【08・4・13】 映画「新・あつい壁」と講演のつどい  ご案内

 映画「新・あつい壁」と講演のつどい
◆2008年5月24日(土)
  午後12時半開場、 13時半開始
◆会場:アイプラザ半田・講堂
      (半田勤労福祉会館)
  半田市東洋町1−8 市立半田病院北
◆映画上映後、平野昭さん(ハンセン病回復者・社会復帰者)が「ハンセン病問題の今と将来について」お話しします。
◆上映協力券
    1200円(前売り1000円)
    高校生・500円
◆主催:映画「新・あつい壁」と講演のつどい実行委員会
 <呼びかけ人代表>
   福岡猛志(日本福祉大学副学長)
 <後援>
   半田市/半田市教育委員会








【08・03・05】日本共産党知多地区委員会が演説会をおこないます
シンポジウム=「安心してかかれる医療」はどこへ?=医療「構造改革」と暮らしについて考える=
「あぐい憲法九条を守る会」主催:『二十四の瞳』上映会のご紹介   【07・9・26】
映画「日本の青空」上映会のご紹介  【07・7・21】
くらしと自然をうつす  絵手紙・写真展
絵手紙・写真展がおこなわれました。 04年2月6日〜15日
阿久比町宮津の田中宅にて

2月6日、初日、ケーブルテレビのCACニュースで紹介されました


(左の写真)インタビューを受ける田中しげさん
(下の写真、展示されている石川桂前阿久比町長の山の写真の作品)
絵手紙・写真展に行ってきました
 築後150年(棟によっては200年以上)の田中邸。太い柱やめずらしい欄干、枯山水の庭などに目をとられながら、その古い家にうまくマッチした絵手紙と写真の飾り付けを楽しみ、田中しげさんや石川桂さん(前阿久比町長)などのあたたかいもてなしを受けました。写真の二人展の作者である石川桂さんと新美盛雄さん(阿久比町宮津在住)とひとしきり山写真談義。(私めの愚作は、このホームページでの『休憩コーナー』でご覧ください。ちなみに私のは、あくまで登山の記録的にしか撮っておりませんので、展示するほどのものではありません。)
【下の写真、上段左から】◎入口に、手作りの看板が。◎田中しげさんと各地のお仲間がつくった作品。◎石川桂さんが、奥様(絵手紙歴5年)の描いている横で、同じ柿を見てその気になって描いた作品。◎新美盛雄さんの写真の作品を展示する部屋。◎絵手紙の作品。【下の段、左から】◎石川桂さんの写真を展示する部屋。◎玄関
<写真の上でクリックすると、写真が大きくなります>