もが)きちんと納得する形で答えてくれること。これは、候補者だった時と変わらないのですが、議員となった今、活動する中で党の議員援助制度や体制(電話などでいつでも対応してくれるなど)の大きな安心を再度ひしひしと感じる今日この頃です。

【07年5月9日】  「初めての質問!!」
 今日は初めての臨時議会。主に、議会運営に関わる、議長や各委員などの人事を決めました。また、国の制度が変わった事で、大府市の税金に関わる条例を議会で確認しました。
 事前に担当課に説明をしてもらいながら、市民にとって良い事なのか、後退することなのかを学習し、議員団としての、賛成、反対を決めていきました。私の中で、「バリアフリー改修工事に関わる良い税の減額制度」はもちろん良い条例ではあったが、市民の使う立場から使いいにくさを感じ、昨日、質問をする事を決めました。
 素朴で当たり前の質問でしたが、もともと、話をするのが苦手な為、前日に原稿を用意し、特に緊張はしていないつもりでしたが、自分の意識とは違うところでかなり緊張していたようで、結局、夜は寝付けず、ウトウトしたと思ったら朝になっていました。(^^;)
 会議中は選挙よりかなり緊張しましたが、疑問を直接、投げかけられる充実感はありました。今回は再質問までしかできない為(規約で決まっている)、最大限にいかし再質問も用意し発言しました。(詳しくは「大府かわら版にて」)
 6月議会に向けて、学習や調査を重ねていきたいと再度、体で感じた1日でした。今回、本会議中に質問(久永)や、反対の意見をのべた(山口・・金持ち減税の証券優遇税制について)のは日本共産党の2人の議員だけ、他は意見も無く、手をあげて「賛成」という態度でした。

【07年3月】
こんな大府に・・・みなさんの声
◎歩道がなかったり途中でなくなったりする道がこわいわ。
◎早く道路を整備してほしいなあ。
◎幹線が渋滞すると、ここが抜け道になって危ないんです。
◎私はイトーヨーカドーまで自転車で行くよ。刈谷の方が広くて安全で、走りやすいからね。

このほかにも、地域を回り、次のような声を聞かせていただきました。


危険な通学路を安全に
警察が欲しい(治安が悪い)
道路の渋滞解消(生活道路も抜け道となり危険)
騒音・悪臭の解消
下水が早く来て欲しい

図書館の充実(蔵書・駐車場など)
マンモス校(大府小学校・石ヶ瀬小学校)の解消

公共施設周りや、大府中心地の清掃
木の手入れや草刈など
老人施設が欲しい
体育館のトイレにスリッパを置いて欲しい!グランドのトイレの増設
公立の幼稚園が欲しい

皆さんの声にこたえ、出来るところから改善のために動き始めています

保育園を希望する人が入園しやすいように
 次年度の入園申し込みは11月に受け付けています。受付の時点で就労証明がなければ申し込みができません。就職が決まらないと入園の手続きが出来ないのです。一方入園が決まらないと仕事も決められないというジレンマに陥り、子どもを持つお母さんにとって、仕事の選択が難しいのが現状です。入園手続きがしやすいよう、働く人の立場に立って考え、力を尽くします。

循環バスの充実を
 大府市は、車がなければ生活のしにくい町です。買い物や、通院など市民の足となる循環バスですが、「日曜日も利用できると助かるなあ」「もう少し夜も延長してもらえると使いやすいのに」など現状では利用しにくいという声も聞いています。より利用しやすいものにしていきたいものです。

久永日記  3月○日 共働きをしながらの子育て、周りを見る暇もなく自分の家族で精一杯の生活を続けてきていました。立候補を決め、地域の方との対話を重ねる事で、点が線になり自分達とも大きく関わっている事に気づきました。また、身近に様々な問題や悩みを持っている人がたくさんいる事も知りました。解決につなげていく1人として担って行けるよう日々、がんばります
3月□日

三男が立った〜!
夫婦で長男の成長を喜ぶうれしさもありましたが、兄弟も含めて家族で共感できる今は、また違った喜びとなっています。
こんなホッとするひと時を支えに、まためまぐるしい一日が始まるのでした。